BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。150以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

生後3ヶ月の服装|冷え込む秋の服装を効率よく乗り切ろう

生後3ヶ月の服装|冷え込む秋の服装を効率よく乗り切ろう

小さな赤ちゃんの服選びは、なかなか悩ましいもの。

特に、朝晩の気温差が大きく、肌寒さが日に日に増しながらも急に気温が上がる日もある秋は、赤ちゃんの洋服選びに毎日迷ってしまうのではないでしょうか。

そこで今回は、秋に生後3ヶ月を迎える赤ちゃんのコーディネートの工夫についてお伝えします。

あまりお金をかけず、手持ちの服や最低限のアイテムで効率よく着回しできるテクニックをご紹介しますので、ご参考にしてくださいね。


生後3ヶ月の赤ちゃんにピッタリの秋のコーディネート

肌着1枚でも過ごせていた夏が終わると、朝晩はひんやり、でも日中は汗ばむくらいの陽気、という寒暖の差が大きい秋がやってきます。

コーディネートも悩ましい時期ですが、薄着で過ごしたり、逆に着せすぎたりして赤ちゃんが体調を崩さないように気をつけてあげたいですよね。

生後3ヶ月の赤ちゃんが秋を過ごすにあたって必要なアイテムは、おおむね次のようなものです。

  • 肌着類(短肌着、長肌着、ボディ肌着など)…合わせて6~8枚
  • カバーオール、ツーウェイオールなどのウェア…4~5枚
  • ベスト、カーディガン…1枚
  • 靴下…3~5枚
  • その他、帽子やおくるみなどの小物類

これらを上手に組み合わせて、秋も快適に過ごせるコーディネートを考えていきましょう。

室内で過ごす時の服装

お出かけをせず、室内で過ごす場合は、

  • ボディ肌着+カバーオール
  • コンビ肌着+ツーウェイオール

など、肌着とウェアの組み合わせを基本として考えましょう。

生後3ヶ月なら、新たに肌着などを購入しなくても、新生児から着ている短肌着や長肌着を上手に活用することもできます。

まだ足の動きが激しくならないうちは、ボディ肌着の代わりに短肌着、長肌着を組み合わせて着せても良いでしょう。

足をバタバタさせるなど動きが活発になってきた赤ちゃんには、お腹が出ないようにつなぎになっているボディ肌着、コンビ肌着の方がおすすめです。

首がすわる前は前開きタイプが着せやすいですが、首がすわってからは肩あきタイプを着せることもできます。

ボーイズベビー[Baby’s Dream]男の子用|綿100%長袖肌着カバーオール|肌着シャツ|ボディスーツ|ロンパース2枚セット|暖かやわらか素材 70cm 80cm

秋とはいえ日中は気温が高い日もありますし、赤ちゃんは汗っかきですから、肌着はそれほど厚手のものではなくてもOK。

吸水性のよいさらっとした綿のものがオススメです。

肌着の上には、カバーオールやツーウェイオールなどのウェアを着せます。

気温の高い日は薄手の肌着と足の出るカバーオール、肌寒い日は半袖のコンビ肌着と足が隠れる丈のカバーオールまたはツーウェイオールといったように、その日の気候に合わせて組み合わせを変えていきましょう。


また、特に冷え込む時などは、短肌着にコンビ肌着を重ね着した上に、長袖のウェアを着るなどの工夫もしてみましょう。

TopCotton ベビー服 ツーウェイオール 新生児 カバーオール 出産祝い 100% 綿 50~70cm(0~6ヶ月)

お出かけ時の服装

お出かけをする時も、室内でのコーディネートと同様に、

  • ボディ肌着+カバーオール
  • コンビ肌着+ツーウェイオール

といった組み合わせが基本になります。

買い物やランチなどのカジュアルなお出かけなら、特別に外出用の服を用意する必要はありません。室内で過ごす時と同じカバーオール、ツーウェイオールなどを着せてあげましょう。

支援センターやママ友のお宅へお邪魔するなど、遊びがメインのお出かけには、赤ちゃんも動きやすいように、足の動きを妨げないボディ肌着とカバーオールの組み合わせがオススメです。

そして、秋のお出かけで備えておきたいのは、急な暑さや肌寒さへの対策です。ベストやカーディガンなど、脱ぎ着させやすく、体温調節にも役立つアイテムを用意しておくと安心でしょう。

ベストやカーディガンは、多少大きめを買っても1歳前後まで活用できますので、できれば1枚は持っておきたいアイテムです。


Anna Nicola(アンナニコラ) パイルカーディガンA (60-70cm, アイボリー)

また、帽子や靴下などの小物も上手に使いたいもの。

日差しの強い時は通気性の良い綿の帽子や薄手の靴下、寒さが増してきたらニットの帽子や厚手の靴下、あるいはレッグウォーマーなどをプラスしてみましょう。

PRISTINE BABY[プリスティンベビー] くまレッグウォーマー オーガニックコットン 日本製

また、生後3ヶ月ならアフガン、おくるみなどもまだまだ活用できますので、外出の際は持ち歩くようにしたいですね。

秋は重ね着や寒暖の差をカバーする小物アイテムを上手に活用

寒暖の差が大きい秋は、急な暑さや冷え込みが心配ですよね。

生後3ヶ月の赤ちゃんの基本的な服装は、室内外を問わず肌着+ウェアの組み合わせですが、体温調節がまだ上手ではない赤ちゃんのために、

  • 肌寒い時は肌着類を重ねて着せる
  • 外出時はベスト、カーディガンなど脱ぎ着できる服をプラス
  • 帽子、靴下、レッグウォーマーなどの小物で寒暖の差をカバー

というポイントを意識してみましょう。

毎日の服装のポイントなどをしっかりおさえて、快適な秋を過ごせるようにしていきたいですね。

Return Top