BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。100以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

新生児の保湿対策が一番大事!?生まれる前に抑えておきたいポイント

555

赤ちゃんが生まれてくると、生活は一変します。

  • 今まできっちりと睡眠時間が取れていたのに、全然取れなくなった。
  • ドラマを見たり、ネットサーフィンをしたりする時間も全然ない!!

育児に必死過ぎて髪の毛をとくのも忘れるほどの方もいらっしゃいます。

新生児にしてあげるべきことは、妊婦さんのうちにしっかりと理解して、出産後に焦ったり後悔したりすることがないようにしたいですね。

発熱などと併せて、多くのお母さんが不安に思うことは、赤ちゃんの肌荒れです。

赤ちゃんはプルプル肌と思われがちですが、実際の赤ちゃんのお肌は乾燥したり肌荒れしやすいとってもデリケートなものなのです。これは意外ですね。

いつから保湿対策は必要?

赤ちゃんの皮膚は大人の1/2の厚さしかなく、ホコリや石けん、食べ物などへの免疫が弱く、少しの刺激でも負担がかかり肌トラブルが起きやすいのです。

また、保湿に効果的と言われている皮脂が生後3ヶ月頃から激減することが、生後数ヶ月後からの乾燥などの肌トラブルが増える原因ともなっています。

しかし、赤ちゃんは体温が高くかなりの汗っかき。

特に寝返りがうてない新生児は、頭もそうですがやっぱりなんといっても背中やおしりが蒸れまくっています。

生後すぐからがベストですが、生後3ヶ月頃から低刺激の保湿液で赤ちゃんの肌の乾燥を防ぎ、肌トラブルから守ってあげたいですね。

保湿剤はどこで買えばいい?

赤ちゃん用の保湿剤はたくさん売っているのでどこででも入手可能ですが、最初にパッチテストをすることをオススメします。

心配な場合は、小児科を受診し、ノンケミカルでノンアルコールの低刺激の保湿剤を処方してもらいましょう。

特に夏は紫外線や汗による蒸れ、冬は乾燥に注意が必要です。

保湿剤の塗り方

保湿剤を塗る前に手を洗い清潔にします。保湿剤を手の甲に少し多めにのせます。

もう一方の指先つけ、ちょんちょんと赤ちゃんの顔の数カ所に乗せましょう。その後、指の腹でやさしく円をえがくように伸ばしていきましょう。

頭に塗るのも忘れないで!!

髪の毛を分け地肌を見えるようにして、人差し指の腹を使って丁寧にまんべんなく塗りましょう。耳たぶの後ろに塗るのも忘れないでね。

赤ちゃんが泣く理由は無限にありますが、痒くて泣いたり蒸れていて不快に感じてなくことも多々あります。

何故泣いているのかわかるだけでもお母さんのストレスは随分軽減されるはず。早く情報を得ることで、少しでも不安を取り除いておきたいですね。

夜中に痒いと泣いて起きていた娘。3日のケアで肌がしっとりになりました。その時の体験をまとめています↓

Return Top