BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。100以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

ママ友欲しい人見知りさん必見!超無難な初対面ママへの話しかけ方4パターン

490

公園や支援センターなどに毎日のように通っていても、なかなかママ友ができる気配がなく、落ち込んでしまう……

そんな経験をしているママは、他のママに会っても、どんなふうに声をかければいいか、悩んでしまう傾向が強いのではないでしょうか?

誰にでもあっけらかんと話しかけて、すぐに距離を縮めるタイプのママもいますが、人見知りであまり話好きではないタイプのママの場合は、他のママに話しかけることすらためらってしまいがちです。

そこで今回は、初対面のママとも自然に距離が縮まるような話しかけ方や、話題の選び方をご紹介しましょう。

Sponsored Links
-

初対面でも大丈夫! 相手のママと打ち解けるための話題4つ

1.「何ヶ月ですか?」

定番中の定番は、やはり赤ちゃんの月齢を聞いてみること。同じくらいの月齢であれば、

「うちも同じです! ◯月生まれですか?」

なんていう会話をきっかけに、出産した病院のこと、健診のことなどに話題を広げられます。また、月齢が上だったり下だったりする場合は、赤ちゃんの様子を見ながら、

  • 「◯ヶ月になると、こんなことができるんですね」
  • 「うちの子も、よくこんなことしていましたよ」

などと続けてみましょう。

2.相手の赤ちゃんを褒める

たとえば、寝返りやハイハイができていたら、「上手ですね」「活発ですね」。

一人遊びが上手だったら、「大人しくてお利口さんですね」など、赤ちゃんのプラスの面を見て、感じたことを伝えましょう。

Sponsored Links

赤ちゃんを褒められると、相手のママもやはり嬉しく感じますから、会話をしているうちに心を開いてくれるかもしれません。

だからといって、わざとらしく褒めちぎって持ちあげるのはNG。あくまでも自然に、自分が感じたことを素直に伝えられるといいですね。

3.おもちゃや絵本をきっかけにする

その時に赤ちゃんが遊んでいるおもちゃ、見ている絵本なども、話題のきっかけになります。

  • 「このおもちゃ、お気に入りなんですか?」
  • 「どんな絵本が好きですか?」

など、参考にさせてもらうつもりで聞いてみましょう。逆に、

「うちはこんなおもちゃが気に入ってるんです」

と、話題を広げるのもアリ。ただし、おもちゃや絵本の値段、購入場所については、初対面では触れない方がスマートです。

4.離乳食、夜泣きなど定番のお悩みも話題に

離乳食の進め方や食べっぷり、夜泣きの有無など、月齢に応じた悩みは尽きないもの。同じくらいの月齢であれば、思い切ってそうしたことも話題にしてみましょう。

  • 「離乳食はどんなものを食べてますか?」
  • 「たくさん食べてくれますか?」
  • 「夜泣きって、もうしてますか?」
  • 「夜泣きされたらどうしてますか?」

などなど、話を聞いているうちに、同じ悩みを共有できて心強くなったり、上手な対策が得られたりするかもしれません。月齢が上の赤ちゃんのママの場合は、アドバイスを求める形で聞いてみるのもひとつの方法でしょう。

初対面のママにも、勇気を出して話しかけてみると意外に話が弾んだり、思わぬことで意気投合したりすることは、よくあります。あまり気負わずに、その場の会話を楽しむことを心がけながら、相手のママと接してみてくださいね。

Return Top