BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。150以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

妻の妊娠報告が遅くてイライラ…お祝い事だから早く伝えたいよね!そんなパパへ

456

ママ

ホント何も考えてないのねぇ…。

パパ

え?

ママ

私自身の気持ちもあるけど、伝えられる方の状況にもよるのよ。

パパ

ふぅん?でも会社になら伝えてもいいよね!

妊娠が無事確認できた時はパパママ共に、とても嬉しい気持ちになることだと思います。特に待ちに待った待望の赤ちゃんだったら尚更の事でしょう。

今すぐにでも両親、友人などに報告したい! そんなパパの気持ちはすごく分かります。早くこの嬉しさを皆と分かち合いたいと思うのは自然な事です。

でも少し待ってください!

ママの気持ちはどうでしょう??まだ今は無事子宮内に妊娠が「確認できた」という段階ですよね?これってどういう事でしょうか。

「えっ 妊娠したのは確実なんだから、もう皆に言ったっていいんでしょ?」

パパはそう思うかもしれませんね。でも!安定期に入るまでは特に流産の危険性が高いという事を知っていますか?

「安定期?流産!?どういう事??」

どうしてママは妊娠報告について慎重になるのか・・そして「安定期」「流産」とは具体的にどんな意味なのでしょうか。ここではパパに以上の事を知ってもらった上で、もう一度「妊娠報告の時期」について考えてもらいたいと思います。

Sponsored Links

油断禁物!安定期に入るまでの流産確率は10~15%!!

何だかタイトルから怖いカンジになってしまいましたね。

パパは安定期というのがいつ頃かはご存じでしょうか?大体妊娠4か月~5か月(週数だと16週~)の時期を指します。

この時期までは結構「つわり」がひどいママも多いと思いますが、この「安定期」頃になると症状も落ち着いてくるママが増えてきます。やっとつわりから解放されて心身共に過ごしやすい時期に入ります。アクティブに色々と行動できるのもこの時期ですね。

そしてこの安定期に入った頃に周囲に初めて妊娠報告をするというママが多いのも現実です。

  • 「何でそんな何か月も待たないといけないの?」
  • 「じれったいな~そんなに待てないよ!」

パパはそう思いますか?

この安定期頃まで報告を待ちたいママの心境として、「初期流産」が関係しているのもあるかと思います。妊娠初期の頃はまだ赤ちゃんが育つ子宮内の環境がしっかりと整えられていません。要は「不安定」なんですね。

この妊娠初期とは15週までの期間の事なのですが、それまでの間に起こる流産の確立は10~15%という事で、全妊娠期間中の約9割という高確率の流産がこの初期の時期に起きています。そう考えると、とっても慎重に過ごさないといけない時期なんですね。

思い返してみてください。

よくメディア等で芸能人が妊娠の発表をしますよね。大体この安定期である妊娠4か月以降に発表されている方が多いのではないでしょうか?

「妊娠確認できました!」と発表する方は少数だと思います。それにはこの「流産の確立が初期は高い」という事が理由に挙げられると思います。

周囲も、あまりにも早い発表だと、「まだ安定期に入ってないから先はどうなるかまだ分からないのに・・」と感じる人もいるかもしれませんね。ここがママが報告を慎重になってしまう理由だと思います。

パパとママで報告する時期などは事前に話し合うべき

ではどうしたら良いうのか??

結論としてはパパとママでしっかりと事前に報告する時期は決めておくのが一番良いと思います。パパが嬉しさのあまりフライングでママより先に周囲に話をしてしまった為に、ママが「もう話したの!?」と不満を露わにする事はよくあります。

しなくて良いケンカは避けたいですよね。2人できちんと意見の擦り合わせをしていれば、こんな事態になる事はありません。

じゃあ、誰にも秘密にするのかと言ったらそうではなくて、自分の両親など近い肉親には妊娠したようです。と安定期に入るまでに報告するのはアリだと思います。

つわりなどで自分がしんどい時などに近い肉親は何かと力になってくれるかもしれませんし、逆に隠していると、

  • 「どうして早く言ってくれなかったの?」
  • 「もっと早く言ってくれていたら色々と手助けできたのに・・」

と逆に不満を言われてしまうなんて事も考えられるからです。

そこで安定期に入るまで周囲には公にしたくない場合は一言言わないで欲しいと伝えればいいかと思います。ご両親だったらちゃんとこちらの意思を尊重して周囲にはきっと黙っていてくれることでしょう。

周囲の人間関係などへのタイミングも難しいかと思います。

ママバレないメンツになら…は要注意

ちなみに、ママは知らないパパだけ付き合いのある人間関係に対しても、ママに言っていいかを聞かずにパパの独断で報告するのはあまり良いとは言えません!

「ママは知らない友人関係だから関係ないのでは??」とパパは思いがちですが、ママは報告に関しては慎重に進めたいというのが本音です。

やはりどんなパターンだとしても、外部の人間に報告する時は二人で話し合うのが間違いがなくていいと思います。

「ここで早々と報告したものの、万が一の確立で流産でもしてしまったら・・。それこそ周囲に余計な心配や気遣いをさせてしまう・・。だったら少しでも安産のリスクがグッと低くなる安定期以降に・・」

そんなママの想いは周囲に対しての気遣いからくる優しさだと言えるでしょう。

正直なところ、いくら安定期を過ぎたからと言って、実際に赤ちゃんをこの手に抱くまではリスクの連続です。やっと安定期を過ぎた~と思っていても次々と新たな不安要素は出てくるものです。

「安定期」とうのはあくまで一つの区切りとして考えたらいいと思います。イメージとしてはとりあえず一つの山を超えた!という感じでしょうか。

どうでしょうか?「早く皆に報告したい!」と浮足立っていたパパ、もう一度冷静にママと一緒に時期についてしっかり話をしてみようという気になれましたか?とっても大切な事なので、お二人でこの機会にしっかり話をしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top