BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。100以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

立ち合い出産に向けて夫の心得|妻の心に寄り添うためのポイント

613

ママが臨月くらいになると次に話題になるのは「立ち合い出産」についてではないでしょうか?

立ち合い出産をめぐっては、とても推奨している病院もあれば、むやみやたらに勧めない病院もあったりと、様々です。又、ママ側とパパ側での意見がなかなか一致しなかったりと、難しい問題でもあります。

この記事を読んでくれているパパは「立ち合い出産」についてはどうでしょうか?

「する派?」「しない派?」どちらでしょうか。

「しない派」の意見では・・

  • 出産って血がたくさん出るんでしょ?絶対無理・・
  • 出産の時ってママは豹変するとか聞くし・・あまり見たくないかも
  • 見てしまったらママを女性として見れなくなりそう
  • 何をしたらいいのか分からないし、オロオロしそう

「する派」の意見では・・

  • 一生で一回の誕生の瞬間を見届けたい
  • ママも頑張るんだし、しっかりサポートして応援してあげたい
  • 感動の瞬間を写真や映像でしっかり残してあげたい

パパの気持ちは色々と複雑のようですね。ではママの気持ちはどうなんでしょうか?ここではママのホンネと「立ち合い出産」についての現実にも迫ってみたいと思います。

Sponsored Links
-

立ち会い出産へのママの気持ち

まず、いくらパパが立ち合い出産を希望していても、ママが反対していたり、逆にママは立ち合い出産を希望なのにパパは乗り気じゃない・・等色々なパターンが予想されるかと思います。

例えばママが立ち合いに積極的ではない場合の理由としては、

  • 「豹変する自分の姿を見られたくない。」
  • 「一緒にパパがいても、オロオロして何もしてくれなさそう・・」

そんな理由が多いようです。

やはり出産は女性にとっては命がけ・・

いつもはおしとやかで大人しいイメージのママでも、出産時はそんな事は言ってられません!豹変するママの姿を見てパパは驚き、ショックを受けて、それからママの事を女性として見れなくなった・・なんて話は残念ですが、よくある話なんです。

そう思うとママがパパに出産を見られたくない!と思う気持ちも仕方ないのかもしれませんね。

あとは、パパがあまりにも立ち合い出産を「美化」しすぎている場合。こちらも要注意!です。

「初めての立ち合い出産・・ 記念に残る感動の出産をママと赤ちゃんと共に迎えたい・・」

こう思うパパの考えは素敵ですが、現実の現場はそんなに美しものではありません。

その辺りをキチンと理解していないと、こちらもやはり「思っていたのと違った」という結果になりますし、ママからしてみてれば「何だかパパは考えがフワフワしているけど、大丈夫かしら?」と不安になってしまいます。

この「立ち合い出産」を巡っては、その時の対応によっては後々何年経っても「パパはあの時・・」なんてママに恨みつらみを言われるなんて事もあります。

Sponsored Links

それだけ、ママにとって「出産」という現場は命がけな大変なイベントであり、その時の対応をパパもしっかり考えておかないといけないということなんですね。

パパママ教室に参加するなどして2人でシミュレーションを!!

では一体パパはどうしたらいいでしょうか? 「ちゃんとした対応」をとは言っても、初めての体験ですからパパも何をどう心構えしたらいいのかわからないですよね?

  • いきなりポーンと分娩室に入れられて結局オロオロして何もできずに出産が終わってしまう・・
  • 大量の血を見て卒倒してしまった・・

なんて事になって、ママに溜息をつかれないようにしたいものですね。

一番いいのは2人で出産する病院の「パパママ教室」を積極的に受ける事をおススメします。病院によっては、「母親教室」など名前が違ったりもするので、何となくパパは参加しにくい・・となりがちですが、特に立ち合いを希望しているパパには是非参加をしてもらいたいです。

赤ちゃんが産まれてくる仕組みから、陣痛が来た時の対応、それから出産時の流れ等々・・なかなか自分では理解できない所を助産師さんや看護師さんが分かりやすく説明してくれるので、パパママ共に出産に向けての心の準備もできますし、不安等も解消できると思います。

病院の中には実際分娩する分娩室の見学があったりもしますので、よりシュミレーションがしやすいかもしれないですね。

もしも出産する病院でそういった教室が開催されていないという場合やパパの参加は禁止されている場合は、ママの健診に付き合った時にでも助産師さんに話を聞いてみるなんて事も可能だと思います。少しでも不安がある場合は積極的に話を聞いてみるのがいいと思います。

又、病院によっては付き添い時の撮影等を断っている病院もあったりと、その病院によって方針が異なります。そちらも事前に確認しておくことをおススメします。

ただ、こうして前もって色々と心の準備をしてママと打ち合わせをしても、実際にその通りには進まないのが出産というものです。

  • 「あんなに心の準備もしたのに、いざとなるとオロオロして何もできなかった・・」
  • 「思っていたよりもスムーズに出産が終わって・・思っていたより平常心でママをサポートできた!」

きっと色々なドラマが繰り広げられる事だと思います。

でも大切なのは、ママの妊娠中に

  • 「ママと一緒に立ち合い出産の時の事についてしっかり話し合いをして、出産に臨めたか。」
  • 「ぶっつけ本番で何もママとは打ち合わせができなかった。」

によって、「結局オロオロして終わった。」でもママのパパに対する印象は違うということなんですね。要はママの為にどれだけ真剣にサポートしようという気持ちを持てていたか。だと思います。

初めての立ち合い出産・・恐らく不安や恐怖の方がパパは今はまだ多いかもしれません。でも、やはり赤ちゃんの誕生の瞬間に立ち合えるというのはとても素晴らしい事です。とっても赤ちゃん誕生の瞬間は感動的なものです。

あまり「怖い・不安」等マイナスのイメージばかり持つのも良くはありませんので、是非前向きに考えてみてはどうかなと思います。素敵な立ち合い出産の想い出が作れますように祈っています!
 

Return Top