BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。100以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

パパ必見!一瞬でママの表情をパァッと輝かせる一言

197

家事の中でママが一番悩むことって、何でしょうか?
私の場合は「夕飯のメニューを決めること」です。

栄養バランスや彩りを考えて、冷蔵庫の中身と相談しながらパパや子供の喜ぶものを作るのは、なかなか難しいですよね。しかも、毎日違うものを作らなければならないとなると、迷って迷ってなかなか決まらず、だんだん料理すること自体が億劫になる、ということもしばしば。

そんな私のモチベーションを維持しているのは、やはりパパや子供からの「美味しい!」という言葉です。

Sponsored Links

パパはなぜ「美味しい」と言ってくれないの?

毎日工夫してご飯を作っていても、パパから「美味しい」と言われることがない、というママも多いようですね。

たとえば、外食していても、ママ友同士なら

  • 「このケーキかわいい!」
  • 「これ美味しい~!」

などと言い合いますよね。そうやって、きゃあきゃあ言いながら食べるのも、また楽しみだったりするでしょう。

しかし、パパはなかなか「美味しい」とは言いません。

男性は、もともと感情表現が苦手です。男の子は、小さい頃から「我慢しなさい」「泣くな!」などと言われることが多いため、女性よりも自分の感情を抑圧する傾向が強いと言えます。ですから、「きれい」「可愛い」「美味しい」などという感想を、あまり口に出さないのです。

何も言わないということは、美味しいということ?

うちの夫も、私の料理にたいしてあまり「美味しい」とは言いません。

それは決して私の料理がマズイということではなく(本当です)、夫曰く、
「何も言わないってことは、美味しいってこと」
なのだそうです。

Sponsored Links

きっと、同じように考えているパパは多いでしょう。

また、パパにとってママが料理をするのは「当たり前」となっている部分があります。

付き合い始めの頃を思い出してみましょう。ママの手料理を初めて食べた時は、きっとパパも「美味しい」と言ったはずですよね。

しかし、年月がたち、付き合いが長くなるにつれて、ママがご飯を作るのが当たり前になり、「美味しい」と言ったり、感謝したりすることを忘れてしまったのではないでしょうか?

ママは「美味しい」の一言を待っている

料理やお菓子を作った時、ママは何を思い浮かべるかというと、食べてくれるパパや子供の笑顔です。

毎日献立を考え、手間ひまかけてご飯を作るのは、他でもない家族のためです。パパからしてみれば、ママがご飯を作るのは当たり前のことかもしれませんが、その当たり前のことにもママの苦労と愛情がつまっているのです。

そして、ママは当たり前のことこそ「褒められたい」と思っています。

家事というのは、他人から褒められたり認められたりすることがあまりありません。ですから、手の込んだ料理を作っても誰も何も言ってくれなければ、だんだんやる気がなくなっていきます。パパだって、自分が頑張って成し遂げた仕事を誰にも認められなかったら、やっぱり悔しいし、モチベーションが下がりますよね。

掃除などと違って、料理は見た目も味もハッキリわかりますから、家事の中でも褒めやすい部分です。

料理を褒められるとママは本当に嬉しいものですし、

  • 「また作ろう」
  • 「今度はもっと工夫してみよう」

と、モチベーションもアップします。

黙って食べているだけでは伝わりません。ママのモチベーションを維持するためにも、ぜひ言葉に出して「美味しい」と言ってあげてください。

Return Top