BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。150以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

つぶし粥はいつまで?どのくらい食べさせればいいの?

つぶし粥はいつまで?どのくらい食べさせればいいの?

離乳食はつぶし粥からスタートします。しかし、

  • どれくらいの量を食べればOK?
  • どのくらいまでなら食べさせてもいい?

赤ちゃんの様子を見ながら食べさせると言われても、目安の量を知りたいですよね。

つぶし粥をいつまで食べさせるのか、どのくらい食べていいのかまとめました。

おかゆの簡単な作り方はコチラ

Sponsored Links

つぶし粥はいつまで食べさせる?

つぶし粥は10倍がゆをつぶしたもので、液体のりのようなトロトロのなめらかなお粥です。

離乳食は生後5~6か月頃からスタートさせますが、最初の1か月間がつぶし粥だと思っておくといいでしょう。

つぶし粥は食事というより、母乳やミルク以外のものを口に入れるのに慣れること、唇を上手に使って食べ物を口の中に運ぶこと、ゴクンと上手に飲み込むことが目標です。

こうした食事の基本はだいたい1か月間くらいで終わりにし、つぶし粥から10倍がゆ~7倍がゆに変えていきたいですね。

ただ、離乳食の進み方がゆっくりだったり、体調を崩して離乳食をお休みした時期がある赤ちゃんはスタートから1か月経ったからといってムリにつぶし粥を止めることはないですよ。

赤ちゃんの様子を見ながらつぶし粥の卒業時期を見ていきましょう。

つぶし粥の1回量はどれくらい?

つぶし粥の1回量は小さじ1(5ml)からスタートします。

離乳食をスタートさせた1~2日目は小さじ1を飲み込めたらOKです。3~4日目で小さじ2、5~7日目で小さじ3と増やしていきましょう。

離乳食開始後2週間で1回に小さじ5~6くらい食べられるようになるとOKです。離乳食開始後1か月くらいで1回に小さじ7~8くらい食べるようになると理想的ですね。

ただ、この時期は赤ちゃんによって体の大きさがマチマチですし、よく食べる子、全然食べない子など様々です。

必ず小さじ7~8を食べさせなければならない訳ではありません。少しの量でも、上手に飲み込めるようになって口の使い方が上手くなってきたら、つぶし粥から10倍がゆに変えていってもOKです。

たくさん食べたがる時はどうする?

つぶし粥をどんどん食べられるようになったら、野菜(ビタミンやミネラル源になるもの)を追加するようにし、離乳食開始から2週間くらい経ったらタンパク質もプラスしていきましょう。

Sponsored Links

にんじん、かぼちゃ、かぶ等、甘味の強い野菜を茹でて柔らかくつぶしたものを、おかずのように食べさせてみましょう。

新しい食材は小さじ1からスタートです。つぶし粥以外の食べ物にも慣れさせるようにし、つぶし粥ばかり食べる(つぶし粥しか食べない)という状態にならないようにしていきます。

初めてのタンパク質チャレンジのやり方

また、離乳食開始後2週間くらいでチャレンジするタンパク質は肉ではなく、脂が少ない白身魚、豆腐、きな粉などを利用します。

こちらも初めての日は小さじ1からスタートです。特に大豆はアレルギー反応が出る赤ちゃんもいるので、ごく僅かな量から初めてください。

初めての食材を安心して試せる時間帯を

また、新しい食材は必ずかかり付けの小児科がオープンしている時にチャレンジしましょう。万が一、蕁麻疹やアレルギー反応が出た場合、すぐに受診できるようにするためです。

生後5か月の頃は、母乳やミルクから9割、離乳食から1割の栄養を摂るイメージです。生後6か月の頃は母乳やミルクから8割、離乳食から2割くらい栄養を摂ると思っておきましょう。

しかし、どんどん離乳食を食べ、食べられる種類も多く、体重が順調に増えるなら母乳やミルクの量を少し減らしてもいいですね。

よく食べるならステップアップしよう!

もし、調子よくどんどんつぶし粥を食べ、どんどん体重が増えていくなら、つぶし粥を卒業しましょう。

ゴクゴク飲み込むつぶし粥から、口を動かして噛む練習に進みます。つぶし粥よりも固形物が残った10倍がゆや7倍がゆにして口の周りの筋肉を鍛えるようにしていきます。

また、パン粥、ジャガイモやサツマイモ、バナナといった米以外の食材を離乳食に取り入れてエネルギー源にしてみてください。

どんどん食べる子には、アレルギーや口の動きに注意しながら、色々な食材を経験させてあげましょう。

つぶし粥はなめらかで飲み込みやすく、要領のいい子はどんどん楽に飲み込んでいきます。飲み込めるなら、顎を使う練習に進むためにつぶし粥を卒業します。

飲み込む→顎を使う練習といったような、ステップアップしていくことを考えながら、お粥を選んでくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top