BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。100以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

乳腺炎を防いで赤ちゃんグッスリ!上手に授乳するための6つのコツ

199

  • 授乳しても、赤ちゃんが泣いて眠ってくれない…
  • 赤ちゃんがすぐに目を覚まして、授乳間隔があかない…

初めての出産、そして授乳には悩みがつきものですよね。

一般的に、赤ちゃんが生後2~3か月になると母乳の分泌量が増えると言われていますし、赤ちゃんも体力がついてくるため、一度にたくさんの母乳を飲めるようになりますから、そうした悩みは自然に解決していくと考えられます。

しかし、なかなか上手に授乳ができず、乳腺炎にかかったり、いくら授乳しても赤ちゃんが泣いて眠ってくれず、授乳自体を苦痛に感じてしまうママも多いことでしょう。

ここでは、乳腺炎を防ぎ、赤ちゃんも満足して眠りやすくなる、上手な授乳のコツを6つお伝えします。なかなか上手く授乳ができないと悩んでいるママは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

乳腺炎を防いで、赤ちゃんもグッスリ! 覚えておきたい授乳のコツ

質のいい母乳をたくさん出し、赤ちゃんにたっぷり飲んでもらうことは、同時にママの乳腺炎を予防する上でも大切になってきます。

母乳の分泌量や、乳腺のつまりやすさなどは個人差があるため、ここでご紹介する方法がすべてのママにピッタリだとは限りません。赤ちゃんとママに合わせて、無理のない範囲で試してみましょう。

1.疲れとストレスをためない

上手な授乳のためには、まず母乳を出しやすくすることが大切です。

疲れたりストレスがたまったりすると母乳が出にくくなるという話はよく知られていますよね。それは、母乳を出すためのホルモンの分泌とストレスが関わっているためなのです。

母乳が出づらい体にしないために気をつけること1
母乳を運ぶホルモンであるオキシトシンは、赤ちゃんの泣き声を聞いたり、授乳しようと抱っこしたりするだけで反応し、乳房にたまっている母乳を出すはたらきをします。

しかし、ストレスがたまるとオキシトシンが分泌されにくくなるため、母乳が出にくくなってしまいます。ママは、普段からストレスをためないようにすることが大切です。

母乳が出づらい体にしないために気をつけること2
また、疲れがたまっている時も母乳の出が悪くなります。産後疲れや寝不足、慣れない育児のストレスなども大きいとは思いますが、休める時にしっかり休み、疲れとストレスをなるべくためないようにしましょう。

2.体をあたためる

体が冷えていると全身の血流が悪くなります。

血液から作られる母乳にとって、冷えは大敵。冷え性のママは、特に意識して体をあたためることが大切です。入浴はシャワーだけで済まさず、しっかり湯船につかってあたたまりましょう。その時に、乳房や乳頭をマッサージするとより効果的です。

お風呂でのマッサージは、血行をよくするだけでなく、

  • 母乳の出口が開き、母乳を出しやすくなる
  • 乳腺のつまりやしこりを予防・改善する
  • 乳頭がやわらかくなり、赤ちゃんがくわえやすくする

といった効果が期待できます。

より多くの母乳を出すコツ
また、授乳をする前は胸、特に乳房の上部をあたためるようにしましょう。蒸しタオルなどを当てて、乳房付近の血行をよくしておくと、赤ちゃんが飲んだ時にスムーズに母乳が出るようになります。

3.「浅飲み」をさせない

赤ちゃんがママの乳頭を深くくわえることができないまま母乳を飲む、いわゆる「浅飲み」になっていると、乳頭に傷がつきやすくなります。

乳頭に傷があると、痛みのために十分な授乳ができません。そうすると、作られた母乳がしっかり排出されないため、乳腺炎を引き起こす原因になってしまいます。

悪循環にはまらない注意ポイント
また、浅飲みの場合は、赤ちゃんが乳頭を吸う刺激がママの脳にうまく伝わらず、プロラクチンやオキシトシンという母乳を作り、運ぶホルモンが出にくくなるため、母乳の量にも影響してしまいます。

Sponsored Links

浅飲みの赤ちゃんは、吸っても吸っても母乳が出てこないために、ますます力を入れて乳頭を吸ったり、時には噛んだりしてしまうため、傷が深くなってますます授乳が困難になる、という悪循環にもなりかねません。そして、頑張って母乳を吸っても満足いく量が飲めないため、すぐに目を覚ましたり泣いたりしてしまうのです。

低月齢期は特に注意
月齢が低い赤ちゃんは、特に浅飲みになりやすいので注意が必要です。

母乳を飲ませる時は、ママが怖がらず、赤ちゃんに乳輪までしっかりと深くくわえさせましょう。赤ちゃんの口がアヒルのようになっていれば、正しく授乳ができています。

また、乳頭が固く、伸びが悪いと赤ちゃんは上手く吸い付けません。上記のお風呂でのマッサージを行って、やわらかくしておきましょう。

4.授乳の途中でゲップをさせる

赤ちゃんの月齢が低い場合は、お腹が空いていて一生懸命母乳を飲むあまり、途中で疲れてしまったり、お腹に空気がたまって苦しくなったりして、飲むのをやめることがあります。そうすると、一度で十分な量の母乳が飲めず、頻繁に泣いて母乳を求めてしまいます。

赤ちゃんが本当にお腹いっぱいになる量の母乳を飲ませるためには、授乳の途中で一度ゲップをさせることも必要です。ゲップをすることで赤ちゃんが落ち着き、ふたたび授乳ができるようになると、赤ちゃんもたくさん母乳を飲めるので、満足してくれるようになります。

5.乳腺や赤ちゃんに影響する食べ物を避ける

母乳はママの血液から作られますから、食べ物にも気をつけなければなりません。

授乳中は、脂っぽいものや甘いものをなるべく避けるようにと言われますが、それは乳腺がつまりやすくなり、乳腺炎を引き起こす原因になるからだけでなく、母乳の味や質にも影響し、飲んだ赤ちゃんがぐずりやすくなってしまうからなのです。

食べ過ぎると怖い野菜に注意
体によさそうな野菜や果物でも、多量に食べない方がいいものもあります。

たとえば、玉ねぎは血液をサラサラにする効果もありますが、ママが生で食べ過ぎると赤ちゃんのお腹にガスがたまりやすくなるとも言われていますし、トマトは体を冷やす作用もありますから、食べ過ぎはよくありません。

果物やフルーツジュースは糖分が多いので、あまり食べると母乳の味や質が悪くなるとも言われます。
母乳の味が変わると、赤ちゃんが泣いたり怒ったりすることが多くなりますから、こうした食べ物にも気をつけてみましょう。

6.なるべく後乳を飲ませる

母乳は、赤ちゃんの飲み始めと飲み終わりで成分が違ってくる、という説があります。

最初の方に出る母乳は「前乳」と言われ、水分が多くて脂質が少ないもの、長く飲ませていると出る母乳は「後乳」と言われ、量は少ないものの、脂質が多くて腹持ちがよいと言われています。

赤ちゃんは、前乳を飲み過ぎると不機嫌になってしまうため、赤ちゃんの腹持ちをよくし、長く寝てもらうためには、この「後乳」を飲ませるようにすることがいいそうです。

後乳を意識しすぎて乳腺炎に!?
ただし、後乳が出るまでには時間がかかるので、片方の乳房を20~30分吸わせなければなりません。
そうなると、ママも苦痛を感じてしまうでしょうし、吸わせすぎで乳頭に傷がついてしまうこともあります。

また、後乳を飲ませるには片方の母乳が空になるまで吸わせることが必要になってくるため、両方の乳房をバランスよく吸ってもらうことができず、かえってつまりやしこり、乳腺炎というトラブルを招く可能性も考えられます。

そのため、もしこの後乳を飲ませる授乳をする場合は、

  • 授乳前に搾乳し、前乳の量を減らしておく
  • 片方だけで授乳が終わってしまった場合は、もう一方を楽になる程度に搾乳する

といった工夫も、合わせて必要になってきます。自分の乳房の状態と赤ちゃんの機嫌を見ながら、無理のない範囲でチャレンジしてみましょう。

赤ちゃんが長く眠ってくれるように授乳することは、同時に乳腺炎を予防にもつながります。ただ、ママの母乳の出や、赤ちゃんの飲み方、飲める量などには個人差がありますから、こうしたコツを参考に、少しでも赤ちゃんとママが楽になる上手な授乳の方法を、自分なりに探ってみてくださいね。

Return Top