BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。100以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

赤ちゃん連れのママ友を初めて自宅に招く時に気をつけたいこと

497

ママ友の家へ招かれ、楽しい時間を過ごしたら、今度は自分の家にも招かなければ! と、ちょっと焦ってしまいますよね。
しかし、

「家にママ友を呼ぶって何だか緊張する…」

と身構えてしまうママも多いのではないでしょうか?

前回は、ママ友の家にお呼ばれした時の準備やマナーについてお伝えしましたが、今回はママ友を自宅にお招きする時に準備すること、気をつけたいことについて、考えてみましょう。

Sponsored Links
-

ママ友を家にお招きする前に気をつけたいこと

ママ友を自宅に呼ぶことが決まったら、掃除や整理整頓、ランチやお茶菓子の準備など、あれこれしなければならないことが思い浮かんできますね。

それでは、どんなポイントに気をつけて準備をすればいいのか、お伝えしていきましょう。

掃除は念入りすぎてもNG?

ママ友が来るとなれば、あれこれチェックされないように、隅々までキレイに掃除する人も多いかもしれません。

もちろん、キレイなおウチにお邪魔できるのは嬉しいものですが、あまりにピカピカで、物が整然と並んでいるようなスキのない家は、赤ちゃんがいる場合、「汚してしまったら申し訳ない……」と相手を萎縮させてしまうこともあります。

ホコリやゴミが落ちているのはいただけませんが、キレイにしつつも、ある程度の生活感のある家の方が、ママ友も気を遣わずに済むかもしれません。念入りに、ピカピカに掃除するというよりは、いつもよりもちょっと頑張る、程度の掃除にしておきましょう。

ただし、トイレや洗面所などの水回りは清潔感が大切ですから、ここは頑張って掃除をしたいポイント。新しいタオルを準備したり、トイレットペーパーを補充したりするのも忘れずに。

見られたくないもの、触れられたくないものはしまっておく

部屋干しの洗濯物、無造作にテーブルに置いてある手紙や雑誌などは、事前に見えないところにしまっておきましょう。

また、壊れやすい置物や、ゴミ箱など赤ちゃんに触ってほしくないものは、手の届かないところに置き直して。貴重品が入ったバッグなども、目につかないところか別室に置いておきましょう。

ママ友の家のものを壊した、ママ友が遊びに来たら物がなくなった、などというトラブルは多くあります。信用できるママ友でも、こうしたトラブルを未然に防ぐために、対策はしっかりしておきたいですね。

Sponsored Links

意外に気になるのは家の「におい」

家のにおいは、住んでいる人にはわからなくても、招かれる側からすると意外なほど気になるもの。ドアを開けた途端「あ、何だかにおう……」なんて思われないように、においにも気を遣いましょう。

赤ちゃんも一緒ですし、ランチをしたりお菓子を食べたりすることを考えると、キツイ芳香剤などはNG。消臭効果のあるミントや、さわやかな柑橘系のアロマオイルを使って、ほんのりといい香りを漂わせてみましょう。

重曹にアロマオイルを数滴たらして混ぜたものをオシャレな容器や小瓶などに入れ、フタを開けたままにしておくと、ほのかに香りながら嫌なニオイを防ぐ消臭剤になります。ぜひお試しを。

こんなものも準備しておくと便利!

ママ友が小さな赤ちゃんを連れて遊びに来る場合、次のようなものを用意しておくと便利です。

おしりふき、ウェットティッシュやハンドタオル

離乳食やおやつを食べる場合、赤ちゃんはすぐに汚してしまいますので、ウェットティッシュやタオルなどは多めに準備しておきましょう。

また、おむつ替えをする時に使うおしりふきは、ママ友も持参してくれることでしょうが、招く側でも多めに準備しておくと安心です。

赤ちゃん用のマットやお布団

普段はベビーベッドを使っているお家でも、小さな赤ちゃんをお招きする時は、畳やカーペットの上にマットやお布団などを敷いて、赤ちゃんがゴロンとできるようにスペースを作っておきましょう。これなら、赤ちゃんがお昼寝してしまっても大丈夫ですね。

赤ちゃんが遊べるおもちゃ

赤ちゃん同士が遊べるように、おもちゃを準備しておきましょう。この時に注意したいのが、大切なおもちゃは出さないことと、おもちゃを清潔にしておくこと。

たとえば、出産祝いでいただいたちょっと高級なおもちゃや、思い入れがあって大切にしているおもちゃは、もしも他の赤ちゃんに壊されたり汚されたりしたら、悲しいですよね。そうしたものは避けて、気持ちよく貸せるものだけを準備しましょう。

また、赤ちゃんは何でも口に入れてしまいますから、ママ友と赤ちゃんが遊びに来る前に、しっかり拭いてキレイにしておくことをオススメします。

あれこれ書きましたが、これを全て実行する必要はありません。楽しい時間を過ごせるように心配りしていれば、自然によいおもてなしができるはず。

また、ママ友のお宅にお邪魔して、ステキだな、嬉しかったなと感じたおもてなしを思い出して、それを実行するのも良い方法です。あまり身構えず、ママ友との時間を楽しんでくださいね。

Return Top