BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。150以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

赤ちゃんの湿疹、まず行くべきは小児科? それとも皮膚科?

611

新生児ニキビ、脂漏性湿疹、あせも、よだれかぶれ、オムツかぶれ……赤ちゃん期は、ありとあらゆる部分の肌荒れに悩まされるものです。

赤ちゃんの肌荒れは自然に改善することも多いのですが、赤ちゃんが自分で掻いて湿疹や傷が悪化してしまったり、乾燥や離乳食、よだれなど、避けきれない刺激によってなかなかキレイにならなかったりすることもあるものです。

赤ちゃんの肌が荒れた時は、ひどくなる前に病院で適切なお薬をもらうのが早くキレイに治すポイントでもあります。しかし、赤ちゃんの肌荒れを診てくれるのは小児科? 皮膚科? どっちに行けばいいの?! と迷ってしまうママも多いのではないでしょうか。

それでは、赤ちゃんの湿疹や肌荒れではまずどちらを受診すればいいのか、詳しくお伝えしましょう。

まずはかかりつけの小児科へ!

肌のことに限らず、赤ちゃんに異変があらわれたらまず行くべきなのは、小児科です。かかりつけの小児科があれば、そこがベスト。

小児科では、ただ単に肌荒れの状態を診るだけではなく、熱や咳、喉の腫れなどの全身状態も合わせて診てくれます。

赤ちゃんの湿疹は、その多くが乳児湿疹やかぶれであっても、中には突発性発疹、感染症、アレルギーなどが原因となって起こる場合もあります。そういった場合にも、小児科なら適切な診断と処置がしてもらえるので安心ですね。

もちろん、乳児湿疹やかぶれなどにもきちんと対処してくれますし、もしも小児科では対応できない専門的な検査や治療が必要であれば、その時点で皮膚科へ行くようにと指示されますから、まずは小児科へ行けば間違いありせん。

状態がよくならないと感じたら皮膚科へ

小児科でもらった薬で、赤ちゃんの肌の状態がなかなか改善しないような場合には、皮膚科へ行ってみましょう。

その際は、小児科でどのような診断をされ、何の薬をもらったのかを伝えるとスムーズです。皮膚科の先生は皮膚のエキスパートですから、小児科の先生の判断も踏まえて、赤ちゃんにとってよい治療法を提案してくれるでしょう。

皮膚科を受診する時は、できれば小児皮膚科の看板をかかげているところが安心ではありますが、数はさほど多くないようです。口コミやママ友同士の情報を参考に、赤ちゃんも診てくれると評判の皮膚科を選んでみましょう。

赤ちゃんの湿疹で受診するタイミングは?

新米ママが考えてしまいがちなのが、「これくらいで病院に来るなんて! と思われたらどうしよう」ということ。

赤ちゃんの湿疹くらいで病院に行ったら、大げさだ、過保護だと思われないだろうか、という不安を抱えるママは意外に多いもの。

しかし、赤ちゃんの湿疹やかぶれをそのままにしておくと、掻き壊して悪化したり、そこから雑菌が入って化膿してしまったりする可能性もあります。

また、自己判断で市販の薬や保湿剤を使い、ますます皮膚に刺激を与えてしまうことも考えられます。そうなると、かゆみや痛みに悩まされてしまうのは赤ちゃんです。

また、肌荒れや湿疹は、一度悪化してしまうと、キレイに治るまでの時間も長くかかります。小児科でも皮膚科でも「これくらいで……」などと思われませんから、赤ちゃんに辛い思いをさせてしまう前に、早めに受診しましょうね。

夜中に痒いと泣いて起きていた娘。3日のケアで肌がしっとりになりました。その時の体験をまとめています↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top