BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。150以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

3歳で遊び食べはNG|年齢タイプ別遊び食べの切り上げ方

3歳で遊び食べはNG|年齢タイプ別遊び食べの切り上げ方

遊び食べが始まった時、中止させるのがいいのか、出したものを完食させるのがいいのか悩みますよね。食べ物を残すのはもったいない。そう考えるママもいます。

そして、中止させるならどれくらいで切り上げるものなのか。何分くらい待てばいいのか。そんな疑問の対策を、食育実践アドバイザーの視線から紹介します。

3歳以上の子の遊び食べは禁止

まず、遊び食べは3歳以上なら止めさせるべきです。3歳を過ぎた子には遊び食べは不要です。

そもそも、遊び食べを許すのは

  • 「食事と遊びの区別がついていない」
  • 「脳に五感全てを通して刺激を与える」
  • 「食べるスキルアップの過程」

という理由があるからです。

3歳を過ぎているのに食事と遊びの区別がついていなかったり、食べるスキルが身に付いていない(手掴みでないと食べられない)というのは問題です。それに、3歳を過ぎた子に遊び食べで得られる刺激は不要です。

食育アドバイザー
0~1歳の遊び食べは脳に対する刺激や、食事を覚える過程で必要なこととして許し、2歳はスプーンやフォークのスキルを身に付けることに重きを置きつつ許す。そういう遊び食べを許す理由を頭においておきましょう。

遊び食べは中止させてOK。子供のタイプ別の切り上げ方

2歳くらいまでは遊び食べOKと言っても、延々と遊ばせる必要はありません。頃合いを見てママが中止させましょう。

しっかり食べてから遊ぶ子の場合

食事をした後に、残った料理で遊ぶ子は栄養の心配などがありません。満腹になった後、少し遊ばせておいて中止させます。

どれくらい遊ぶ時間を与えるのか。これはママ次第です。心ゆくまで遊ばせる(子どもの遊びたい欲と探究心を尊重する)ママもいれば、適当に切り上げるママもいます。判断はママが下しましょう。

食が細くてすぐ遊んでしまう子の場合

困るのは食が細かったり、食べずにとにかく遊ぶ子の場合です。この場合は、食べなくても遊ぶばかりなので、頃合いを見て中止します。放って置いても結局は食べないので止めさせます。また、親が口に運んで食べさせる、ということもしません。

そもそも、食事は自分で食べるものです。食べさせていると、いつまで経っても自分で食べないので、手掴みできるようになったら、自力で食べることを促します。

食べずに遊ぶタイプは

  • 「食が細くて、少ししか1度に食べられない」
  • 「食べる、ということが解っていない」

など、タイプがあります。

食が細くて食べない場合は、1日の食事の回数を増やしてください。食べる回数を増やして食事量を稼ぎます。

胃腸の機能が十分でなくて一度に沢山を食べられない子もいます。こういう場合は成長すれば一度に食べられる量が増え、自然に食べるようになります。就学後にやっと一人前を食べられるようになる、ということもあります。

身長や体重をチェックしながら子どもに合った食事回数を設定してください。

食べることが解っていなくて、遊び続ける子の場合

食べることが解っていない子の場合は、まず「確実に食べる物」を準備します。そして「いただきます」「食べる」「ごちそうさま」という一連の流れを覚えさせます。

  • (1)座って「いただきます」と言ったら食べる。
  • (2)食べたら「ごちそうさま」と言ってテーブルから離れて遊ぶ。

とにかく、この流れを繰り返して体で覚えるようにします。そして徐々に「食べる」の量や種類を増やして、食事の時に座って食べられるように練習していきましょう。

0歳のうちは、食べ物もオモチャと同じだと思っています。オモチャと食べ物の区別がついていません。「これは食べる物なのよ」ということを教えながら、食べる挨拶、食べる行為、ごちそうさまの合図を教えて「食事」を教えていきましょう。

食事時間は長くても15分。子供に寄り添った切り上げ方

子どもの集中力は非常に短いものです。大体10分くらいで集中力が切れます。20分座っていられればいいほうです。子どもにとって、一か所に留まって同じ事を繰り返し続けるというのは、なかなか難しいことなのです。

食育アドバイザー
食事は15分を中止の目安にしましょう。ただし15分くらい経って遊ぶのに飽きて食べ始めた。スプーンやフォークを握って頑張っている、という場合は様子を見ます。

特に2歳前後でスプーンやフォークに興味を持っている時はゆっくり付き合ってあげましょう。道具は繰り返し使い、体で使い方を覚えます。練習し、失敗しなければ上達しません。遊びながらスキルアップすることもあるので、様子を見て判断してください。


なお、15分経ってからの対応ですが、突然、皿を下げるのではなく、子どもの興味を惹く刺激を与えましょう。

デザートを出すとか、公園に行く話を持ち出すとか、気持ちを今と違う所に持って行くための刺激を与えます。

15分! はい、片付け! ではなくて、様子を見ながら気持ちの誘導をする、と思ってください。

中止させる時は叱らない

子どもは自分が取り組んでいることを中断させられると当然、怒ります。特にイヤイヤ期に入った子どもは泣き喚いて怒りますし、癇癪をおこす子もいます。

理由を説明して納得させようとしても無理でしょう。理屈を理解し、納得し、自分の欲を抑えて違う行動に移る、ということは4歳を過ぎてからやっとできるようになります。言い聞かせることは大切ですが、納得させて行動に移るところまで要求しないでください。

遊び食べを止めさせる時は気を逸らせるようにします。デザートを出したり、おもちゃ・TVで誘って気持ちを遊び食べから違うものに向けます。

違うものに気持ちが向いたところで「これでおしまい。ごちそうさま」と言って、終わりの合図を教えます。

気持ちをそらせることで怒り・癇癪を避け、楽しいことを頭に入れた状態で終わりの合図を教えることで終わっても次に嬉しいことがある、と覚えます。

食育アドバイザー
多くの場合、終わり=中断させられた! というマイナスの気分になりがちです。しかし、楽しいこととセットで終わりを覚えれば、「終わり」に対して嫌な感情は抱きません。

中止させる時に叱るのはNGです。うまく気持ちの切り替えができるように誘い、楽しい終わりを教えるようにしてください。

完食させるのも大切

遊び食べは中断させる、と言った後で「完食」といっても説得力がないかもしれませんが、完食の習慣を付けることで遊び食べ時間を短縮する方法もあります。

それは「絶対に食べきれる少ない量しか出さない」という方法です。驚くくらい少ない量でもいいので、お腹が空いている時に、絶対に食べきれる量を出してみてください。

全部食べたら、もう、それはビックリするくらい盛大に褒めてあげましょう。全部食べることが嬉しいこと! 楽しいこと! 完食して褒められた! と強烈に印象付けるのです。

まだ食べられるなら、ちょっとだけおかわりします。そして、また全部食べたことを褒めちぎります。そして、ちょっと足りないかな? と思うくらいでデザートにして全部食べたことを褒めまくって「ごちそうさま」にします。

確実にクリアできる課題を与えて成功体験を積む。この繰り返しで、自分に自信がつき、チャレンジしようという意欲が沸きます。

完食できる食事で完食の喜びを教える、という完食は効果が期待できる方法です。

食育アドバイザー
たくさんの量をドン! と出しておいて、遊び食べを叱りながら、ママが無理矢理口に入れて完食させる、という完食は必要ありません。

あくまで、自力で、自発的に、楽しく完食。これを取り入れましょう。

まとめ

  • 3歳以上の遊び食べはNGです。すぐに止めさせ、食事というものを教え直しましょう。
  • 一方で2歳くらいまでの遊び食べは、それなりに許してあげましょう。
  • 特に0~1歳は遊び食べが必要です。おおらかな気持ちで見守ってあげてください。

この遊び食べですが、中止させてOKです。15分を目安にママの判断で中止させましょう。

ただし中止は叱ったり、強引にストップするのではなく、デザートを出したり、食後の遊びを提案して、遊び食べから気持ちをそらす、という中止です。楽しい方向に気持ちを誘導していってください。

理屈を理解して自分で判断し、行動することは4歳以降になって初めてできることです。叱っても効果はないので、興味のある方に誘導して、楽しい終わりを覚えさせましょう。

気持ちの切り替えを大切にしながらママが判断し、遊び食べを認めつつ中止するようにしてください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top