BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。150以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

心当りあったら要注意!ママ友との付き合いNGポイント5つ

494

ママ友関係は、普通の友人同士の関係とは違い、何かと気を遣うものです。

自分では思いもかけないようなちょっとしたことで、その関係は脆くも崩れてしまったり、トラブルに発展してしまったりすることは、非常に多くあります。

ママ友とよい関係を保ちながら、末永くお付き合いをしていくためには、どんなことに気をつければいいのでしょうか?

ここでは、ママ友ができたばかりのママに向けて、ママ友付き合いにおいて最低限気をつけたいポイントを5つご紹介します。

Sponsored Links

これだけは気をつけて! ママ友関係を上手に保つための基本

1.その場にいない人の噂や悪口を言わない

ママ友関係において最も気をつけなければならないのが、噂話や悪口への対処です。何人かのママ同士で話をしていると、どうしても誰かの噂話や悪口に話題が偏ってしまうことがありますが、その場にいないママのことをコソコソと話すのは絶対にNG!

ママ友関係は、どこでどう繋がっているかわかりません。仲良くなりかけたところでついつい気を許し、誰かの噂話をしようものなら、思いもかけないところからそれがバレてしまうこともありますので、注意しましょう。

2.プライベートに踏み込まない

相手のママのことをもっとよく知りたい、もっと仲良くなりたいと思うあまり、プライベートな話をあれこれ聞くのも、よく思われない行為です。

旦那さんの職業や年収、持ち家か賃貸か、車は持っているのか、実家はどこで、両親は何をしている人なのか……興味がある話題でも、根掘り葉掘り聞かれると、やはりいい気持ちはしないもの。本当に仲良くなるまでは、こうした話題に触れない方が無難です。

3.相手を否定しない

ママ友は、自分の友だちとは違って、子供をきっかけにして知り合い、徐々に仲良くなっていく友だちです。当然、普通の友人関係のように、似たような価値観や考えを持っている人ばかりが集まるとは限りません。

ママ友それぞれに、違う価値観やライフスタイルを持っているのは当たり前です。それを否定するのは、ママ友自身を否定するのと同じこと。

ママ友の話が、たとえ自分の考えや価値観とはかけ離れていると思っても、簡単に否定しないようにしましょう。

4.自分の子の自慢話ばかりしない

  • 「うちの子は〇〇ができるようになった」
  • 「よく寝てくれる・よく食べてくれるから助かる」

などという話は、人によっては自慢と受け取られてしまいます。特に、子供の成長や発達で悩んでいるママの場合は、自分にそのつもりがなくても、嫌味のように聞こえてしまうことも。

子供の成長や発達のスピードは、たとえ月齢が同じでも、それぞれ違うものですし、性格や個性によって差が生まれることもあります。だからこそ、その差に敏感になってしまうママも多いのです。

子供の成長で嬉しかったことは、ママ友ではなく、夫や両親などの親しい人に話して喜びを分かち合うといいかもしれませんね。

5.ママ友やその子供の写真をSNSにアップしない

意外としてしまいがちなのが、ママ友やその子供たちと撮った写真を、自分のSNSにアップする行為。

楽しかったこと、かわいい子供たちの様子などを、たくさんの人に見てもらいたい気持ちはわかりますが、現在は子供を狙ったさまざまな犯罪が横行し、ママたちも個人情報の流出には神経をとがらせざるを得ない時代です。

誰が見ているのがわからないのが、ネットの世界の怖いところ。たとえ自分の子供がメインで、ママ友やその子供たちは端の方に小さくしか写っていなくても、他人が写っている限り、その写真を勝手にインターネット上にアップするのは厳禁です。

ママ友というのは、子供を介した特殊な関係です。だからこそ、普通の友人関係とは違い、本当に仲良くなるまでには時間がかかるもの。

まずは上記のようなポイントに気をつけて、気持ちのよいママ友付き合いを続けられるように意識してみましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top