BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。100以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

求めすぎでパパが崩壊?イクメンのハードルの上げすぎに注意

251

イクメンという言葉が流行し出して数年、子育てを中心となって担う若いパパや、ママに率先して協力するパパが増えてきましたね。

その一方で、仕事も家事も育児もと、求められる役割が増えすぎて、負担が大きいと感じているパパも少なくありません。最近では、男性の産後うつともいわれる「パタニティブルー」に悩むパパもいるようです。

イクメンも、負担が大きすぎると心や体のバランスを崩すことがあるのです。

Sponsored Links

産後、心身の変化を感じるのはママだけではない

女性は、妊娠、出産による自分の体の変化と、それにともなうホルモンバランスの乱れによる心の変化を感じるものですが、体には何ら変化がないはずの男性も、出産後にうつ状態になることがあると言われています。

子供ができることによって、生活スタイルが一変し、妻の関心や愛情は自分よりも子供に注がれます。

  • 仕事をして帰宅したら、家ではのんびり休みたいのに、子供が泣いていて休めない。夫婦の時間は減り、妻はいつもイライラしている。
  • 妻の負担を減らそうと、仕事を早く切り上げて帰ろうとすると、上司や同僚から白い目で見られる。
  • 家事や育児を手伝ったつもりでも「やり方が違う!」と言われて、感謝すらされない。

こうした状況に心がついていかないため、睡眠障害、孤独感、無力感などに苛まれたり、頭痛、肩こり、胃痛などの身体的症状に悩まされたりするパパもいるのです。

パパは悩みを1人で抱え込んでしまう

男性は、精神的な悩みを抱えていても、なかなか周りに相談しようとしません。

男性にとって、自分の悩みを相談することは、弱みを見せること。カッコ悪い、嫌われたくない、頼りないと思われてしまう、などと考えてしまうのです。

Sponsored Links

まして、出産と育児で肉体的にも精神的にも疲れきっているママに、自分が悩んでいることが知られたら、

  • 「このくらいで何言ってるの?」
  • 「私はもっと大変なんだから!」

と言われてしまうかもしれない…そう思うと、自分の心の葛藤を打ち明けることができないのです。

また、産後のママは自分と赤ちゃんのことで精一杯。パパがこんなふうに悩んでいても、なかなか気がつくことができず、お互いに悩みやイライラを抱えたまますれ違ってしまうこともあります。

求めすぎず、夫婦間のコミュニケーションを深めて

最近は、イクメンという言葉がひとり歩きしすぎて、パパに求められる負担が大きくなりすぎる傾向があります。

イクメンはスーパーマンではありません。外で仕事をしている上に、家事や育児に一定以上のレベルを求められ、それができなければママに文句を言われてしまう…、そんな生活が続けば、パパだってどこかでパンクしてしまいますね。

家事も育児も、夫婦二人で担っていくもの。しかし、どちらか一方の負担だけが大きくなれば、夫婦関係のバランスも崩れやすくなります。夫婦でしっかりと話し合い、パパがどこまで家事や育児を負担できるのかを明確にしておきましょう。あれもこれもと、求めすぎないことも大切です。

そして、パパが家事、育児を負担してくれた時には「いつもありがとう」と、感謝の気持ちを言葉にして伝えましょう。

  • 「ありがとう」は、言われた方も言った方も、不思議と心のわだかまりが解け、気持ちが晴れやかになる魔法の言葉。
  • 「ありがとう」と言われれば、パパが感じている孤独感や無力感も解消されやすくなり、夫婦関係はぐっと良くなるはずです。

パパに負担をかけすぎずにイクメンになってもらいたいと願うママは、「ありがとう」と伝えることを忘れないようにしましょう。

Return Top