BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。150以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

妊娠中の口臭の原因と5つの対策|お腹の赤ちゃんへの影響も!?

妊娠中の口臭の原因と5つの対策|お腹の赤ちゃんへの影響も!?

妊娠中は、さまざまな原因によって口内環境が悪化し、口臭が発生しやすい状態になると言われています。

口臭は自分では気が付きにくい上に、周りの人も指摘しにくいものです。特に妊娠初期は体調が思わしくなく、口臭にまで気が回らないこともありますよね。

しかし、口臭の原因の中には、そのままにしておくとお腹の赤ちゃんにも影響をもたらす可能性があるものも……

ここでは、妊娠中の口臭の原因や、その解消法についてくわしくまとめました。口臭の予防と対策のため、そしてお口の健康とお腹の赤ちゃんのために、ぜひお役立てください。

Sponsored Links

妊娠中の口臭、何が原因なの?!

妊娠中に口臭が強くなる原因はいくつかありますが、いずれも妊娠中のホルモンバランスや体調の変化が影響しているようです。

つわりによる嘔吐

妊娠初期に起こるつわりによって、胸焼け、吐き気、嘔吐といった症状があらわれると、胃酸過多や胃酸の逆流によって口臭が強くなることがあります。

唾液の変化

妊娠中は唾液の分泌量が減り、ドライマウスの状態になりやすいと言われています。

唾液が減って口腔内をうまく中和することができなくなると虫歯や歯周病になりやすく、また舌の上に作られる舌苔が乾燥して取れにくくなり、口臭の原因となります。

不規則な食事

食べつわりでは、常に何かを口に入れていないと気持ちが悪くなる症状が見られます。

また、妊娠週数が進み、大きくなった子宮に胃が押し上げられると、一度に食事が取れず、小分けにして食べることも増えてきます。このように不規則な食事が続くと、口の中には食べかすなどの汚れが残り、口臭が発生しやすくなります。

歯磨きが十分にできない

つわりの時期は、歯ブラシを口に入れるのも抵抗があり、うまく歯磨きができないことも多いもの。

そうなると口腔内は当然汚れた状態になり、歯垢や歯石が増加して虫歯や歯周病が進行しやすくなりますし、それが元で口臭が悪化することがあります。

口臭を改善する5つの方法

2016-05-30_11h33_42

さまざまな原因が重なりあい、口臭が強くなりやすい妊娠中は、できる範囲で口腔内のケアに力を入れることが大切です。以下に、口臭の予防と対策として有効な方法を5つあげてみましょう。

1.歯医者さんを受診する

妊娠中の口臭対策として一番有効で大切なのは、何と言っても歯科治療です。

Sponsored Links

虫歯や歯周病が進行しやすい妊娠中は、定期的に口腔内をクリーニングしてもらい、必要があれば治療をしてもらうことをオススメします。

歯周病が悪化すると、早産や低体重児出産の危険性が高まることが知られていますし、虫歯菌は、ママと赤ちゃんの密接な接触や食器の共有などで感染すると言われています。

こうしたリスクを取り除くためにも、体調がよい時に歯医者さんを受診して適切なケアをしていきましょう。

2.マウスウォッシュを利用する

つわりで歯磨きができない時に活用したいのが、マウスウォッシュやデンタルリンスです。

サッとうがいをするだけで口の中を清潔にすることができますし、唾液の減少による口腔内のネバネバした不快感を一掃することができます。つわりの時期などは、刺激や香味の少ないタイプのものを選びましょう。

3.キシリトールガムを噛む

虫歯予防に有効とされるキシリトールは、唾液中のカルシウムと結びついて、虫歯菌の酸によって溶かされた歯の表面の再石灰化を促します。

また、ガムを噛むことによって唾液の分泌も増加します。

キシリトールは天然の甘味料であるため、妊娠中にキシリトールガムを噛んでもお腹の赤ちゃんには影響ありません。市販のキシリトールガムを購入する時は、キシリトールが50%以上配合されていて、シュガーレスであるものを選びましょう。

歯医者さんでは、歯科専売品のキシリトール100%ガムを販売していることもあるようですので、そちらを利用してもいいですね。

4.水分補給はこまめに

唾液の分泌が少なくなる妊娠中は、口の中が乾きがちですので、こまめな水分補給を心がけましょう。

水分は唾液の原料となりますし、乾いた口腔内を潤すとともに、口腔内の汚れや細菌を洗い流すはたらきもあります。

ただし、緑茶やウーロン茶などに含まれるポリフェノールは唾液の分泌を抑えると言われていますし、コーヒーなどは口の中を酸性にしてしまいますので、注意しましょう。

5.乳酸菌を摂取する

LS1、ロイテリ菌、L8020菌といった乳酸菌は、歯周病の原因となる細菌を減少させると言われています。

これらの乳酸菌が配合されたタブレットやマウスウォッシュも販売されていますので、かかりつけの歯科医と相談の上で、利用を検討してみましょう。

妊娠中の気になる口臭は一時期なものですし、ホルモンバランスの変化などが大きな原因であるため、仕方のないことでもあります。しかし、その影響で発生し、悪化しやすい虫歯や歯周病は、口臭を発生させる元となるだけでなく、生まれる赤ちゃんに影響を及ぼす可能性もある厄介なものです。

妊娠中は、口臭予防と赤ちゃんの健康のために、しっかりとお口のケアをしていきたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top