BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。100以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

泣いている赤ちゃんについカッとしたら…手を上げてしまう前に試したい心を落ち着ける6つの方法

196

赤ちゃんが何をしても泣き止まない、寝てくれない…

そんな時、ついカッとしてしまったり、イライラを抑えきれなくなってしまったりすることもありますよね。ママは聖人君子ではありません。時には怒りの感情を爆発させてしまいそうな時だってあるでしょう。

私も、息子の夜泣きがひどい時には
「もう、どうして寝ないの?!」
と怒鳴ってしまったり、乱暴に抱き上げて、背中をいつもより強めに叩いてしまったことがあります。

寝不足でフラフラな時などは、自分ではどうしようもないほど感情をコントロールできなくなってしまうのです。小さな子供に対してそんな態度を取ってしまった後は、本当に申し訳なく、泣きながら謝ったことも何度もありました。

赤ちゃん相手にカッとなって、叩いたり暴言を吐いたりするようなことは、絶対に避けたいもの。取り返しの付かないことになる前に、心を落ち着ける方法を覚えておきましょう。

Sponsored Links

ママの心を落ち着ける方法

赤ちゃんに対してついカッとなってしまったら、次のようなことを試してみましょう。

1.ふーっと息を吐ききる

イライラしている時は交感神経が優位になって、呼吸も早く、浅くなります。
意識して息をゆっくりと吐くことで、副交感神経を刺激して気持ちを落ち着かせましょう。

2.6までゆっくり数える

カッとなった時に有効なのが、心の中で数をかぞえる方法です。

人の怒りは、持続しても6秒程度しかもたない、という説があります。6秒間待つことで、自分の感情がコントロールしやすくなり、赤ちゃんに怒鳴ったりしてしまうことを回避できるでしょう。

Sponsored Links

3.「私は今イライラしている」と心の中で繰り返す

赤ちゃんに対して「怒ってはいけない」「イライラしてはいけない」と思うと、余計に苦しくなってしまいます。

怒りの感情を持つことは、誰にでもあることですから、まずは自分が怒っていることを自覚し、怒っている自分をありのままに受け入れましょう。そうすることで気持ちが落ち着き、怒りを鎮めやすくなります。

4.水を飲む

気持ちを切り替える時に有効なのが、水を飲むという行動です。

水を飲む行動には鎮静効果があり、ストレスを軽減する作用があると言われています。カッとなったらコップ一杯の水を飲むようにすると、水と一緒に怒りも飲み込むことができるかもしれませんね。

5.鏡を見る

怒っている時に鏡を見ると、興奮した自分の顔が目に入ります。

眉間にしわが寄って、口はへの字になって、鼻が膨らんで…、決して「いい顔」とは言えません。これでは赤ちゃんもママの顔を見て泣いてしまうでしょう。そんな自分の顔を客観的に見ると、ハッとして怒りも鎮まることでしょう。

6.赤ちゃんから離れる

どうしてもイライラが収まらない時は、赤ちゃんの身の回りから危険なものを取り除いた上で、別室に移動しましょう。

少しくらいなら、赤ちゃんを泣かせていても大丈夫。短い時間でも、赤ちゃんと離れて一人になることで、冷静さを取り戻すことができます。

感情的になってしまったら、赤ちゃんにも「ごめんね」を

もしも怒りが抑えられず、大きな声を出したり、乱暴に抱っこしたりしてしまった時は、必ず赤ちゃんに謝りましょう。

小さくても、ママが感情に任せて怒った時は、赤ちゃんも恐怖を感じます。イライラして怖い顔を見せてしまったら、その後で赤ちゃんをいっぱい抱きしめて、笑顔をみせてあげてくださいね。

Return Top