BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。150以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

妊娠中のカフェインの影響|コーヒーは1日何杯まで?

妊娠中のカフェインの影響

妊娠すると気になってくるのが、食べ物や飲み物に含まれるさまざまな成分。

妊婦さんが口にするのはNGと言われるものもありますから、赤ちゃんのために、そして自分自身のためにも十分に気をつけたいものです。その中でも、多くのプレママが悩んでしまうのが、カフェインについてではないでしょうか。

妊娠中はカフェインの摂取を控えるべきであると言われていますが、「控えるってどの程度?」「1日にどれくらいなら大丈夫なの?」という疑問も湧いてくるでしょう。コーヒー好き、紅茶好きで、リラックスタイムには欠かせない! というプレママにとっては、切実な問題でもありますよね。

そこで今回は、妊娠中になぜカフェインを避けるべきなのかという理由と、摂取しても差し支えないと考えられる量についてお伝えします。

Sponsored Links

妊娠中のカフェイン摂取はなぜよくないの?

妊娠中はカフェインNG!という説は、多くのプレママが耳にしていることと思いますが、それはなぜなのでしょうか?

カフェインが妊婦、そして胎児に及ぼす影響についてはさまざまな研究が続けられています。

その中には、

  • カフェインの摂取量が増加すればするほど、流産率が高くなる
  • カフェインの摂取量が増加すればするほど、低体重児を出産するリスクが高まる

などと結論づけているものもあります。

因果関係はハッキリしていませんが、カフェインを多量に摂取すると胎盤への血流が減少するとも言われていますので、それが赤ちゃんの発育に何らかの影響を与える可能性も、否定はできないのかもしれません。

また、プレママがコーヒーや紅茶から摂取したカフェインは、胎盤を通して赤ちゃんに移行することが知られています。

お腹の中の赤ちゃんは、大人と違って代謝能力が低く、カフェインが体内に入ってもなかなか排出することができません。そうなると、長い時間カフェインが体の中にとどまってしまいます。

カフェインには、神経を興奮させて眠気を覚ましたり、心臓をドキドキさせたりする作用がありますから、こうした物質が赤ちゃんの体に残ってしまうと、好ましくないことが予想されますね。

そして、カフェインは、妊娠中特に大切になる鉄分やカルシウムの吸収を妨げることも知られています。

以上のことから、妊娠中のカフェイン摂取は、なるべく控えることが望ましいと言われているのです。

1日に何杯ならコーヒーを飲んでいいの?

しかし、絶対にカフェインを摂取してはいけないというわけではありません。

赤ちゃんやプレママ自身にカフェインの影響が及ぶのは、あくまでも多量に摂取した場合であり、1日に100mg程度のカフェインの摂取であれば、特に問題はないとされています。

妊婦がカフェインを1日にどれくらい摂取してもよいかという目安については、さまざまな説がありますが、WHO(世界保健機構)では1日に300mgまで、イギリス食品安全庁では1日に200mgまでを推奨しています。

そのため、コーヒーを1日に1~2杯程度飲むくらいであれば、それほど神経質になる必要はありません。

プレママにとってはストレスをためないことも大切ですから、必要以上に我慢しすぎず、リラックスタイムに1杯など、時間と量を決めてコーヒーや紅茶を楽しむようにしましょうね。

カフェインを含む飲み物とその含有量

参考までに、カフェインが含まれる代表的な飲み物と、100mlあたりのカフェイン含有量をあげてみます。

  • レギュラーコーヒー 60mg
  • 玉露 160mg
  • 煎茶 20mg
  • 紅茶 30mg
  • 烏龍茶 20mg
  • コーラ飲料 10~13mg

これは100mlあたりの量ですので、たとえばマグカップでレギュラーコーヒーを飲む場合、おおよそのカフェインの摂取量は100~150mgとなります。自分がいつもコーヒーや紅茶を飲むカップの容量で、どれくらいのカフェインの量になるかを計算してみましょう。

また、カフェインはこうした飲み物のほか、ココアやチョコレートなどにも含まれています。コーヒーを避けたからといって、他のお茶や食べ物から過剰に摂取しないように注意することも大切です。

デカフェという選択もあります

コーヒーや紅茶が好きな人は、1日にマグカップで何杯も飲むことがもうすでに習慣になっているかもしれません。

1日に1~2杯ならOKとは言っても、それ以上飲みたくなってしまったらどうしたらいいの? と悩んでしまいますよね。

そんなプレママにオススメなのが、デカフェです。

デカフェとは、カフェインを抜いたコーヒーや紅茶などのこと。カフェインレス、ノンカフェインとも呼ばれているので、誰もが一度は目にしたことがあるでしょう。

最近では、さまざまなデカフェが登場しています。レギュラーコーヒーはもちろんのこと、インスタントコーヒー、ドリップコーヒー、紅茶のティーパックなど、種類も豊富になりました。

また、デカフェでプレママに人気が高いものとして、たんぽぽコーヒーがあげられます。

たんぽぽの根から抽出されたたんぽぽコーヒーは、むくみの解消や血行促進にも役立つとされ、また産後に飲むことで母乳の出がよくなるとも言われています。

こうしたものの中から、自分の好みに合うものを探すのも楽しいですね。いろいろなデカフェを少しずつ試して、飲み比べてみてはいかがでしょうか?

赤ちゃんと自分自身のため、妊娠中のカフェイン摂取量には十分注意することが必要ですが、適量を守ってコーヒーや紅茶を楽しむことには、何の問題もありません。

美味しいデカフェも取り入れながら、コーヒーや紅茶を飲むひとときを楽しんでくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top