BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。150以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

それで本当に大丈夫?妊娠線対策の為の保湿

471

ママ友

別にドラッグストアのクリームでもいいよね?

ママ

遠慮なしに塗りたくれるもんね。

先輩ママ

うーん。そうとも言えないかも…

保湿していれば妊娠線は出来ないはず!突っ込みどころは色々あれど、まずはその保湿、本当に潤ってる?

角質細胞を含めても角質層はわずか食品ラップと同程度の厚さしかないって知ってました?この角質細胞を保護するように存在する「細胞間脂質」の中に、油分やら潤いの素やらが入っているんです。

これらが好き勝手に蒸発したり、外からの水分が浸入したりすることのないように、肌表面が「皮脂膜」で覆われています。ここまでが「表皮」の部分でその下に「真皮」と呼ばれる部分が続きます。

そこで本題。

保湿と一口に言っても、本当に保湿したかったら、この細胞間脂質に潤いが届かなきゃダメってこと。

表皮をしっかり保湿しなくちゃならないんだけど、勘違いしがちなのが皮脂膜を厚くするだけのニセ保湿。

これは肌を守るバリア機能的な観点から言えば間違ってはいないけど、残念ながら積極的な保湿にはならないんです。

油分だけの保湿クリームじゃちょっと…な理由

妊娠線を予防するには表皮が潤いに満ちてやわらかく柔軟でなければいけません。きちんと角質層に潤いを届ける必要があります。

そこで必要なのは、きちんと表皮に浸透できる分子構造を持った潤い成分と、入った潤いを逃さないような成分。

妊娠線は一般的なボディクリームやオイルには予防効果がないといわれるのはここのところ。皮脂膜を厚くするだけじゃ太刀打ちできないのです。

保湿クリームと専用クリームの違いはココ

さらに、ボディークリームなどの保湿を謳っている商品にも出来ないことを、妊娠線予防クリームならケアできてしまいます。

潤すだけでなくきっちり整える、積極的にハリ、弾力を与える成分を配合してあり、さらにホルモンのバランスが変化して敏感に傾いたママのお肌に優しい安心安全な処方となれば、普段使いクリームとの差は歴然ですよね。

というように、まず肝心なのは、保湿と思い込んでいたケアも、実は皮脂膜を厚くしているだけかもしれないってこと。

そして、保湿だけでなく、肌の状態をよりベストに近づける積極的な成分が必要っていう2つの事実。

これに気がつかずせっせと皮脂膜を厚くするだけでは手間とお金の無駄になってしまうのです。

妊娠線が消えた体験のまとめはこちら↓

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top