BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。100以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

妊娠中の温泉はOK?プレママが温泉に入る時に注意するポイント7つ

妊娠中の温泉はOK?プレママが温泉に入る時に注意するポイント7つ

安定期で体調の良いのうちに楽しみたい、旅行やレジャー。行き先を考えるだけでも、ウキウキした気持ちになってきますよね。

旅行といえば、日頃のストレス解消やリフレッシュに、温泉に入りたいと考えるプレママも多いでしょう。しかし、妊娠中に温泉に入ってもいいの? という疑問も……

以前は「妊婦は禁忌」と言われていた温泉ですが、果たして妊娠中に温泉に入っても大丈夫なのでしょうか?

ここでは、妊娠中の温泉の利用の仕方と、特に気をつけたい注意点をお伝えしましょう。

Sponsored Links
-

「妊婦は禁忌」ではない! でも注意すべきポイントもあります

長らくの間、妊娠は温泉法の中であげられる禁忌症のひとつとされ、妊娠中に温泉に入ることは避けるべきだと言われてきました。

しかし、温泉が妊娠に直接影響を与える医学的な根拠は見つからないとして、2014年にその禁忌症から除外されました。

つまり、自宅で入浴するのと同じように、妊娠中も温泉に入ってもOKなのです。

ただし、妊娠中は体調の変化が起こりやすく、またいつも以上に危険を避ける必要があるため、温泉を利用する際は次の7つのポイントをおさえておきましょう。

1.妊娠初期と臨月は避ける

つわりがあり、体調の変化を感じやすい妊娠初期や、いつ陣痛や破水が起こってもおかしくない臨月は、温泉への入浴は避けましょう。

妊娠初期と臨月の時期には、できるだけ遠出せず、落ち着いた生活をするよう心がけたいですね。

2.単純泉を選ぶ

妊娠中は、皮膚が敏感になることもあります。

硫黄泉やラジウム泉、濃い食塩泉などは、普段入る分には問題ありませんが、妊娠中は肌トラブルを起こす場合もありますので避けた方が無難です。

妊娠中に温泉に入るのであれば、刺激の少ない単純泉をオススメします。

3.転倒には十分に注意する

温泉の場合、泉質の影響で床や浴槽などがツルツルして、非常に滑りやすくなってしまうことがあります。

また、露天風呂などはゴツゴツとした岩場に作られている場合もあり、歩く時によく注意しなければなりません。

お腹が大きくなると足元を確認しにくくなりますし、バランスも上手く取れなくなってきて、とっさの動きに反応できないことも多くなります。

滑って転倒しないよう、温泉内では慎重に行動しましょう。

4.長湯はしない

温泉の熱で末梢血管が広がると、心臓や脳に流れる血液が一時的に不足してしまい、動悸がしたり、意識が遠くなったりします。これが、一般的に言う「のぼせる」という状態。

妊娠中はのぼせやすくなっていますので、いくら楽しみでも、温泉に長時間入らないようにしましょう。

Sponsored Links

5.極端に熱いお湯やぬるすぎるお湯を避ける

42度以上の熱いお湯に急に入ると、血圧が上昇しやすくなります。

また、温度が低めのぬるいお湯でも、長く浸かっていると血圧が下がってめまいや脳貧血といった症状があらわれる可能性があります。

妊娠中は血圧の変動が起こりやすいため、熱いお湯やぬるすぎるお湯は避けましょう。同じように、サウナや水風呂にも入らないよう注意しましょう。

6.感染症に注意する

温泉に入浴することによって、子宮内や膣内に感染症を起こすことはまずありませんが、浴場にある共用のタオルや椅子、脱衣所のマットや衣服置き場などで、ヘルペスウィルスやカンジダ菌、毛じらみ、水虫などに感染することがまれにあるようです。

妊娠後期にヘルペスに感染すると、赤ちゃんが新生児ヘルペスを発症する可能性もあると言われています。清潔な施設を選ぶとともに、共用のものや設備に肌が直接触れないよう注意しましょう。

また、循環式の温泉ではなく、源泉掛け流しの温泉を選ぶことや、できれば貸切風呂などを利用することも心がけたいですね。

7.なるべく誰かと一緒に入る

1人でのんびり温泉に浸かりたい気持ちはわかりますが、妊娠中は何が起こるかわかりません。自分では注意して入浴しているつもりでも、予想以上に体調が変化してしまうことも十分考えられます。

もしもの時のことを考えて、温泉には家族と一緒に入ることをオススメします。貸切風呂、家族風呂なども上手に活用しましょう。

体調と相談しながら無理のない温泉旅行を!

2016-05-28_19h36_47

こうした注意事項を守るとともに、妊娠中に温泉に入る場合は、プレママ自身の体調が万全であることが非常に大切です。

せっかくの温泉旅行、出産後はいつ来られるかわからないからと、多少無理をしてでも行きたいと思ってしまうかもしれませんが、温泉で万が一のことがあっては大変です。

のぼせたり貧血になったりしやすい妊娠中、体調が今ひとつなのに温泉に入って、もしも具合が悪くなって転倒してしまうようなことがあっては、楽しいはずの旅行も台無しですよね。

温泉法での禁忌症から妊娠が除外されたとはいえ、妊婦さんが温泉に入るよう積極的にすすめられているわけではありません。

温泉を利用する場合には、自分の体調をよく見極め、安全に入浴できるようにすることが大切です。できれば、かかりつけの産婦人科医に相談してから出かけると安心ですね。

Return Top