BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。150以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

初めてのマタニティーヨガでほっこり幸せ|やってよかった素敵な効果

608

妊娠中は、とにかく運動不足になりがち。お腹に赤ちゃんがいることで、ムリな運動はできません。カラダをいたわってしまうためか、動きもゆっくりになります。

でも赤ちゃんや妊婦さんのために、血流をよくする運動は生活には取り入れたほうがいいと、産院からも指導があります。個人でできるウオーキングや妊婦体操、はたまたマタニティーの名のつくスポーツなども紹介されたりします。

たまたま、私の産院で「マタニティーヨガ」教室のオプション体験がありました。

「マタニティーヨガって、どうなの!?本当にカラダにいいの?」

私は4人目の妊娠で初めて「マタニティーヨガ」に心をつかまれたのでした。

Sponsored Links

妊娠中、運動する環境は大事かもと焦りました

1人目の時は途中まで働いていましたし、2人目3人目はやんちゃな上の子を追いかけることが多くて、運動不足とは無縁の生活でした。マタニティーヨガなど、改まって他のスポーツをする必要はないと考えていました。

4人目を妊娠の時に、40才手前ということもあって、筋肉の衰えを感じていました。お腹が膨らみ始めるとカラダを支えて立つのがしんどくなりました。1人目の妊娠中のようにガンガン歩くことはできませんでした。産院で指導を受けた妊婦体操も、4人目で飽きてきたのかついサボりがちに。

  • 無事に赤ちゃんを産めるかしら?
  • 出産のための体力作りとして、なにか運動を意識して取り入れなければ!

と思っても、上の子供たちが学校に行っていることをいいことに、すぐに横になってしまう私。気持ちもしんどくなっちゃって。

だから、今回、産院の掲示板に貼られていた「マタニティーヨガ」のポスターが気になったんでしょう。

他の人と一緒の方がヤル気も出るかも!という期待に沸きました。あと、ヨガはゆっくりした動きのイメージがあって、運動不足の私でもできそうな気がしました。

リサーチからみえてきたこと。マタニティーヨガの効果とは

周囲のママさんの中では、マタニティーヨガの経験者は少人数でした。

「誰にでもできるんだけど、負荷がかかるから結構ハードよ」と釘を刺される一方、

「呼吸法は出産でも使えるし、一回ちゃんと教室で習ってみては?みんなとするから楽しいよ」と勧めてもくれました。

インターネットでマタニティーヨガを経験された人の意見も見てみました。

ちょうど食べつわりだったので体重が増えて、体重コントロール効果もあるのかな?と思っていましたが、それは人それぞれでした。ヨガはカロリーを消費させるというより、心とカラダの安定をはかり、本人に健康管理への意識を向上させるのが目的のようでした。

あと、絶対に安産になるという事でもないようでした。

ただ、股関節を柔らかくしたり、呼吸法を学んだり、リラックスしたりという利点を知りました。

インターネットで「マタニティーヨガ」の動画も見ました。妊婦の先生が運動の説明をしながら、ゆっくり体勢を変えていきます。座って深く呼吸して、手を揺らして。5分くらいで画像は終わっていました。画像のマネをしてみてできたので、自信を持って産院に申し込んでみました。

思っていたよりも、充実した運動でした

食べつわりが治まった妊娠7ヶ月目に、マタニティーヨガの体験に行きました。

用意は母子手帳と診察券と汗ふきタオルと飲み物でした。まずは、産院スタッフの健康チェック。問題なしと太鼓判を押され、ヨガをする広めの部屋へ移動しました。

その日は、私以外に5人の妊婦さんが来ていました。お腹の大きさは似たりよったり。安定期に入った人がほとんどでした。

インストラクターの先生が来られて、皆で自己紹介をしました。妊娠何ヶ月目だとか何人目だとか、話をするうちに気持ちがほぐれてきました。

緊張が解けてきたところでヨガがスタート。静かな曲をバックにして、先生の声がけと共に、見よう見まねで同じポーズをとっていきました。

画像で見たのと似たような感じのゆっくりとした動きでした。あぐらをかいて首を傾け、手を揺らしました。

「吸ってー。吐いてー」

呼吸を繰り返して色々な筋肉の筋を伸ばしていきました。15分過ぎるころにはじんわりと汗が…。途中、あぐらの体勢から四つん這いになり、30分ほど続きました。

一度、飲み物とトイレ休憩が入りました。一緒にヨガをしたママさん達と、ヨガの感想を述べながら談笑。

休憩が終わると、今度は立った状態から深呼吸を繰り返しました。次に用意された椅子に座り、15分ほど手で足の裏やももを揉みほぐしたりするマッサージみたいな内容になりました。最後の10分は深呼吸を多く取り入れたポージング中心になり、クールダウンして終了となりました。

季節は冬でしたけど、もう、カラダはポカポカ。カラダを動かすことで、血流がよくなり体温が上昇しているのだと先生が言いました。

「久しぶりにいい運動をしたなあ」と思いました。

自宅でヨガを楽しむことに。妊娠中続けられた運動。

初体験のマタニティーヨガ教室は私には少しレベルが高く、結局その一回だけで終わりました。

ママさんによれば、出産直後まで続けて行く人もいました。人によって、マタニティーヨガが合う合わないもありそうです。

でも、そこで他の妊婦さんたちと何かを共有するという経験は楽しかったです。本当にリラックスできたし、面白かったし、皆さんの出産に向けての前向きな気持ちを感じることができたので。1回でも体験したことは、いい気分転換になって良かったと思いました。

帰ってから。1時間とまではいきませんでしたが、毎日10分くらいは先生から教えてもらったヨガのおさらいをしました。動画の5分ヨガも参考にしました。それくらいが私にはちょうど良かったのです。

ヨガでお腹に手を置くポーズもあるのですが、そのたびに、なんだかお腹の中にいる赤ちゃんと一緒に出産に向けての準備をしているようなほっこりした幸せを感じました。そして、お腹の赤ちゃんを想いながら出産を迎えたのでした。

マタニティーヨガはムリなく自己流にアレンジもしやすい運動なので、私も妊娠中にはオススメの運動の一つですね。

ご興味をもたれた方は担当医とご相談の上、試してみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top