BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。100以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

プレパパ教室はリトマス試験紙? 出産前に夫がイクメンになるか見極めるポイント

169

妊娠中のプレママは、産婦人科や自治体の母親教室、プレママ教室に参加することで、育児の方法を学んだり、同じ時期に出産を控えるプレママと交流したりして、出産や育児の準備をしています。

それに比べて、プレパパの出番は少ないのが現状ですよね。

最近では、プレママを対象とした母親教室だけではなく、プレパパを対象とした父親教室、両親教室といったものもあるようですが、仕事が忙しいパパはなかなか参加できなかったり、また忙しくなくても「めんどくさい」などと参加を拒否したりすることもあるのではないでしょうか。

しかし、こうしたプレパパ教室への参加は、その後の育児への関わりを見極めるための「リトマス試験紙」ともなるのです。

Sponsored Links

プレパパ教室に参加するパパは、イクメンになる?

プレパパ教室や両親教室では、妊娠や出産、育児についての講義だけではなく、パパ向けに擬似妊婦体験や、赤ちゃん人形を使った沐浴実習などを行うことがあります。

また、妊娠・出産によってママの心と体がどのように変化するかといった話を、専門の助産師や保健師から聞くことができるため、パパにとってもママの体を労ったり、産後の心構えをするキッカケになります。

実際にプレパパ教室に参加した男性の感想は、

  • 妊婦体験が意外にハードだった。家事を手伝いたいと思った
  • 赤ちゃんの人形を沐浴させるのが大変だったが、実際に育児をするモチベーションが上がった
  • 赤ちゃんが生まれるなんてピンときていなかったが、話を聞いて自分も一緒に出産に臨むんだという気持ちになった

などと、前向きな意見が多いよう。

Sponsored Links

また、プレパパ教室に参加したパパは、実際に家事を手伝ってくれたり、産後は育児を積極的にこなしてくれるようになったというママの感想も多く、プレパパ教室が「イクメン養成教室」の役割を果たすことも伺えます。

夫がプレパパ教室をどう捉えるかがカギ

そうしたプレパパ教室に、ぜひ参加したい、あるいは「ママに言われたからまあ行ってみるか…」と腰を上げてくれる夫は、おそらくプレパパ教室で刺激を受け、その後イクメンへと成長する可能性が高いと思われます。

逆に、

  • 「面倒くさいから行きたくない」
  • 「出産するのはお前なんだから、お前が行けばいい」

などという態度を取る夫は、要注意。

プレパパ教室は、夫が妊娠や出産について学ぶための、数少ない機会です。

女性の参加者が多いため、最初から乗り気ではない夫が多いのも事実ですが、ママが頼んでも参加を嫌がる場合、夫は出産や赤ちゃんそのものに興味がないと思われます。

恥ずかしいから行きたくない、仕事が忙しくて日程が合わないというならまだしも、まるで興味がないようでは、産前産後のサポートどころか、育児の手伝いも望めないかもしれません。

ブレパパ教室参加への打診と、その後の夫の態度が、イクメンになるかどうかのリトマス試験紙となっているのです。

プレママは、このリトマス試験紙を使って、夫をよく見極めてみましょう。

明確な理由もなく参加を拒否する場合は、夫に対してかなりの教育が必要になることもありますよ。

Return Top