BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。150以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

子供の名付けにママ熱中!パパ無関心、姑は口出し…どうする深まる溝

453

パパ

おふくろもそう言ってるしさ。

ママ

せっかく決めた名前なのに…

妊娠中期に入って、いよいよ子供の性別が判明!!となると次に考えないといけないのが「子供の名前」ですね。

どれくらいの時期でパパは子供の名前を考え始めましたか?どちらかというとママの方が積極的に名前を考えてたという家が多いのではないでしょうか?一生懸命名付け本を読んだり画数を調べたり・・と何かと忙しそうなママに対してパパはタジタジ・・なんて事もよくあります。

「こんな名前どうかな~?」といそいそと本を持ってやってくるママに対して「ああ、そうだなあ・・」と中身のない返事をしてしまい、「ほんとにちゃんと考えてるの!?」と怒られたパパもいるのではないでしょうか?

どうしてママはこんなに必死なの??ママと楽しくどうやったら平和に子供の名付ができるのか・・ここではそんな方法をお伝えします。

Sponsored Links

ママがパパより名付けに必死になるのには理由があった!

パパ、この記事を読んでいただけているという事は、いよいよ子供の名前を決める段階に入ってきたという事でしょうか?

子供の名前を付けるというのは親にとって本当に大きな一大イベント・・又、親から最初にできる「子供へのプレゼント」ではいかと思います。そう考えると親としては素敵な名前を考えてあげたいと思いますね。

とは言っても、日々胎動を感じていて、赤ちゃんの存在を身近に常に感じているママに対して「赤ちゃん」がいるという実感がなかなか湧かないのがパパというものです。こればかりは仕方ないと思います。ママは妊娠した事で色々な変化が起こりますけど、パパは何も変わらないですからね。

ですので、

  • 「どうしてママはあんなに必死に名付けに対して一生懸命なんだろう」
  • 「たくさんあって決められないよ・・よくわかんないし・・」

というパパの率直な気持ちは分かります。

毎日毎日、ママのお腹に話しかけて胎動を一緒に感じて、赤ちゃんと触れ合っているよ!という少数派パパなら違うかもしれませんが・・・。

ママは24時間赤ちゃんと一緒なので、赤ちゃんの事を考える時間というのは自然と多くなって当たり前なのです。お腹もどんどん大きくなって、赤ちゃんの存在感というのは日に日に大きくなっていきますからね。

かと言って、ママに任せてばかりで、パパが名付けに対してあまりにもまかせっきりになってしまうというのはちょっと考え物です。

周囲の期待も背負って・・ママにとって名付けはある意味プレッシャー

ママやパパの一存だけで好きな名前を決める事ができたら・・それは気楽ですよね。でも姑や舅からの「名前の希望」を言われる事が多いのも現実ですね。

  • 「できたらこの漢字を使ってほしい」
  • 「将来はこんな子になって欲しいからこんな名前を・・」
  • 「代々この漢字を引き継いでいるから・・」

赤ちゃんに対して興味を持って熱心に考えてくれるのは嬉しい事です。

でも、中にはあまりに押し付けがましく要望を言ってくる人も。そうなるとママもパパも名付けが難航してしまいますね。

ママと周りの意見が一致した場合だと以外とすんなりと名前が決まる事もありますが、「えっ・・それは・・」と思うような要望だったらどうしますか?

更にママは必死にあれこれ調べて「皆が納得する名前」を考えなくてはならないというプレッシャーを感じてしまいます。ママ一人にこのプレッシャーを背負わせない為にも、パパにママの力になってもらいたいなと思います。

周囲の意見はあくまで参考程度に!パパママ2人の想いを大切に!

ここで大切にして欲しいのは、姑に言われたから・・舅に言われたから・・と言って多少納得しないけど、、と名前を決めるはよくないという事です。

名前は一生ものです!

確かに最初は姑などの希望に沿った名前を付ける事で喜ばれるかもしれません。でも喜んでもらう為だけに自分の意見を押し殺してまでつける必要はないという事です。

ママの中にはどうしても姑・舅の意見に従わないと・・と考えてるママも少なくありません。真面目な性格のママには特に多いと思います。

そんな中、唯一の味方のパパが名付けに対して消極的だったらどうでしょう?

普段からママほどに熱心になれないのは仕方ないとしても、ママからその話が持ち上がった時くらいは一緒に本を開いて考えてみたり、今はネットやスマホなどで姓名判断なども楽しくできます。まずはパパとママでそうした時間を共有する事が大切だと思います。

2人の間でそれなりに候補や使いたい漢字などがある程度決まっていたら、周りからあれこれと言われても、「大体こんなカンジにしようかなと2人で話をしていて・・」とママも安心して言えると思います。

「2人で」とい言える事がママにとって一番の安心にも自信にも繋がるんですね。忘れてはいけないのは、2人の子供だということです。

周囲の言葉はありがたいですが、それはあくまで「参考」であって、「強制」だと思ってはいけません。ここで自分達の意思表示をちゃんとしておかないと、今後何でも言いなりになってしまう事でしょう。

あくまでパパとママ、2人の意見が最重要!後で後悔のないように、ゆっくり時間をかけて是非ママと一緒に楽しく名付けをしてあげて欲しいなと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top