BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。150以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

妊娠線が圧倒的にでき始める時期|ケアはいつからが最適?

489

妊娠線が出てくる時期はどのくらいなのでしょうか。また予防するためのケアをはじめるのに最適な時期はいつなのでしょうか。

妊娠線ができてしまうと時間の経過で薄くなるものの消えることはないので、できる前にケアしてしっかり防ぎたいですね。

妊娠線はいつ頃から出てくるの?

妊娠線が出てくる時期には個人差があり、おなかが大きくなるにつれて出やすくなる傾向があります。

あるデータによると妊娠後期から出始める人が圧倒的に多く、妊娠前期と中期の合計人数の3倍以上にのぼっていました。やはり原因はおなかのサイズによるものだと言えます。

中には妊娠初期に出てしまう人もいますが、おなかが目立ち始める中期以降に出始めてしまう方のほうが多いので注意すべきでしょう。そうは言っても妊娠線が出始める時期にはバラつきがあるので、ケアを始めるのは早めがいいと言えます。

また特に油断してしまうのが、妊娠後期の9から10ヶ月頃です。「妊娠線が出ないままもうじき出産だ」と気を抜いた頃が実は一番出やすい時期なので注意しましょう。出産前日までていねいにケアを続け妊娠線をしっかりと防ぎたいですね。

妊娠線予防のスキンケアを始めるのに最適な時期

多くの妊婦さんのおなかが目立ち始めてしまうのが妊娠中期以降なので、それよりも早くから妊娠線予防のためのスキンケアをはじめるのがベスト。ケアは専用のクリームを使って行い、有効成分をしっかり肌の奥まで届けていくとより効果的です。

あまりギリギリになってから妊娠線ケアをはじめると、肌をやわらかく整えるための時間が足りなくなってしまうおそれがあります。だから少しでも早く始めのがオススメ。

時期にすると妊娠初期くらいからはじめるのがベストです。つわりがあって大変な時期ですが、早くからケアすればそのぶん効果的ですし、妊娠初期から出てしまった妊娠線を少しでも緩和することにつなげられます。

また妊娠線専用クリームは一般の保湿クリームとは違って、妊娠初期でも快適に使えるように作られています。高い保湿力を得られるだけでなく、ニオイに配慮しているものもあります。しっかり妊娠線ケアに取り入れて効果的に使いたいですね。

効果的に妊娠線をケアするためには何を使うのかも大切ですが、いつからどのように使うのかも重要です。できれば妊娠線が出始める前から使って肌を整えておくのが最適ですが、もしムリなら気づいたときからすぐに使えば少しでも緩和へつなげていきましょう。

妊娠線が消えた体験のまとめはこちら↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top