BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。150以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

生後3ヶ月なのに首がぐらぐら…首すわりのタイムリミット

生後3ヶ月なのに首がぐらぐら…首すわりのタイムリミット

生後3ヶ月を過ぎると、赤ちゃんの首がすわってきて抱っこも楽になるとよく言われます。しかし、なかなか赤ちゃんの首がすわらないと不安が大きくなってくるもの。

  • 「発達が遅れているのかも……」
  • 「もしかして何かの病気?!」

と、つい悶々と考えてしまう。

あるいは、姑から「まだ首がすわらないんて、おかしいんじゃない?」などと言われて落ち込んでしまう。そんなママも少なくないでしょう。

しかし、赤ちゃんの成長や発達には個人差が大きく、首すわりの早さもそれぞれ違います。

ここでは、赤ちゃんの首すわりの目安、その時期や見分け方、自宅でできるトレーニングなどについてお伝えします。首すわりについて正しく理解して、赤ちゃんの成長を楽しく、安心して待てるよう、ご参考にしてくださいね。

生後3ヶ月なのに首がすわる気配がありません…

生まれてまもなくの赤ちゃんは、体中がふにゃふにゃ。
筋肉が発達していないため、自分で自分の頭を支えられず、首を支えていないとすぐに頭ががくんと前後に揺れてしまいます。

成長とともに首の周りの筋肉が発達してくると、赤ちゃんはどんな姿勢であっても自らの力で頭を支え、自由に動かす事ができるようになります。
これが「首がすわる」という状態です。

赤ちゃんの首がすわる時期の目安

首がすわり始めるのは、一般的には生後3ヶ月くらいからと言われています。育児書などにもそのような記載がありますし、周りの人から「もう首はすわった?」と聞かれることも、この時期から増えてきますよね。それがプレッシャーになって、不安を大きくしてしまうママも少なくありません。

しかし「生後3ヶ月で首がすわる」というのは、あくまでもひとつの目安。全ての赤ちゃんが生後3ヶ月に首がすわるわけではありませんし、赤ちゃんの発達は一人ひとり違いますから、首すわりが早い子がいれば遅い子もいるのは当然のことです。

また、よく誤解されがちですが「縦抱きしても頭がぐらぐらしなくなった」=「赤ちゃんの首がすわった」ということではありません。

首がすわった状態とは、前述のように、姿勢にかかわらず赤ちゃんが自分の頭を支えて自由に動かせる状態、いわゆる「ヘッドコントロール」ができる状態を指します。それを考えると、生後3ヶ月でしっかりと首がすわる赤ちゃんは発達がかなり早い方であると言えるでしょう。

生後3ヶ月で心配するのは早すぎ

赤ちゃんの首が完全にすわるのは、生後4~5ヶ月頃。

厚生労働省が平成22年に行った乳幼児身体発育調査では、生後4ヶ月になると9割近くの赤ちゃんは首がすわるという結果が出ています。しかし、それでも頭の大きな赤ちゃんや抱っこの姿勢によっては、まだ多少ぐらぐらする様子が見られることもあるります。

生後3ヶ月で「首がすわっていない!発達が遅いかも!」と不安になる必要はありません。焦らず、ゆっくりと成長を見守ってあげましょう。

赤ちゃんの首がすわり始めるとどう変化する?

赤ちゃんの首は急にすわるのではなく、ゆっくり時間をかけて徐々にすわっていきます。その間、赤ちゃんはどのように変化しているのでしょうか?首がすわっていく過程で見られる赤ちゃんの具体的な様子を以下にあげてみましょう。

生後2ヶ月後半~の赤ちゃんの首すわり

  • 仰向けの状態で、音や声のする方に顔を向けようとする
  • うつ伏せにすると、数秒ほど頭を持ち上げられる
  • 縦抱きで少しの間姿勢を保てるようになる

生後2ヶ月を過ぎると、仰向けに寝ていても音や声のする方向に顔を向けようとする動きが見られるようになります。また、早い赤ちゃんでは生後2ヶ月頃から、うつ伏せの状態で数秒ほど頭を持ち上げられるようになったり、縦抱きをすると少しの間姿勢を自分で保つことができるようになります。

とはいえ、持ち上げられる頭の位置はまだ低く、すぐに頭をおろしてしまいますし、赤ちゃんもうつ伏せの状態を嫌がって泣いてしまうことが多くあります。

生後3ヶ月~4ヶ月の赤ちゃんの首すわり

  • うつ伏せの状態で頭を上げ、自分の力で頭を動かす
  • うつ伏せにすると頭だけでなく肩まで持ち上がり、腕で体を支えようとする
  • 縦抱きの姿勢がより安定してくる

さらに首の筋肉が発達してくると、自分の興味のあるものの方向に少しずつ頭を動かすことができるようになります。また、縦抱きではより長い間姿勢を保ち、頭を支えられるようになることも。

しかしまだまだ首すわりは十分でないため、頭が急にぐらつくこともあります。うつ伏せ、縦抱きをする時はママは赤ちゃんから目を離さず、いつでも頭を支えてあげられるようにしましょう。

その後は、成長とともにうつ伏せで頭を持ち上げたり動かしたりできる時間が長くなっていき、また縦抱きでも赤ちゃん自身がしっかりと頭を支えることができるようになってきます。このような状態を経て赤ちゃんの首の筋肉は発達していき、だいたい生後4~5ヶ月で首すわりが完了となります。

赤ちゃんの首が完全にすわったのを見分ける方法

毎日少しずつ変化していく赤ちゃんの様子を見ていても、首が完全にすわったかどうか、新米ママは判断に迷うこともあるかもしれませんね。そこで、赤ちゃんの首がすわったと判断できる3つのポイントをあげてみましょう。

  • 1.うつ伏せの状態で頭を持ち上げて自由に動かすことができる
  • 2.縦抱きの状態で赤ちゃんの体を傾けても、頭がぐらつかない
  • 3.仰向けの状態で赤ちゃんの両腕を持って引き起こすと、頭がしっかりついてくる

この項目は、自治体による赤ちゃんの3~4ヶ月健診でも確認されます。

ママが自宅でチェックしたい場合は、

  • うつ伏せの状態で目を離さない
  • 嫌がる赤ちゃんを無理やりうつ伏せにしない
  • 縦抱きではゆっくり体を傾けて、赤ちゃんの首ががくんと傾かないようにする
  • 仰向けから引き起こす時は勢いをつけず、優しく手を握ってゆっくり起こす

という点に注意しながら行いましょう。

生後3ヶ月になってもまだ首がすわらない…練習した方がいい?

生後3ヶ月で首がすわっていないからといって、焦る必要は全くありません。成長や発達の仕方、スピードには個人差がありますので、パパやママは必要以上に心配せず、見守ってあげるようにしましょう。

赤ちゃんの首すわりは成長とともに自然に完了するものではありますが、遊びの中で首すわりを促すことにつながる動きを取り入れることは有効です。特に、仰向けで寝たままで過ごす時間が長い赤ちゃんは、首すわりが遅くなる傾向があると言われていますので、うつ伏せや縦抱きの機会を意識して作ることは大切かもしれません。

ただし、首すわりは頑張って練習しなければならないものではありませんし、練習しなかったから首すわりが遅くなることもありません。赤ちゃんの発達のペースに合わせて、決して無理をさせないように行ってくださいね。

赤ちゃんの首すわりを促すために先輩ママたちがしていたこと

赤ちゃんの首の筋肉を発達させ、首すわりを促すとしてよくすすめられるのが、赤ちゃんをうつ伏せにすること。うつ伏せの状態になると首だけでなく肩や背中の筋肉が使われるため、首すわりがスムーズになると考えられます。実際によく行われる方法はをご紹介しましょう。


仰向けの状態で首を動かす練習

生後1ヶ月ころから、赤ちゃんは目の前のものや人の顔を目で追う「追視」を始めます。ハッキリした色のおもちゃなどを赤ちゃんの目の前でゆっくりと左右に動かすと、だんだんと首も一緒に動かせるようになってきます。

月齢が低いうちは、このように仰向けでできる首のトレーニングが有効です。

うつ伏せで頭を持ち上げる練習

赤ちゃんをうつ伏せに寝かせて、頭を持ち上げる練習をします。床にマットなどを敷いてうつ伏せになったり、ママのお腹の上で赤ちゃんをうつ伏せに寝かせたりして、声をかけてあげます。

最初のうち、赤ちゃんは短い時間しか頭を上げられないので決して無理はしないようにしましょう。

うつ伏せで頭の動きを促す練習

赤ちゃんをうつ伏せにして、頭の少し上から音の出るおもちゃを鳴らしてみます。赤ちゃんが頭をしっかりとあげたら、おもちゃをゆっくり左右に動かして、ヘッドコントロールを促します。

あまり早くからこのようなトレーニングをする必要はありません。あくまでも遊びの一環として、赤ちゃんと楽しみながら行うようにしましょう。

不慮の事故を防止する、うつ伏せにする時の注意点

赤ちゃんをうつ伏せにする時には、窒息などの事故を防ぐために注意したいこともあります。次のような点に十分気をつけましょう。

  • 吐き戻しを防ぐため、授乳直後は行わない
  • うつ伏せの状態から目を離さない
  • 柔らかい布団の上ではうつ伏せにしない
  • 赤ちゃんが嫌がる時はやめる
  • うつ伏せのまま寝かせない

首すわりが十分でない赤ちゃんは、短時間しかうつ伏せで頭を持ち上げられず、すぐに顔を下に向けてしまうことも多くあります。その時に、自分で姿勢を変えられず、窒息につながることもありますし、柔らかすぎる布団に顔をうずめたまま動かせなくなってしまうこともあります。

うつ伏せでの練習をする時は、布団など柔らかい場所を避け、赤ちゃんから絶対に目を離さないようにしましょう。

また、嫌がる赤ちゃんを無理にうつ伏せにすると、うつ伏せの姿勢そのものを嫌がってしまうこともありますので、無理は禁物です。

そして、うつ伏せのまま寝かせることは窒息やSIDSのリスクを高めます。ママのもとで、短時間に限ってうつ伏せの練習をするのは構いませんが、そのまま寝かせることは絶対に避けてください。

首のすわりを心配するのは生後6ヶ月から!

生後3ヶ月ではまだまだ心配することはありませんが、それではいつまで首がすわらなかったら「遅い」と判断されるのでしょうか?

一般的に、赤ちゃんの首すわりが完了する時期は、生後5ヶ月頃と言われています。そのため、首すわりが「遅い」とされるのは生後6ヶ月頃から。

赤ちゃんの成長には個人差もあり、また、

  • 頭囲の大きな赤ちゃん
  • 仰向けのまま過ごす時間が長い赤ちゃん
  • よく眠る赤ちゃん
  • 早産で生まれた赤ちゃん

などは、頭を支える筋肉が発達するのに時間がかかり、首すわりが遅くなる傾向があると言われます。

また、頭が大きく体重もある赤ちゃんの場合、首がすわっていても多少頭のぐらつきが見られたり、うつ伏せで長い時間頭を上げていられなかったりすることもあります。

生後6ヶ月でも首が座らない子はその後どうなる?

生後6ヶ月を過ぎても、赤ちゃんの首がすわる兆候が見られない場合や、首がぐらぐらして不安定な場合、やはりパパやママは心配になりますよね。「このままじゃハイハイや歩くのも遅れるのでは…」などと不安を抱えてしまうかもしれません。

赤ちゃんの体の成長は、首がすわってから腰がすわり、お座りができるようになり、ハイハイ、つかまり立ち、伝い歩きといったように、上から下へと順に進んでいきます。

首のすわりが遅かった赤ちゃんは、それ以降の発達もややスローペースになることがありますので、心配な場合は小児科などを受診して、定期的に、継続的に成長を見守ることが必要になるでしょう。ゆっくりでも着実に赤ちゃんが成長しているかどうか、客観的な記録を残しながら医師とともに見守ることが大切です。

しかし、首がすわるのが遅い赤ちゃんが全員発達が遅いかというとそうではありませんし、逆に首がすわるのが早くても、その後の成長はゆっくりという赤ちゃんもいます。

育児書などに、お座りは○ヶ月、ハイハイは○ヶ月などと書かれていると心配になってしまうでしょうが、それはあくまでも目安。育児書通りに成長する赤ちゃんはいません。赤ちゃんはそれぞれのペースで発育していますので、首がすわるのがゆっくり目の赤ちゃんなら、それが我が子のペースなのだと理解して見守ってあげましょう。

赤ちゃんの首すわりが遅くなる病気って何がある?

赤ちゃんの首すわりが遅い場合、パパやママは「何か病気や障害があるのでは?」と不安になってしまうかもしれません。単に成長がゆっくりというレベルを超えて赤ちゃんの首がなかなかすわらない時に疑われる病気としては、

  • 脳性麻痺
  • 発達障害

などが代表的なものとしてあげられます。しかし、こうした疾患は首のすわり方が遅いというだけで判断できるものではありません。今現在の首すわりというひとつの側面だけにとらわれず、長期にわたって小児科医や保健師などの専門家とともに赤ちゃんの成長を見守っていくことが大切です。

また、原因となる病気などがない場合でも、筋緊張が低下していて、体にあまり力が入らずにだらんとしている状態が見られる赤ちゃんもいます。これは良性筋緊張低下症と呼ばれることもありますが、多くは成長にともなって一般的な発達に追い付くと言われています。この場合も、医師に相談しながら赤ちゃんの成長を長い目で見守ることが必要でしょう。

赤ちゃんにこんな兆候がある場合は専門医に相談を

もしも生後6ヶ月を過ぎても赤ちゃんの首がなかなかすわらず心配で、次のような様子が見られる場合には、早めに小児科や保健センターに相談しましょう。

  • 赤ちゃんの首や体に力が入っていない
  • うつ伏せにしても全く頭が上がらない
  • 反り返りが強い
  • 母乳やミルクをうまく飲めない

ママの見守りと周囲の理解も大切

ママと赤ちゃんの関わり方や温かく見守る姿勢も、赤ちゃんの成長や発達を促す大切な要素です。育児書やネットを読み漁っていたずらに不安を募らせるのではなく、目の前の赤ちゃんをしっかり見て関わってあげましょう。赤ちゃんの首すわりを促す遊びなどを取り入れたり、うつ伏せや縦抱きの時間を意識して作ったりしながら、赤ちゃんの成長のペースを尊重してあげてくださいね。

また、周囲の理解や支えも重要になります。パパや実母、ママ友など身近に相談できる相手を作るとともに、かかりつけの医師、保健師にも支援してもらい、不安な気持ちを一人で抱え込まないようにしましょう。

おわりに

首すわりだけでなく、お座りやハイハイ、伝い歩き、あんよなど、これから赤ちゃんはどんどん成長していきます。パパやママは、そのひとつひとつのスピードに不安を感じたり焦ってしまったりすることもあるかもしれません。

しかし、赤ちゃんの体の発達に関しては、遅いか早いかではなく、最終的にできているかどうかを見極めることが大切。我が子の発達のペースを尊重し、おおらかな気持ちで見守ってあげたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top