BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。150以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

決める前に要チェック!産院で大違いな出産前後の疲労度

563

長い長い陣痛を乗り越えていよいよ分娩室に移動・・!!そして待望の我が子との対面。

いよいよこの時が来ましたね。ここからが最後のひと踏ん張りです。ここでは出産前後の過ごし方が病院によってどのように変わるのか。それがママにどのような影響をもたらすのかについて、述べていきたいと思います。

是非ママとパパ2人で参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

ここまで来たらあと一息・・!赤ちゃんの顔を思い浮かべて乗りきりましょう!

長い陣痛と戦い、いよいよ出産が近くなると一般的には「分娩室」と呼ばれる出産をする部屋へと移ります。

病院によっては「陣痛室」と「分娩室」が一体になっているところもあるようですが、大体の病院は別になっている事が多いです。

ママによってはもう10何時間という長い時間、陣痛と闘っているという事もあると思います。

「では分娩室に移動しましょう!」という段階に入ると、「ああ、あと少しでこの陣痛から解放される・・」「やっと赤ちゃんに会えるんだな・・」とママはきっと一筋の光が見えたような気持ちになる事だと思います。

でもここで結構大変なのが、「分娩室への移動」だったりします。

病院によって色々かもしれませんが、結構自分で歩いて移動するというパターンが多いんですね。実際私は三人をそれぞれ違う病院で産みましたが、全て徒歩で移動でした。

「えっ自分で歩いて移動するの!?」きっとママはこんな心境になると思います。

というのも、この時は陣痛の痛さもクライマックスなのは言うまでもないですが、何と言っても陣痛と陣痛の間隔が短いんです!

痛みが来ている間は動くのはかなりキツイと思いますので、痛みの来ていない時に「サッ」と移動するしかありません。

そして分娩室に入ったらもちろん分娩台に上がるのも自分で頑張らないといけないです。何とか痛みのないタイミングを見計らって移動してくださいね。

立ち会い出産するパパの役割

パパが立ち合いをする場合でしたら、ここからずっとパパがいてくれている事だと思います。

Sponsored Links

パパは、ママの補助としてとにかく「励まして応援する!」事を徹底的に頑張ってくださいね。

イメージとしては「ボクシングの試合で選手のフォローをするセコンド」ですね。

汗を拭いてもらったり、励ます言葉をかけてもらったり・・メンタル面でパパの応援があるとママはとても心強いものです。

ママは一生懸命で余裕がないので、時にはパパの声援が届かずに逆に「黙ってて!!」なんて言われるかもしれません。

でも、分娩台で最後の陣痛と闘うママに対してパパができる事は「応援する」しかもうありません。

ママも後から振り返ってみると、「あの時パパは一生懸命応援してくれたなあ・・」と思う事だと思いますし、そんな気持ちからパパとママの夫婦の絆も強くなると思います!一生懸命2人で頑張って、そして赤ちゃんを迎えてあげてほしいと思います。

出産後、休めるかどうかは環境による!!そして面会はほどほどに・・

出産を乗り越えて無事赤ちゃんとの対面を果たしたママ、お疲れ様でした。長かった妊娠生活もやっと終わり、これから育児のスタートですね^^

「自宅に帰ると育児が大変・・病院にいる間はゆっくり休みたい・・」

多くのママがそう思う事でしょう。でも実は病院によって産後「休めるか」「休めないか」が変わってくるのです。

出産数時間後からすぐに赤ちゃんと同室で育児がスタートする病院もあれば、基本赤ちゃんとは別室で希望に沿って同室にしてくれたり、又、完全別室で入院中はママは自分の体を回復させる事だけ考えていたら良いという病院も。

この違いはとっても大きいです!

というのはもちろん個人差はあるものの、産後はとても体が疲労感に覆われます。特に産んでから直後~数時間は、体も心も出産の興奮状態が残っており、「疲れているはずなのに眠れない」ママが多いのです。

体のあちこちが筋肉痛で辛かったり、傷の具合によっては歩く事すら辛い場合もあります。

そこで完全母子同室の病院だったら翌日には赤ちゃんのお世話がスタートするわけです。

もちろん同室ならではのメリットもたくさんあります。育児に早くから慣れる事もできますし、分からない事があったら入院中はすぐ助産師さんに聞けたりしますから。

でも、ママによっては体力的に過酷な場合もあります。

普段の自分の体力や健康状態、育児方針などを考えて、ここでも慎重に病院選びをしてほしいなと思います。ママの自分自身の事を第一に優先して考えてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top