BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。150以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

安定期だから平気だよね|ママをイラつかせるパパの勘違いポイント

500

ママ

飛行機苦手だし、気候が急に変わるとしんどいよ。

パパ

じゃぁのんびりと温泉でもいいよ。

ママ

入浴禁止って書いてあるのよく見かけない?

パパ

アレだめ、コレだめばっかりじゃん!

ママ

ごめぇん…。

妊娠中のママを持つパパなら一度は聞いた事のある言葉の中に「安定期」という言葉があるかと思います。

  • 「安定期に入るまでは安静にしないといけないから。」
  • 「まだ安定期じゃないから流産の可能性もあるし気をつけないと。」
  • 「安定期に入って体の調子が良くなった。」

等々・・

ママの口から何度か「安定期」という言葉が出た事かと思います。

なんとなく、「安定期」に入るともう赤ちゃんの安全は確保されたような、もう心配ないようなイメージをパパは持っているのではないでしょうか?

  • 「ママは安定期に入ってすごく体調が良くなったと言っていたよ!やっと機嫌が良くなったよ~」
  • 「安定期に入るともう赤ちゃんは流産の危険性はないんでしょ?安心安心!」
  • 「安定期らしいから、もう母子ともに心配する事はないな~」

パパはこんな気持ちでいるのかもしれませんね。確かに「安定期」という言葉の響きのイメージではそんな風にとらえる事ができるかもしれないですね。

では実際の所、安定期とはどんな状態の事を指すのでしょうか?そして「安定期」の時期とそうではない時期との違いとは??

今回はそこに焦点を当ててみたいと思います。

Sponsored Links

安定期に入ったらもう安心!?気の緩み過ぎは要注意!!

辛いつわりの時期を乗り越えてやっと体調も落ち着き、ママも何となく調子がいいみたいだな~とパパから見てもママの調子の良さが分かる事だと思います。

この頃の時期の事を安定期に入ったという言い方をする事が多く、大体妊娠5か月~7か月くらいの時期になります。赤ちゃんの状態も流産のリスクがグッと低くなって、胎盤も完成するなど、一つ山を乗り越えて安定した時期に入ります。

この時期はママも体調が良くなる事が多いので、パパとゆっくり旅行に出かけたりするママも多いものです。パパはこの時期をママとどんな風に過ごしましたか?又、過ごしたいと思いますか?

一緒に旅行に行ったり買い物を楽しんだり、体が軽い今のうちに・・と育児用品などを買いに行ったりするのもいいかもしれませんね。

こうしてみると安定期には不安な事はないように感じますね。でも! 安定期だからと言って無理は禁物なのです。

ママはいくら安定期と言っても「不安」は抱えています。

例えば・・

  • この時期はつわりも収まって食欲も戻るし、食べ過ぎてしまうなあ、、体重の増加に気をつけなくちゃ。
  • 動きすぎたかな・・腰痛がひどいなあ。
  • お腹が急に大きくなった??足元が見えにくくて。転ばないようにしなくっちゃ。

パパから見ているとママはとても調子が良さそうなので、ついついあちこちお出かけに誘いがちになってしまうかもしれません。これからお腹が大きくなったら身動きが取れにくなるし、2人でゆっくりできる今のうちに・・というパパの気持ちはとても良くわかります。

でも、ママは安定期と言っても少なからず不安は抱えているという事を忘れないようにしてあげて欲しいと思います。まだお腹は目立たないものの、確実にママのお腹の中で赤ちゃんは成長していて、その影響でママの体には負担がかかっているんですね。

又、赤ちゃんも流産のリスクが低くなったとは言え、それは0ではありません。あまりに無茶に動き過ぎたり、もしママが転んで転倒・・なんて事になったら危険です。限度をわきまえる必要は出てきます。

では「安定期」はどのように過ごすのがママにとってもいいのでしょうか?

ママの気持ちを優先した無理のない計画を組みましょう

安定期は大体三か月くらいの時期になります。その後は妊娠後期に入りますので、お腹はどんどん大きくなりますし、それによってママの負担は心身ともにグッと増えていきます。

そう考えるとこの安定期という行動しやすい時期はとても貴重な時期と言えます。具体的な過ごし方ですが、旅行にしろ買い物にしても、まず第一に「ママの意見を尊重してプランを組む」事が大切だと言えます。

そうしないと、

ママの為と思って旅行のプランを組んだのに、「パパは何にも私の事を分かってくれない!」とプイとされてしまい、「一体ママは何を怒っているんだか??旅行に行きたいって言うから考えたのに・・」と

険悪なムードになってしまうなんて事も。

買い物にしてもあまりにパパのペースでサッサと動いてしまい過ぎると、「腰痛で辛いのに全然私のペースに合わせてくれないのね」となってしまったり・・

辛いつわりが終わってやっと食欲が戻ったママの為にと久々に外食でも・・と誘ったら、「こんな高カロリーな店に誘うなんて。あなたはいいけど私は体重が増えたらダメなのに。」と逆効果に・・。

パパにしてみたら「どうして??」と疑問に感じる事だと思います。ママはどうしてこんなに不愉快になるのか??

全てに共通しているのは、「パパがママの見た目だけで元気そうだから。」と安易に判断しているからではないでしょうか。

安定期のママははたから見るとお腹もまだ目立つほど出ていません。一見してみると妊娠しているという事実さえ分からない事だと思います。

これが妊娠後期ですと、どう見ても見た目も妊婦さんと分かるくらい体型が変わりますし、ママも体が辛くなってくるので、必然的にパパもママを気遣うシーンが増えていきます。

でもまだ見た目が妊婦らしくない安定期だからこそ、ついつい妊娠してない時と同じ感覚でパパもママに接してしまうのですね。

でもママの内面は違います。

確かにつわりがあったり情緒不安定だった時期に比べたら少し元気になったかもしれません。でもママにしか分からない腰痛であったり体重の悩み、少なからず重くなったお腹の違和感等々・・。そんな色々な事をママは常に感じているという事をパパは忘れないでいて欲しいと思います。

その上で、ママにとって無理のないペースで動けるプランを組むのが最適と言えます。

その気遣いがあるとママも、「この人は私のペースに合わせてくれている。」と感じてパパへの信頼も上がる事だと思います。ママとパパの信頼を深めておくのは今後の出産~育児においてとてもプラスになっていきます。

出産後はとてもママは心身ともに忙しく余裕がなくなります。パパと2人でゆっくり・・なんて時間は瞬く間に少なくなっていくことでしょう。貴重なこの時期・・安定期を是非楽しく2人で過ごして欲しいと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top