BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。150以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

産後夫を嫌いにならないためプレママが心がけておきたい5つのこと

646

妊娠や出産を機に夫婦関係が悪い方へ変化していくことは、珍しいことではありません。

産後クライシスは、その典型的なもの。

女性が出産で経験するライフスタイルの変化や、ホルモンバランスの急激な変動は、夫婦関係に非常に大きな影響を与えてしまうのです。

実際に、産後パートナーへの愛情が持てなくなったと感じる女性は多いもの。それだけに、出産前のプレママは、

  • 自分も夫を嫌いになるのだろうか?
  • もしも夫婦仲が悪くなったらどうしよう

という不安を抱えてしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、出産後、パートナーである夫に愛情を持ち続けるために、女性が知っておきたいこと、心がけたいことなどを5つにまとめてみました。

Sponsored Links

産後の夫婦関係を悪化させないために気をつける5つのこと

1.女性の心や体に起こる変化を知ってもらう

産後クライシスの原因のひとつに、出産による女性の心や体の大きな変化があげられます。これは、程度の差はあれ、女性なら誰でも経験することですし、自分ではどうすることもできないものです。

しかし、妊娠や出産に関して知識のない男性は、こうした変化を軽く捉えがち。出産したら、すぐに元の状態に戻れると考える人も少なくありません。

まずは、出産を境に妻の心や体がどう変化するのか、そして、それによってどんな影響が出ると考えられるのか、出産前にパートナーに少しでも理解してもらうようにしましょう。

2.家事や育児への協力を期待しすぎない

出産前に、赤ちゃんが生まれてからのことをシミュレーションし、夫婦でどのように家事と育児を分担するのかを話し合っているご家庭もあることでしょう。

しかし、出産前の希望や話し合い通りに家事や育児をしてもらえるかというと、そうではありません。

パートナーの仕事が忙しかったり、帰りが遅くなったりすると、期待しているほど協力が得られないこともあります。外でフルパワーで働いている男性に、帰宅してからこちらの期待通りに家事や育児を手伝ってほしいと望むのは、少々酷なことかもしれませんね。

家事も育児も、全く何もしないのは論外ですが、ひとまず期待しすぎることをやめ、最低限の事だけしてくれればOKとしておきましょう。

3.実家やファミサポなど、パートナー以外に使えるものは何でも使う

パートナーへの過剰な期待は禁物と書きましたが、それはママが1人で何もかも抱え込まなくてはいけないということではありません。パートナー以外に使えるものは何でも利用して、少しでも育児を楽にしましょう。

実家に頼れる人は、しばらく実家に帰ったり、両親に来てもらったりと、協力を仰ぐこともオススメです。そうでない人は、ファミサポや一時保育、家事代行サービスなどを使って、疲れとストレスをためないように心がけましょう。

また、食洗機、お掃除ロボットなど、家事の負担を減らす家電の購入を検討するのもひとつの方法。多少お金はかかっても一時期のことですから、割り切ることも必要です。

4.家事・育児の合格点を下げる

新生児期の赤ちゃんは、泣きっぱなしで全く寝なかったり、常に抱っこしていないとグズったりと、想像以上に手がかかることがあります。

ママも出産で体力を消耗し、ホルモンバランスが変動しているため、精神的にも不安定。そんな状態では、それまでこなしていた家事ができなくなるのは当然のことです。

しかし、今まで通りに家事をしようとしたり、完璧に育児をこなそうとしたりして必死になればなるほど、思うように協力してくれないパートナーに対して、不満が募りやすくなります。

そこで、産後しばらくは割りきって、家事や育児の合格点を下げることをオススメします。できなかったことではなく、できたことに目を向けて、理想の60%くらいをこなしたら上出来と、自分に甘く考えましょう。

この合格点を下げるのは、自分だけでなく、パートナーに対しても同じです。アレができていない、コレがダメと、悪いところばかり指摘するのではなく、少しでも協力、手伝いをしてくれたらそれに感謝し、「これだけやってくれた、パパも頑張ってくれている」と気持ちを切り替えましょう。

5.夫婦のコミュニケーションをしっかり取る

女性は「赤ちゃんが生まれて大変なのはわかりきっている」「言わなくても見ればわかるだろう」と思いがちですが、男性は何がどう大変なのか、自分が何をすればいいのかわからないことが多いもの。

今、大変なことは何なのか、パートナーにどうして欲しいのか、その都度きちんと言葉にして伝えることは、とても大切です。決して、イライラや手伝ってほしい気持ちを態度で表す「察してちゃんママ」にならないように気をつけましょう。

また、夫とコミュニケーションを取ろうとする努力も忘れてはいけません。

赤ちゃんのお世話で精一杯で、ゆっくり話をする時間が取れなくても、仕事から帰ってきたパパに「おつかれさま」と一言かけるだけで、夫婦関係は違ってきます。お互いを「パパ・ママ」ではなく、出産前と同じように名前で呼び合うのも、意外と効果的なので、意識して呼びかけてみてはどうでしょうか。

産後クライシスや、産後の夫婦関係の悪化は、どんな夫婦にも起こりうること。

熟年離婚にも発展しかねない深刻な問題ではありますが、それでも、産後起こりうる変化を予測し、上記のようなことを心に留めながら過ごすことで、十分に予防できると考えられます。

大切なパートナーへの愛情を持ち続けるために、ぜひご参考にしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top