BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。150以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

ミルクで育てることは悪くない。と自分に言い聞かせていませんか?

もしあなたが、自分が本当に望むことを諦めようとしているのなら、少しお手を休めてこのページを読んでみてください。きっと後悔しないはずです…。

検診で「もう母乳だけで大丈夫ですよ」と言われ、不安が一気に解消された…。そうなるための一つの提案をさせていただきます。

ある街の産院で二人の仲の良いお母さんが、同じ日に元気な男の子を出産しました。

二人のお母さんはとても良く似ていて、年齢も体型も体重も胸の大きさも同じです。共に初産で分娩室に入ってから二時間ほどで産声を聞きました。生まれた男の子の体重も偶然にも2950グラムと全てが同じでした。

その産院は母子別室。1日に5回、授乳室に呼ばれてオムツ替えと授乳をします。

二人は、出産二日目に初めての授乳を行いました。しかし、にじむ程度の母乳しか出ず、二人のお母さんは初乳を与えることができませんでした。

「赤ちゃんはお腹が空いて大きい声で泣いているのに、満たしてあげられない…。」

二人は、自分の不甲斐ないおっぱいが辛くて、赤ちゃんと一緒に声を出して泣いてしまうのでした。

それからの授乳室は二人にとって、つらい場所になりました。

他のお母さんの赤ちゃんたちは、満足そうにおっぱいに吸い付いています。でも二人の赤ちゃんだけは、うまく吸えず、泣き続けているのです。まるで役に立たないおっぱいを嫌がっているかのよう。

おっぱいを30分吸わせた後にミルクを与えると、待っていましたとばかりにゴクゴクと飲み始めます。そんな姿を、二人のお母さんは涙を流しながら見つめるしかありませんでした。

出産から一週間後、あいかわらず、おっぱいの量は増えていません。

「ごめんね…」と心を痛めながら、出ないおっぱいを吸ってもらい、その後にミルクを与える毎日でした。

二人のお母さんは、これからの事で不安に押しつぶされそうになりながら退院し、それぞれの家へ帰りました。

全てが同じだった二人のお母さんは、1ヶ月検診で再び出会います。しかしこの時、二人に大きな違いが現れていました。

一人は変わらずミルク育児でしたが、もう一人のお母さんは完全母乳で育児をしていたのです。

夜中に一人、枕を濡らしていたお母さんが、どうして母としての自信を手に入れられたのでしょうか?

二人は退院後、おっぱいマッサージは体が温まっているときが効果的だと知り、お風呂上がりに必ず行いました。授乳直前には電子レンジで温めたタオルを乳房にあて、入念に乳首のマッサージも行いました。

退院後の行動も全てが同じだった二人のお母さん。一体何が違っていたのでしょうか?

それは、一人のお母さんは【母親が本来持っている母乳力を引き出す】ために、体の外側からのマッサージだけはでなく、造血や血の巡りの改善といった、体の内側へのケアの大切さに気付いたからです。だって母乳は血液から作られるものですから。

それには、食事による栄養バランスや睡眠。ストレスのない生活環境が大切です。でも一日中ぐずりっぱなしで、ようやく寝付いたスキに家事や食事を片付けるお母さんには、とても困難な話ですよね。

おにぎりを沢山作り置きしておく。甘酒を飲む。などの工夫では高エネルギーの摂取に偏りがち。血液をサラサラにする工夫をしないと、母乳が詰まる原因につながります。母乳量を増やす薬や、栄養バランスを整えるサプリもありますが、授乳中には避けたいものです。

では何もできずに、授乳が地獄のような苦しみの時間のままでよいのでしょうか?それに耐え続けるのが母親の役割なのでしょうか?

いいえ違います。

あなたと同じつらい日々を乗り越えて、赤ちゃんとの幸せな時間を手に入れたお母さんの声を聞いて下さい。

マッサージも頑張っていましたが、効果は出ず…。
子供が産まれたら、母乳は出るものだと思っていました。マッサージも頑張っていましたが、効果は出ず…。それが、1~2週間ぐらいで冷え性だった私がポカポカに体があたたまるのを感じるようになった頃、母乳が出始めました。たくさん出て、たくさん飲んでくれたときは感動して泣いちゃいました。
夫は気にするなと言うけれど母がストレスの元に。
本当に母乳が少ししか出なくて凄く困っていました。夫は「気にするな」と優しかったのですが、母が口うるさくて、ストレスになっていました。それが、少しでも気持が上がるものをを…と選んだら【大正解!】。味も美味しいし、見た目も可愛くリラックスできました。その御蔭化母乳はどんどん出るようになりました。今でも続けています。やめると出なくなりそうで怖い(笑)

古代から存在する新しい考え。体の内側からのケアの専門職とは

医薬品を使わない体の内側からのアプローチ。それは、栄養学、基礎医学、ハーブ医学、臨床栄養学、植物療法、統合医療、代替医療…このような学問に深い見識をもつメディカルハーバリストという専門職の得意とする分野です。海外では患者の症状や体質に合わせたハーブを調合し、病気回復の手助けを行っています。

例えば、世界最古の作物といわれるフェンネルには、母乳の出を良くする、植物性エストロゲンのアネトールが含まれています。さらに、香りには気持をリフレッシュさせ、怒りの感情を落ち着かせる効果。利尿・発汗を促して老廃物を排出する作用もあり、母乳育児を望む母親たちに長く愛されてきました。

ルイボスは授乳中の母親に必要な栄養素がこれでもかと含まれています。特に素晴らしいのが鉄分の補給力。100gあたり10gという多さだけではなく、鉄分吸収を妨げるカフェインやタンニンがほとんど含まれていないため、超効率的に鉄分を補えます。

ルイボスティーを飲んでいたお母さんたちの感想

  • ミネラルのおかげか美肌になり、母乳で困ることもなかった。
  • 紅茶に近い気分で飲めるので気分転換になった。
  • 刺激が少なく、胃が重くなることが少なくなったです。
  • 体が温まり、肌の調子が良くなりました。

爽やかな香りのレモングラスは、抗菌・抗ウイルス作用が強く、母親の風邪予防や赤ちゃん自体の健康にも良いといわれています。

欧米で「安産のハーブティー」と言われるラズベリーリーフは、フラガリンという成分の力で、出産時は陣痛の苦痛を和らげ、子宮収縮の効率を高める作用があります。産後は母乳分泌を促し、産褥期の回復を高める効果も期待できます。

ラズベリーリーフを飲んだお母さんたちの感想

  • 高齢出産だったが、母乳の出が非常によく、乳腺炎にもならなかった。完母だった。
  • たんぽぽ茶よりも母乳の出る量が多くなった。赤ちゃんが飲んでいる時射乳している感覚が出た。
  • 二人目だが子宮収縮による痛みが軽減した。一人目に比べて母乳が出るようになりました。

念願の完母育児がかなったお母さんは、夫にすすめられて、メディカルハーバリストが、特別に調合したハーブティーを、水分補給も兼ねて1日3杯飲んでいたのでした。

それはポカポカと温まった体の中を、サラサラな血液が体の中をすみずみまで駆け巡るように工夫されているものでした。

ミルクが要らなくなった他にも、代謝が良くなり、むくみも取れ、汗もサラサラです。でも、もう一人のお母さんは何も知らず、いたずらに水分を摂りすぎていたため、ひどい便秘とむくみにも悩まされるようになっていました…。

これが二人のお母さんのたった一つの違いです。

想像してみて下さい。質の良いおっぱいをたくさん作るためのハーブティーを飲み続け、体の内側からのアプローチにも気を配るお母さんと、外部からのアプローチだけのお母さん。

どちらのお母さんが先に望みをかなえられると思いますか?

もし赤ちゃんが、お母さんのおっぱいだけでお腹いっぱいになり、腕の中で気持ちよさそうな寝顔を見せてくれたら、どれだけ幸せな気持ちになれるでしょうか?

赤ちゃんがお腹いっぱいになれたか自信が持てず「ミルクを足したほうがいいのかな…」なんて悩む必要もなくなりますよね?

いつも満足させられれば、「出ていないんじゃない?」などという、デリカシーのない言葉に、いちいち傷つくことも無くなるとは思いませんか?

だって、あなたはもう自信に満ちた立派な母なのですから。


しかし、ハーブティーはその歴史に比べると、種類が販売されていません。そのため、少ないハーブの種類で調合されているものや、味が良くないものを我慢して飲むのが主流となっています。

自分でハーブを調合するのも手ですが、ハーブの薬効成分を最大限に引き出す組み合わせと、毎日飲み続けられる味を実現するためには、長くて深い経験が必要です。

ハーブティーは、座ってご飯を食べる余裕すらない母さんのために、ホッと一息つける時間を提供する役割も担っています。

なのに飲むたびに、味や匂いで頭痛がでてはストレスがたまる一方です。母乳にも良くないとは思いませんか?そこで…。

あなたに、今までになく美味しい質の高いハーブティーの力を提供

それが、「ほほえみママミルクブレンド」が生まれた理由です。

「ほほえみママミルクブレンド」は、まさに母乳育児を辛く苦しいものではなく、母だけに許された喜びを感じてもらうために作られたもの。美味しさ、香り、美しさ、そして安全にこだわったハーブティーなのです。

「こんなに美味しくていいの!?」贅沢な紅茶のような味わい。
パッケージを開けると漂う、レモングラスのスーッと胸がすくような清涼感のある心地よい香り。ひとくち含むと、「ダージリン!?」と感じるかも。渋みもエグみもないクセのない味と、おっぱい改善の良いどこ取りには、経験豊かなメディカルハーバリストと助産師による緻密なブレンドが欠かせません。

あなたの汗はベトベトしていませんか?体内に溜まる重金属や鉛などの毒素
水分を沢山とることで辛く感じるのがむくみ。むくみは老廃物を体に溜め込んでいる証拠。重金属や鉛などが、母乳を通して赤ちゃんの体内に入りこんでは困りますよね?毒素を排出するカギは汗と尿。ほほえみママミルクブレンドを飲むお母さんは、サラサラな汗と大量に出るおしっこのおかげで、むくみ知らずなのを実感しています。
九州地方の産婦人科でも取扱い。だから安心して母乳育児に専念できます。
「これめちゃくちゃ美味しい!」「涙の日々を救ってくれました」「汗も母乳もサラサラ」
ほほえみママミルクブレンド誕生からまだ数ヶ月ですが、すでにたくさんの喜びの声が届けられています。その成果が認められて、20件以上の産婦人科で取り扱われることになりました。赤ちゃんにもお母さんにも安心安全な証拠です。

なぜサプリではなくハーブティーなの?一石三鳥の秘密。
お母さんが持つ本来の授乳能力(もちろん、あなたにも備わっています)を引きだすように調合されたハーブの薬効成分は、熱を加えることで抽出されます。だから熱いお湯を注ぐハーブティーが理想的。体もポカポカと温まるから一石二鳥です。さらに鉄分・ミネラルが豊富なので体内にタップリと水分を取り入れられます。サラサラとした健康的な血液から作られる、美味しくて栄養タップリなおっぱいは、赤ちゃんを大喜びさせるに違いありません。

世界農業遺産・阿蘇のオーガニックハーブ農園で厳選された9つのハーブ

お母さんをとおして赤ちゃんが口にするものだから…安全なハーブから、より濃厚な薬効成分が抽出できるよう、原料の産地と加工法にこだわりました。

美味しいおっぱいを赤ちゃんにお腹いっぱい飲んでもらう以外にも、

  • もし手伝ってくれる家族にまで当たってしまい自己嫌悪に陥って泣いてしまうのなら、
  • もし夜中の頻繁な授乳と寝不足で食欲が低下してこの先が心配なら、
  • もし妊娠中から始まったカチカチの便秘に悩まされているのなら、
  • もし出産前に使っていた化粧品が肌に合わなくなったと感じているのなら、
  • もし横になる度に床に沈み込むような感覚に襲われるのをなんとかしたいのなら…。

「ほほえみママミルクブレンド」はあなたのためのものです。

だけど

「これから色々とお金がかかるし、やっぱり自分の努力で…」

そう考えているのなら、ちょっと待ってください。あなたはお金を損する勘違いをしています。

どちらがお得!?完ミ育児はこれだけ費用がかかる、驚くべき事実。

この表を見てください。【明治ほほえみ】を生後6ヶ月まで利用したら、毎月いくらかかるかを計算したものです。合計金額は46,825円

ほほえみママミルクブレンドをお得に生後6ヶ月まで利用した時の合計金額は、19,380円

生後5ヶ月いっぱいで、なんと27,445円もお得に!

どちらが家計に有利かハッキリしましたよね?

余裕ができたら、赤ちゃんに新作のベビー服を着せて、もっと可愛らしくしてあげられたら素敵ですよね。良い空気は、変化に向かって行動してこそ得られます。あなたの決断をきっかけにすべてが順調に流れはじめるはず!

さらに!絶対に損しない、賢い母さんのための返金保証

ほほえみママミルクブレンドを試したお客様の声によると、授乳後にミルクを足さなくても赤ちゃんが満足するようになるまでの期間は、

  • 最短で1週間~2週間。
  • 期間が長いお母さんでは1ヶ月

という結果が現れています。そこで…

これなら、ほほえみママミルクブレンドの実力をしっかりと確かめて判断できるから安心ですね!

ここをタップして詳細を確認

初乳を飲ませられず涙を流した、二人のお母さんのたったひとつの違い。それはハーブの知識に精通したメディカルハーバリストの力を取り入れたかどうかでした。

ここまで読んだあなたなら、どちらのお母さんになるか、決まっているはずです。もう近い将来の自分の姿が見ているのではないでしょうか?

  • 「なんで私は母乳が沢山でないんだろう」と涙をながすことはもうありません。
  • 「不甲斐ないお母さんでごめんね」と赤ちゃんに申し訳なく思う日も、もうすぐ終わりです。

自分を責めるのはもうやめましょう。お母さんの笑顔が、家族みんなを元気にします!

これからは、お風呂に入ると自然に母乳がピューピュー溢れ出して困ったり、授乳前になるとおっぱいがパンパンに張ってちょっと辛くなる…。そんな悩み事が増えるかもしれません。それは今よりもずっと親子の絆を感じられる幸せな悩みです。

ほほえみママミルクブレンドは、毎月100名様限定で60%引きの1,980円にて、ママサポート定期便を申し込めます。単品購入の場合は4,980円です。

詳しくはこちらの公式ページをご確認ください。
↓ ↓ ↓
ここをタップして詳細を確認

お母さんたちの喜びの声

ママ
涙の日々を救ってくれました。
産後の体調不良で、お薬を飲むことに…。楽しみにしていた母乳育児は体調が回復するまで見送ることに…。

それから体調は良くなったのですが、ずっと母乳をあげていなかったので母乳が作られないようになったのか、全然出ない…。

そんな時にほほえみママミルクブレンドを知り、南阿蘇産というとこに惹かれ、飲んでみることに。

すると一気に母乳が作られたのか、夜中にジンジンというかジュンジュンというか、おっぱいが作られている感覚を感じて、授乳をしてみると本当にたくさんの母乳が出ました!

娘の満足気でした。とっても不思議で嬉しい出来事でした

ママ
前よりサラサラな母乳になった気がする。
あとすっごくわたしの寝付きが良くなった

汗も今までベトベトじっとりしてたのが、サラサラな汗になってオシッコもめちゃくちゃ出るので浮腫が減った。汗やオシッコの量が増えたから意識して水分補給もマメにするようになったので、そこが一番の収穫かな。

最近母乳はコンスタントに出てはいるけど、おっぱい張るのがかなり減って量も減ってる気がするのでずーっと気になってた。でもこのハーブティー飲み始めたらおっぱい張る張る。なのでその分量も増えてる感じがする。

お風呂入って付けた母乳パッドの、添い乳してない方のが翌朝パンパンになって破れてた。

ママ
とにかく美味しい!
ほほえみママミルクブレンドを飲む前はカレー味で有名なハーブティーを飲んでました。頭痛がするので途中で断念。それでも母乳は出ない日々だった時に、ほほえみママミルクブレンドを知りました。

すごく美味しくて、少し母乳も増えてきた気がします!もう少し続けてみます!

ママ
搾乳してびっくり!
全然でなかったのに、ほほえみママミルクブレンドを飲んでから1ヵ月で、搾乳量に歴然の違いが!!
ママ
2週間程飲み続けたんだけど、母乳の量は飲まないより全然良い感じです
飲み始めた初日から身体が温まって明らかに母乳の出が良くなりました。
ママ
他のものを産後飲んでましたが、これ、めちゃくちゃ飲みやすい!
クセが全然無くて美味しいです母乳育児の方にとってもオススメです。
ママ
このハーブティーはクセがなく飲みやすいです。
ハーブティーは物によってはとてもすっぱっかったりして、飲み下すのが大変に感じるものがあるけど、ママミルクブレンドは発色の割に酸味が少なくて、渋みも感じない。飲んで刺激を感じないのがとてもいいですね。

ルイボスティーは渋みがきつくて飲みづらいものだと記憶していたけど、「やさしさいっぱいのハーブティー」という宣伝文句は伊達じゃないと思いました。
ここをタップして詳細を確認

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top