BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。100以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

あご、ほほ、口周り・・・パーツ分別、赤ちゃん保湿対策

551

公園や喫茶店などでお母さんと一緒にいる赤ちゃんが可愛くてついつい目で追ってしまいますよね。

赤ちゃんは、笑っていたり、泣いていたりと表情が豊かで、目があった時に笑ってもらえたらそれでけで幸せな気持ちになれるすてきな存在です。

お母さんにとってはなおさらでしょう。毎日写真やビデオに収めたいくらいですよね!

でも写真に収める笑顔があごや頬などがカッサカサで赤くなったり粉を吹いていたらなんだか可哀想で可愛さもちょっと半減してしまいます・・・。

今回は、赤ちゃんのあご、頬、口周りなどいろんなところにできる湿疹の原因について追求していきたいと思います!!

パーツ1:口周りとあごの湿疹の原因は??

つねに赤ちゃんはよだれを垂らしていものです。よだれを拭き取るときに、硬いティッシュや殺菌効果のあるウェットティッシュなどでがっつり拭ってしまっていませんか??

口周りの肌荒れは、肌の上の皮脂まで拭ってしまっていることが原因のことが多いです。だからといって垂れ流していても見た目が・・・となってしまうので、優しく柔らかい布で拭きとって、保湿液を塗ってあげてください。

よだれをある程度コントロールできる時期まではお母さんが全力でサポートしてあげてくださいね。美しい口周りに成長するかは、お母さんにかかっていますよ!

パーツ2:頬と頭部の湿疹の原因は??

新生児ニキビか乳児脂漏性湿疹が考えられます。生後1ヶ月未満の場合は、新生児ニキビが濃厚です。

毛穴に皮脂がつまってしまうことが原因のため、毎日の入浴時にしっかりと顔や頭部まで洗い、清潔を保ってください。

赤ちゃんが引っ掻いたりすることで悪化する場合もあるので爪をこまめに丸く切るなど注意してくださいね。また、シャンプーやボディーソープは低刺激のものを使い、たっぷりの泡を立てたから優しく洗いましょう。

パーツ3:背中やおしりの湿疹の原因は??

「あせも」の可能性がとっても高いです。ねんね期の赤ちゃんに多く見られます。

赤ちゃんは体温が大人よりも高く汗っかきですが汗をかいたからといって自分で何もできません。首周りや背中など汗をかきやすく蒸れやすいところに多くできます。また、、おむつでムレることが多いおしりも要注意です!!

いかがでしたか??

一番大事なのは、服などで隠れている部分は、清潔を保つということです。顔など常に外に出ている部分は、乾燥にも気をつけなくてはいけませんね。楽しく赤ちゃんの笑顔を守っていきましょう!!

夜中に痒いと泣いて起きていた娘。3日のケアで肌がしっとりになりました。その時の体験をまとめています↓

Return Top