BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。150以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

生後3ヶ月から要チェック!離乳食作りが始まる前に必ず揃えたい便利グッズ

417

ママ

味噌汁のすまし汁は必要ないけど、離乳食作りが始まるまでに道具は用意しなくちゃね。

先輩ママ

100均で揃うようなものばかりだけど、上手く活用して時短に繋げたいわね。

育児中は毎日が慌ただしく、あっという間に過ぎていくもの。まだ先のことだと思っていても、離乳食の開始時期はすぐにやってきます。

ここでは、生後3ヶ月の今のうちからチェックしておきたい離乳食の便利グッズや、必要な調理器具などについてお伝えします。その時になって慌てることがないよう、時間がある時にチェックしてみてください。

Sponsored Links

今からチェックしておきたい初期の離乳食便利グッズ

新米ママにとっては、離乳食もまだ未知の世界。今から離乳食開始に向けて、少しずつ情報収集しておきましょう。

以下に、離乳食作りに役立つ便利グッズをいくつかあげてみます。離乳食を始めるにあたって、これを揃えれば十分とも言えるものですので、ぜひご参考にしてくださいね。

製氷皿

離乳食を始めてすぐは、食べる回数も量も少ないもの。重湯やおかゆを毎回作っていると時間がかかりますし、余ってしまったらもったいないですよね。

そんな時に活躍するのが、製氷皿です。製氷皿は、ひとつのくぼみがだいたい初期の離乳食1回分のちょうどよい量になります。作った離乳食を製氷皿に入れて冷凍し、使う時はひとつずつ解凍するようにします。

製氷皿にもさまざまなものがありますが、できれば蓋が付いているものがオススメです。

おかゆクッカー

赤ちゃんの面倒を見ながら離乳食を作るのであれば、できるだけ手間は省きたいですよね。最近では、電子レンジや炊飯器で利用できるおかゆクッカーが人気を集めています。

レンジに掛けるだけ、あるいは大人用のご飯を炊く時に炊飯器に一緒に入れるだけのおかゆクッカーは、離乳食の時短アイテムです。

シリコン製のヘラやスプーン

柔らかいシリコンでできたヘラやスプーンは、食器に残ってしまう離乳食をキレイにこそげとる時に便利です。残っている汚れが少なければ、洗い物も楽ちん。

シリコンスプーンは口当たりがいいので、赤ちゃんに食べさせる時にもピッタリです。赤ちゃん用には、柄が長く、口に入れる部分が小さいスプーンを選んでみましょう。

小さなすり鉢とすりこぎ

小さなすり鉢とすりこぎは、初期の離乳食の必須アイテム。少量のおかゆや、やわらかく煮た野菜をすりつぶし、ペースト状にするのに役立ちます。

大量に作るのには向きませんが、1食分だけ、その時に食べる分だけ作りたい時に重宝します。

専用の食器やブレンダー、買った方がいい?

赤ちゃん用の可愛らしい食器や、離乳食用の調理セット、そして離乳食だけではなくさまざまな料理にも役立つブレンダーやミキサー。これらは、離乳食を始めるにあたって、買った方がいいかどうか悩むママも多いでしょう。

専用の食器、ブレンダーなどを用意すると、次のようなメリットが得られます。

赤ちゃんの食器

家にある食器でもちろん代用できますが、赤ちゃん専用の食器を使った方が「離乳食らしさ」が出ますし、ママのモチベーションも上がるかもしれません。赤ちゃんの好みの色やキャラクターの食器は、赤ちゃんにとっても離乳食を楽しくする大切な要素です。

また、赤ちゃん専用の食器は取っ手がついていたり、底に吸盤がついていたりして、赤ちゃんが使いやすい工夫がされていますので、ひとつは用意しておくといいかもしれません。

離乳食調理セット

こちらも、なくても何とかなるければ、持っていると便利なグッズ。私はこれを出産祝いでもらったのですが、すり鉢、裏ごし器、果汁絞りなどがセットになっていて、重ねて収納できるのでかさばりませんし、それぞれ使う頻度が高いものなので役に立ちます。

最近では、100円ショップでもこうした調理セットが販売されているようです。調理器具を揃えてスッキリ収納したいママは、用意してみましょう。

ブレンダー、ミキサー、フードプロセッサー

野菜などを細かくしたり、ペースト状にしたりする時は、やはりブレンダーやミキサー、フードプロセッサーが便利。時短にもつながりますし、離乳食以外の用途にも活用できますから、持っていて損はないでしょう。

私はブレンダーとフードプロセッサーを持っていますが、みじん切りやペーストがあっという間にできるので、本当に便利ですよ。離乳食の時期は、ブレンダーで野菜のポタージュやペーストを大量に作って、小分けにして冷凍していました。

また、好き嫌いが多くなる幼児期には、野菜を細かいみじん切りにしてカレーやハンバーグに混ぜたり、ペースト状にしてお菓子作りに使ったりと、いろいろ活用できます。

安いものではないため、購入を迷う人も多いでしょうが、こうした調理器具は離乳食の時期を過ぎても使え、料理の幅も広がりますから、オススメですよ。

いろいろとグッズをあげてみましたが、離乳食の進め方、作り方はひとりひとりのママによって違うもの。

使うつもりで評判の良いものを買ったのに、ほとんど使わなかったなんていうこともありますから、自分に合う作り方や便利な調理方法を模索しながら、必要だと感じたものを購入するとムダがないと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top