BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。150以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

暇を持て余す主婦はもう終わりにして「自分の人生に役立つこと」にチャレンジ!

暇を持て余す主婦はもう終わりにして「自分の人生に役立つこと」にチャレンジ!

「仕事は?」と聞かれた時に「主婦」と答えると、「楽でいい」「自由な時間がたくさんある」と言われたことがありませんか? バカにされたり、見下されているように感じて悔しいけれど、本音をいえば確かに時間はあるし、退屈と感じることも確か。

そんな複雑な悩みを、簡単かつポジティブに解決できると最高ですよね。解決策のひとつ「資格取得」という方法を紹介します。

主婦の悩み


共働き世帯が増えているといわれていますが、専業主婦だったり、結婚・出産を機に退職したり、育休中だったりして、主婦と言われる立場の人も多くいます。

そんな主婦には「暇」という悩みがあるのをご存知でしょうか。「暇なんてうらやましい!」と叫びたくなる人もいるでしょう。しかし、この悩みにはかなり深刻で複雑な感情が込められています。

主婦の複雑な本音

家にいる主婦は、楽で自由で楽しいのでしょうか? いいえ。実際は全く違うものです。

  • 家事や育児など、やることはたくさんあるけれど、退屈
  • 「暇だろ?」と夫に言われる(見下されている)
  • 「暇でいいわねぇ」と働くママにバカにされる
  • 自分が社会から取り残されている不安がぬぐえない

家族を支え、家を維持する柱のひとつが主婦のはずなのに、何の能力もない暇で楽をしている人という扱いをされている現実があります。

見下されるのは悔しいですし、周囲の人の目も変えたい! でも、強く反論する根拠を持たないのも事実。こんなモヤモヤとした気持ちと居心地の悪い環境から抜け出したい!主婦が抱える悩みは複雑です。

主婦は時間の使い方が分からなくなる

家にいると時間があるのは確かです。しかし、この時間がクセモノです。

  • 主婦は家族の都合を優先しがち
  • 主婦が使えるお金と時間は限定されている
  • 外へ出て自由に行動するのは難しい
  • 自分一人で何をすればいいのか分からない
  • ダラダラするのは自分が悪い、と自己嫌悪に陥る

主婦が暇といっても、毎日、決まったようにまとまった空き時間がある訳ではありません。主婦が持つ時間は、小間切れで、いつ横槍が入るか分からない不安定な時間であり、予定を立てたり活用しにくい時間なのです。

さらに、使えるお金が限られており、子どもや夫の予定を優先しないといけない空気に縛られているのも主婦の特徴です。

こうした分かりにくい縛りがあると、時間をどう使えばいいのか分からなくなります。だから「暇ではないけれど、時間はあって、退屈」というモヤモヤ感がぬぐえないのです。

評価されない人生

私は正社員でフルタイム勤務をしていました。職場では同僚と議論したり、上司に指導されたり、失敗を指摘されたり、成功をみんなで祝ったり、営業で顧客から感謝されたり、失敗して凹んだり……。

とにかく刺激が多く「私、成長している!」「まだまだね」と感じることが毎日のようにありました。しかし、産休・育休になった途端、家でただひとり、意思疎通が難しい赤ちゃんに振り回されて時間が過ぎていきます。

今日一日なにをしたのか。どんな成果があったのか。失敗したのか、成功だったのか。全く実感を得られないまま、赤ちゃんを中心にした時間だけがどんどん過ぎていく。

誰にも評価されず、充実感も得られず、でも自分のことを自分で奮い立たせていかないといけない。そんな地味にハードな主婦という状況に陥ったのです。

成果が目に見えない家事や育児という仕事を毎日こなしているのに「お前は暇でいいよな」「時間があっていいわね」と言われたら、怒り心頭! です。

でも相手を納得させられるだけの反論材料がない悔しさに歯噛みする現実。そんな辛さを主婦は抱えていると思います。

主婦に都合のいい解決策


五里霧中というような状況の主婦ですが、状況打破のポイントはなにか。解決策に繋がる問題点を考えてみましょう。

悩み解決のポイントは2つ!

主婦の悩みをまとめると「他人からの評価」と「自分の心の問題」ふたつの悩みになると思います。この2つを同時に解決できる策が欲しいですよね。

  • 分かりやすく人にアピールできる解決策
  • 頑張っている! と自分で納得し実感できる要素

この2つの要素を持ち、さらに「自分の人生に役立つこと」という付加価値がつくと最高です。

そんな都合のいい解決策があるのか? と疑問に思うかもしれませんが、あるんです! それは「通信教育で資格を取得すること」だと私は思いました。

通信教育を活用して資格を取得しよう

いまさら勉強?! と思うかもしれませんが、通信教育の資格取得にチャレンジすれば悩みが全て解決されます。

「勉強」にはプラスのイメージがあります。「頑張っているのね!」という他者からの評価を受けやすく、さらに自分自身も充実感が得られ、知識という自信と武器が手に入ります。

しかも、やらされている感はなく、自分で選んだ勉強をやる。これなら続けられると思いませんか?

資格の通信教育のメリット

勉強が苦手な人でもやる気があるなら大丈夫! そう言い切れる通信教育には次のようなメリットがあります。

  • 勉強に必要なテキストは全部揃っている
  • 勉強のやり方、学習の進め方から指導してもらえる
  • 分からないところは質問・相談ができる
  • 添削サービスがあるので、理解度をチェックできる
  • 全てのサービスを自宅で、自分の都合で受けられる

ネットを検索して膨大な量の情報から正確な情報を探し出して覚える手間が要りませんし、本屋で選んだテキストを使って独学で勉強するのとも違います。通信教育を利用すると、知識がなくても効率よく確実に勉強できるメリットがあります。

受講する講座によっては修了すると「修了証書」がもらえたり、修了と同時に「資格」が付与されたりして、学んだ証拠が残り、かつ第三者が自分の努力を評価してくれるのも嬉しいですね。

資格は自分の知識を他人に伝える便利なツール

ところで、資格というとどんなイメージがあるでしょうか? よく「使わないと意味がないもの」「持っているだけじゃ、何の役にも立たないもの」と笑う人がいます。

もしお金を稼ぐことだけを重視したらそうかもしれません。しかし、資格は「私にはこういう知識がありますよ」と他人に伝える便利なツールです。

  • (1)簿記やPCの使い方に関するテキストを本屋で買って勉強した
  • (2)簿記2級、日商PC検定1級の資格を持っている
  • (1)と(2)を比べると(2)の方が持っている知識を相手に正確に伝えられますよね。

子どもが小さいうちは外出する機会も限られ、交流範囲も限定的です。しかし、子どもが小・中学校など成長していくと、ママも付き合いの幅が広がっていきます。それに合わせて自分のことを誰かに紹介する機会も増えてきます。

資格をひけらかす必要はありませんが、資格を持っていると自己紹介の時に話しやすい上、仕事をしたい、と思った時に履歴書で自己アピールができるようになります。

資格を得る上で主婦が注意したいこと


通信教育で充実した時間を手にするのがおすすめですが、注意したい点もあります。

資格にはランクがある

資格といっても、医師免許のような国家試験を受けて合格する国家資格と、民間企業や協会などが付与してくれる民間資格があります。

「この資格を持っていれば仕事ができる!」という仕事に直結する資格は多くが国家資格です。これは、専門学校や特定の大学で勉強し、実務経験を積んだり、国家試験を受けたりしなければなりません。主婦でこの国家資格を取得するのはハードルが高いものです。

一方、民間資格ならテストを自宅で受けられたり、講座修了と同時に資格が得られたり、国家資格よりもチャレンジしやすいと言えます。

盲目的に、なんでもかんでも資格を取ればいい訳ではありません。場合によっては「あの人、資格を取るのが趣味だから」とからかわれてしまうこともあるかもしれません。

資格は自分の知識やスキルをアップさせるものですが、どういう目的で、なぜ、その資格を取るのか。この視点は失わないようにしたいものです。

資格取得には勉強しなければならない

一番基本的なことですが、勉強して知識を身に付けることは自分でやらなければなりません。

通信教育は勉強期間が決まっていて、期限内に課題を提出する必要があります。自分のペースでいいので、ひとつずつクリアしていくモチベーションを持ち続ける努力は必要です。

SNSで「4月までに資格を取得する!」と宣言してみたり「取得したら、一時預かりサービスを活用して友達と遊びにいく!」とご褒美を設定したり、自分の気持ちを維持する努力が必要です。

資格の詐欺業者のカモにならない

一番怖いのが、詐欺業者に捕まることです。

  • 就職に有利になる
  • 簡単に稼ぐことができて、家計の助けになる
  • 生活に役立ち、違う人生が送れるようになる

このような甘い言葉で勧誘し、高価な学習教材を売りつけてきたり、なんの役にも立たない本を送りつけたり、お金をだまし取ったりする悪質な業者がいます。

こうした業者のカモになってしまわないよう、信頼できる企業を選ぶ必要があります。あまりに甘くて耳に心地良い言葉ばかり言ったり、直ぐに収入に結びつくようなことを言う業者は要注意です。


自分に合った資格を探し出す方法


いざ、通信教育を利用して資格を取ろうと思っても、なにを選べばいいのか途方にくれることがあります。自分にとってメリットがある資格はどういうものか。ベストな資格を探し出す方法を紹介します。

どんな講座があるのか全体を見回す

いきなり資格を探すのではなく、まず、通信教育というサービス全体をざっくり見てみましょう。複数の企業のサービス内容を見て回り、どういう講座があるのか大まかな知識を得るところからスタートしましょう。

<有名な通信講座サービス>

Screenshotたのまな
Screenshotユーキャン
Screenshotキャリカレ
Screenshotニチイ
Screenshotがくぶん

ひとつの企業だけを見て飛び付き、後から「別の講座の方が良かった!」と後悔しないよう、複数のサービスを見比べてみるのがおすすめです。

価格・学習期間・学習内容・添削サービス・修了後のサポート・付与される資格の有無(テストの有無)など、企業によって細かなサービス内容に違いがあります。

短気集中型が合う人、紙でやりとりするのが好きな人、スマホでやりとりするのが好きな人、ステップアップ講座にトライしたい人など、自分のタイプに合う講座を探してみてください。

講座・資格の特徴を把握する

通信講座にも特徴があります。

  • 就職に直結するもの(医療事務、調剤事務管理、介護事務など)
  • 独立開業に役立つもの(トリマーやドッグシッターなどペット関係、ネイリストなど)
  • 知識を深め、実生活や子育てに役立つもの(PCスキル、TOEIC、食に関する資格など)
  • 趣味の幅を広げるもの(ペン字、アクセサリー、色彩など)

こうした特徴を頭に入れて、講座をチェックしてみてください。転職したい、子どもが大きくなったら働きたい、起業したい、趣味を持ちたいなど、自分の希望が見えてくると思います。

自分の思いを形にする第一歩にもなるので自分の希望に合う講座・資格をピックアップしてみましょう。

主婦生活が楽になる3つの資格


興味の対象や、目指したいものは人それぞれですが、家事や育児が楽になる主婦に嬉しい資格を3つ紹介します。

ホームソーイング通信講座

子どもができたらミシン必須! そんな風に言われたことはありませんか?

私は上の子が生まれた時に児童館で保育士・保健師・ママ友に何度も言われました。そして、言われるがまま購入したミシンは娘が小学生になった今でも大活躍しています。

保育園に子どもを預ける時には、バッグやスモック、お昼寝布団カバーなどが必要になります。サイズや形が指定されていたり、ママの手作りという指定があったりして、市販品では間に合わないことがあります。しかも手芸店に依頼すると1万円を超える出費になることも!

子どもが小学生になってからも、複数のレッスンバッグやコップ入れ、上履き入れ、お道具箱の中身を整理するための小さな袋、学期始めや学期末に多くの荷物を持ち運ぶ時に使う大きなバッグなど、様々な物が必要になったりします。

しかも突然必要になることもあるんですね。私が焦ったのは「ママ、明日、手提げ袋がいる」と18時を過ぎてから子どもに言われたこと! どうして、もっと早く言わないの! と雷を落としながら1時間ほどでレッスンバッグ(裏地付き)を作って持たせました。ミシンは本当に便利です。

ホームソーイング講座を修了すると、市販の手芸本を見て自分でグッズや服を作れるようになります。ネットで見て「いいな」と思ったものを、手元にある型紙を応用して自己流で作れるようにもなりますよ。

ソーイングスキルがあると、保育園・小学校、両方で開催されるバザーに手作りバッグを提供したり、大きいサイズの服の袖や裾を直して着せたり、市販品を使い勝手がいいように作り替えたりできます。育児に大いに役立つ実用的なスキルなので、おすすめです。

Screenshotたのまな

ホームソーイング講座

食育メニュープランナー育成講座

食に関する勉強をしたことがあるでしょうか。小学生の家庭科の時間に、炭水化物・タンパク質・脂質などを学んだ記憶がうっすら……という人がほとんどかもしれません。

人の体は食べたものでできていて、食の質は健康に大きく関係します。育児では、離乳食や幼児食の大切さが指摘されていますし、心と体が大きく変化する性徴期には食の量も質も考えなければなりません。

ママ自身も年齢を重ねるに従って美容や健康に敏感になってきますし、親の年齢を考えると介護食も現実味を帯びてきます。食に関する知識は一生を通して役立ち、かつ、自分や家族の健康に欠かせないものになります。

さらに、正しい食の知識を持っていると「健康的に手抜きができる」「不健康な食生活が続いても帳尻合わせができる」というメリットがあります。

  • 炭水化物(パン)・タンパク質(ウインナー)だけ準備して、ビタミンやミネラル類(野菜)は緑黄色野菜多めのスムージーでバランス大丈夫!
  • ダイエット中でも炭水化物は脳を働かせるのに欠かせない糖分だから、少しは食べる!
  • 炭水化物を抑えるダイエットをするなら、脂質控えめのタンパク質(肉・魚)をしっかり摂る!
  • 身長が伸びる時期にはカルシウムだけでなく、ビタミンDも一緒に摂る!

このような生活に密着した知識が身につくので、子どもの成長を正しい知識で見守ってあげることができておすすめです。

Screenshotたのまな

食育メニュープランナー養成講座

簿記3級

簿記は有名な資格なので、ほとんどの人が耳にしたことがあるでしょう。これは収入と支出を整理するスキルだけでなく、経営状態を正しく把握する知識が身につきます。

会社で事務や経理をしないなら必要ない知識でしょう? と思うかも知れません。しかし、主婦は「家という会社の経理を任されている存在」です。そう、家計簿を付けて収支をチェックし、将来を見据えたお金の運営をしなければならない立場にいるのが主婦です。

家計簿を付けるのが苦手、という方は、ぜひ、簿記3級の勉強で会計の基礎を知ってください。そうすれば、家計簿なんて購入しなくてもA4用紙にサラサラと収支を書き出して状況を整理できるようになります。

サイフをガッチリ握れるようになるので「お前、暇でいいなぁ」なんて夫が言えなくなるかもしれませんね。

簿記3級は商業高校などの子が勉強し、合格するほど身近で基本的な講座です。さらに税理士事務所でサポートのパートをする時にも役立ちますし、事務職員でも使える資格なので、簿記3級に合格すると家計の把握だけでなく、仕事にも繋がりますよ。

時間を味方につけよう!

主婦には主婦なりの複雑な悩みと本音があります。その解決方法として通信教育を活用して資格を取得するのをおすすめします。

講座や資格は星の数ほどあると言っても過言ではありません。必ず自分に合ったものが見付かりますから、複数の通信教育サービスをチェックしてみてください。

詐欺業者のカモにされないように注意したり、自分で自分のモチベーションアップを図ったりしなければなりませんが、家事・育児や自分自身のためになる講座を修了して、見下されない充実した実力ある主婦を目指すのもいいですね。

Return Top