BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。100以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

授乳中の乳がん検診について知っておこう|受けても大丈夫?

713

張りや痛み、しこりなど、何かと乳房のトラブルに悩まされる授乳中。

しかし、授乳中だからこそ「母乳が詰まっているから」と軽く考えて、しこりや痛みをそのまま放置してしまうママも多いのではないでしょうか。

また、乳がん検診の必要性はわかっていながらも、授乳中に受けることに不安を感じたり、母乳への影響を心配したりして、検診を受けるまで至らないこともあるかもしれません。

決して数は多くないものの、授乳中に乳がんが発見されるケースはあります。ここでは、授乳中でもぜひ受けておきたい乳がん検診についてと、もしも授乳中に乳がんの可能性が見つかったらどうなるのかについて、お伝えします。

Sponsored Links
-

授乳中のしこり、まさか乳がん?!

授乳をしていると、ふと気がつく乳房のしこり。母乳育児中は、乳房のしこりやつまりに悩まされることも多いものですよね。

しかし、授乳中にできるしこりの多くは、母乳がたまってできた「乳瘤」というものであり、乳がんのしこりとは違うものだと言われています。まずは、自分の胸にしこりを見つけても、それが即乳がんにつながる可能性は低いため、必要以上に心配しすぎないようにしましょう。

しかし、乳瘤や乳腺のつまりによるものなのか、そうでないのかを判断するのは、素人には難しいことです。

「授乳中だから仕方ない」と放置せず、乳房のケアをきちんと行い、赤ちゃんに母乳を飲ませてもしこりが小さくならない、いつまでも残っている、乳房が不自然に引きつれたり凹んだのしている、という場合は早めに乳腺外科を受診することをオススメします。

授乳中に乳がん検診を受けてもいいの?

実は、授乳中は乳腺が発達した状態になっているため、乳がんの検査をしても正しい結果が得られにくいと言われています。

特にマンモグラフィーでは、腫瘍があったとしてもハッキリと判断することが難しい上に、授乳中の乳房を挟み込んで検査を行うために痛みを伴い、母乳があふれ出てしまうことも。

そのため、授乳中はマンモグラフィーを行わない方針の病院・医師も存在しますし、自治体や検査機関によっては、授乳中の女性に対しては、授乳を終えてから検査をするようすすめているところもあります。

しかし、授乳中は乳がんの検査や検診が全く受けられないわけではありません。授乳中には超音波によって乳房の内部を確認し、必要に応じて詳しい検査を実施することもできます。

授乳中に乳がんの検査を受けたい場合は、まず病院、検査機関、自治体などに検査可能かどうかを問い合わせてみるとよいでしょう。

Sponsored Links

病院によっては授乳中でもマンモグラフィーを受けられるところもありますので、近くにそうした病院があれば受診してみてくださいね。

もしも乳がん検診で異常が見つかったら

乳がん検診で異常が見られた場合、治療はどのように進むのか、母乳は止めなければならないのかなど、さまざまな不安が浮かんできてしまいますね。

まず、乳がんであったとしても、母乳を飲んだ赤ちゃんに影響が出るようなことはないため、今までの授乳を心配する必要はありません。乳がんの治療をスタートする前であれば、授乳していても何ら問題はないとされています。

しかし、乳がんであることがわかり、詳しい検査や投薬などの治療がスタートすると、残念ながら断乳せざるを得ないことが多いようです。また、手術が必要になれば、やはり母乳を止める必要が出てきます。

乳がんの治療法は、原則として手術が中心であり、抗がん剤や放射線による治療、ホルモン療法はその補助として行われます。

手術にせよ、他の補助的な治療法にせよ、授乳しながら行うということはまず不可能であるため、授乳中に乳がんと診断された場合は、残念ながら母乳育児を諦めなければならない可能性が高いと言えるでしょう。

それでも、早期発見・早期治療ができれば、乳がんの治療後に再び妊娠・出産すること、治療した側と反対側の乳房に乳腺があれば母乳育児をすることも可能と言われています。

いずれにしても、もしも乳がんの疑いがあると言われたら、現在の状態や今後の治療方針などを主治医とよく話し合い、納得した上で治療へと進んでいくことが大切でしょう。

授乳は乳がんのリスクを低下させると言われています

授乳中の乳がんは、予後があまり良くないという説もあります。

乳がんは発見が早く、適切に治療を受ければ完治する可能性は高いのですが、授乳中はしこりがあっても「母乳が詰まっているから」と自己判断で無視してしまうことも多く、発見が遅れがちになり、予後に影響するのかもしれません。

授乳中、ふと胸を触るとしこりに触れることは珍しくありませんし、そのほとんどは、母乳が詰まってできたしこりであると考えられます。

しかし、低い確率ながらも、授乳中に乳がんを発症することはありますので、授乳中もしこりの有無を頻繁にチェックすること、しこりがある場合は、その状態や変化をよく確認し、不安な時は早めに検査を受けることをオススメします。

研究では、授乳経験があり、授乳していた期間が長い女性ほど、乳がんにかかるリスクが低くなることが明らかになっています。

乳がんの早期発見のため、そして乳がんのリスクを低減させる授乳を少しでも長く、楽しく続けていくために、日々のセルフチェックを心がけてくださいね。

Return Top