BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。150以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

必ずやりたい妊娠線3つの予防方法|ある日突然やってくる後悔の前に

妊娠線を予防するために確実にやっておきたい方法3つをまとめました。

万が一妊娠線が出てしまったとしても被害を最小限に抑えられるので、やっておいて損はないと言えます。妊娠生活を快適に過ごすためにも役立つのでぜひチェックしてくださいね。

妊娠線を防ぐならまず体重管理を

妊娠すると産院で体重管理をするように言われますが、その理由は母子ともに安全に出産を終えるためです。それだけでなく妊娠線を防ぐためにも非常に効果的なので指導をしっかり守って管理を行いましょう。

そもそも急激な体重増加によって妊娠線ができてしまうので、産院で指導されたことを守れば防げる可能性は十分に高まります。

人間の皮膚はゆるやかな増加であれば妊娠線のように跡がつくことはないので、まずは体重管理をしっかり行いましょう。

腹帯やコルセット、ガードルで支える

腹帯やコルセットやガードルは通常おなかの赤ちゃんを支えて腰への負担を減らしたり、おなかを冷やしたりしないために使われます。しかし妊娠線予防にも効果的なのでぜひ活用しましょう。

ほどよく大きなおなかを下から支えてくれるので皮膚が伸びきってしまうのを防ぐことができ、妊娠線予防につながりますよ。

特に一番妊娠線のできやすい下っ腹あたりに安定感を与えられるので予防できます。皮膚の突っ張りを軽減させるのに役立つでしょう。

また腹帯などで覆うと保湿作用も得られるので、おなかの皮膚を柔軟にし、妊娠線を防ぐのにも役立ちます。

妊娠線クリームで皮膚を柔軟に保とう

最後は妊娠線クリームで皮膚を柔軟に保ちましょう。肌が乾燥していると硬くなり体重増加による皮膚の伸びについていけなくなり、妊娠線ができてしまいます。

妊娠線クリームを使えば十分に成分が浸透し、ターンオーバーを促して肌を柔軟に保ちます。

いろいろな保湿剤がありますが妊娠線専用のものを使うのがベストです。しっかり肌の奥まで届く成分を配合したり、ターンオーバーを正常化したり、酸化を防いだりしてくれるものであれば、しっかり保湿できるのでより効果的に妊娠線を防げることでしょう。

妊娠線を防ぐためにかかせないのはやはり体重管理でしょう。

母子ともに健康に過ごすためにはマストなので、まずは産院の指導通りに行うことが大切です。

コルセットや腹帯もからだ全体への負担を軽くするだけでなく、妊娠線を防ぐためにも役立ちますよ。そして肌の柔軟性を高めるために保湿も重要なので、効果的なクリームを選んでしっかり使いましょう。

妊娠線が消えた体験のまとめはこちら↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top