BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。150以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

生後3ヶ月の服装|春の服装を効率よく乗り切るポイント

生後3ヶ月の服装|春の服装を効率よく乗り切るポイント

寒い冬から暖かい春へと季節が変わると、心もウキウキ。赤ちゃんにもかわいい服をたくさん着せてあげたくなりますよね。

しかし、春とはいっても朝晩の冷え込みはまだまだ続いていますし、三寒四温と言う通り、ポカポカ陽気の日もあれば寒の戻りがやってきたりと、天候は不安定なことも多い季節です。

春に生後3ヶ月を迎える赤ちゃんは、どんな服装で過ごしたらいいのでしょうか?

赤ちゃんの春の服の選び方や必要なアイテム、できるだけ最低限のアイテムを活用してできるコーディネートを、ご一緒に考えてみましょう。


生後3ヶ月の赤ちゃんにピッタリの春のコーディネート

春に赤ちゃんに着せる服は、気温の変化に柔軟に対応できるものが望ましいでしょう。厚着だった冬よりも1枚少なく、そして素材もやや薄手のものに代えてあげると良いかもしれません。

生後3ヶ月の赤ちゃんが春を迎える時に持っていたい必要アイテムは、だいたい次の通りです。

  • 肌着類(短肌着、長肌着、コンビ肌着、ボディ肌着など)…合わせて6~8枚
  • カバーオール、ツーウェイオールなどのウェア…4~5枚
  • ベスト、カーディガン…1枚
  • 靴下…3~5枚
  • 必要であれば薄手のアウター…1枚
  • 帽子、おくるみorアフガン、レッグウォーマーなどの小物類

室内ではまだ暖房を入れることもありますので、基本的には肌着+ウェアの組み合わせでOKです。

外出する際には、気温に合わせて衣服を調節できるように、カーディガンやベスト、アフガンやおくるみなどを防寒用として携帯しましょう。

アウターの必要性は地域によって違ってくると考えられますが、寒冷地に住んでいる赤ちゃんの場合は、薄手のアウターが1枚あると春のお出かけに便利です。

室内で過ごす時の服装

室内で過ごす時は、

  • 長袖のボディ肌着+カバーオール
  • 長袖のコンビ肌着+ツーウェイオール

といったように、肌着とウェアの2枚の組み合わせを基本として考えます。

生後3ヶ月でも短肌着や長肌着をまだ着られる場合は、もちろん活用して構いません。むしろ、肌寒い日には短肌着や長肌着を着せてからコンビ肌着、ウェアを組み合わせると安心です。

肌寒い日は厚手で裾丈が眺めの肌着にしたり、短肌着の上にコンビ肌着を重ねたりして、赤ちゃんが寒くないようにしてあげましょう。

短肌着を着せる時はできるだけお腹が冷えないようにし、長肌着を着せる時は脚の動きのじゃまにならないかをチェックしてださいね。

また、ポカポカ陽気で気温が高い日は足の出るボディ肌着にする、ウェアもやや薄手のものにするなどして調節してあげると快適に過ごせるでしょう。

新生児肌着 ベビー用肌着 コンビ肌着 赤ちゃん 新生児 カバーオール 長袖 ベビー服 出産祝い イエロー サイズ66


気温が高くなってくると、汗をかきやすくなります。また室内で暖房を入れていると室温が上がりやすいため、汗っかきな赤ちゃんのために肌着は吸水性、吸湿性に優れたものを選んであげてください。

お出かけ時の服装

春のお出かけで注意したいのは、気温の変動にしっかり対応すること。

日中と朝晩の気温差が大きくなる季節ですし、気温が高くても風が強く吹いて肌寒さを感じることもあります。体温調節がまだ苦手に赤ちゃんのために、防寒対策グッズをしっかり準備しましょう。

お出かけの時の基本的な服装は、室内で過ごす時と同じように肌着+ウェアの組み合わせでOK。

  • 暖かい日 → ボディ肌着+カバーオール
  • 肌寒い日 → 短肌着+コンビ肌着+ツーウェイオール

といったように、その季の天気や気温で何をどれくらい着せるのかを判断すると良いですね。


TopCotton ベビー服 女の子 春 花柄プリント ツーウェイオール ふんわり柔らかい 子供服 出産祝い 50-70CM(0-6ヶ月)

特に冷え込む日などは、薄手のアウター、ニット帽、レッグウォーマー、おくるみなどを荷物に入れておき、気温の変化に備えましょう。

また、カーディガンやベストなど脱ぎ着させやすいアイテムを活用するのも良い方法。春物のカーディガン、ベストは、今購入しても秋口にまた着せることができますので、コスパ的にも優秀ですよ。

アンナニコラ 水玉 パイル ベスト 60~70cm オフグリーン 8144 A18 日本製

晴れていて日中の気温が上昇し、20度を超えるような日には薄着でのお出かけでも構いませんが、紫外線対策も必要になります。この時期からは、つばのある帽子も用意しておくと安心です。

新生児用の帽子ではやや小さいという場合は、夏から秋にかけての紫外線対策にも使えるものを1つ購入しておいても良さそうです。

気温の変化には要注意!ポカポカ陽気にも肌寒さにも臨機応変に対応を

秋と同様に、日中と朝晩の気温差が大きく、日によって天気も気温も変動しやすい春は、日によって赤ちゃんの服装を調節するのがポイントです。

その日の天気予報をしっかりチェックして、適切な肌着とウェアを組み合わせてあげましょう。

お出かけの際は、薄手のアウター、カーディガン、ベスト、あるいは帽子やアフガンといったアイテムも活用し、肌寒さと紫外線への対策を万全にしてくださいね。

Return Top