BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。150以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

全粥はいつまで?離乳食の時期別にぴったりなお粥の柔らかさ

全粥はいつまで?離乳食の時期別にぴったりなお粥の柔らかさ

離乳食では10倍がゆや全粥など、いろいろな柔らかさのおかゆを利用します。ですが、どんな柔らかさのおかゆをいつ食べさせればいいのか疑問に思う人もいると思います。

離乳食の段階はどんなもの? 10倍がゆはいつまで? 全粥はいつ終わる? そんな離乳食の段階とお粥の柔らかさを紹介します。

Sponsored Links

離乳食には複数の段階がある

生後5か月くらいからスタートする離乳食は、1歳6か月くらいまでに完了させます。この約1年間を複数の段階に分け、それぞれの段階に合った柔らかさの離乳食を作ります。

ごっくん期(5~6か月ごろ)

離乳食をスタートさせた時期です。食べるというより、口の中に食べ物を取り込んだり飲み込む練習、母乳やミルク以外のものに慣れるという時期です。

口に入れるものはトロトロの状態、よくかき混ぜたプレーンヨーグルトの状態が目安です。

もぐもぐ期(7~8か月ごろ)

離乳食をスタートさせて2か月くらい経ち、口を上手に動かして飲み込めるようになったらもぐもぐ期です。

もぐもぐ期では、口の中に入れた食べ物を舌で上顎に押し付けてつぶす練習をします。舌でつぶし、もぐもぐと口の中で味わって食べる時期です。豆腐くらいの柔らかさが目安です。

かみかみ期(9~11か月ごろ)

口の周りの筋肉が発達してきて、歯ぐきで食材をつぶすようになったらかみかみ期です。手掴み食べ、遊び食べをするようになるのでママは大変でが成長している証なので、自由にさせてあげましょう。

前歯でかじり、歯ぐきでつぶせるバナナくらいの柔らかさが目安です。

ぱくぱく期(1歳~1歳6か月ごろ)

自分で食べたい! という気持ちがとても強く、手掴みで食べる時期です。大人と同じような口や顎の動かし方ができるようになり、しっかりと前歯でかじって歯ぐきでつぶしながら食べます。

柔らかい肉団子やにんじんグラッセが柔らかさの目安です。

10倍がゆ

ごっくん期(前半)に食べさせるお粥です。離乳食をスタートさせた最初の1か月間は10倍がゆにしてください。特に、最初は10倍がゆをつぶした「つぶし粥」にします。

Sponsored Links

飲み込む練習に使うのが10倍がゆです。

7倍がゆ

ごっくん期(後半)に食べさせるお粥です。離乳食をスタート後1か月経ったら7倍がゆにします。

7倍粥をそのまま食べられない場合は7倍粥をつぶしたものにしましょう。マヨネーズ状のぽってりとした柔らかさを目安にしてください。

全がゆ(5倍がゆ)

もぐもぐ期に食べさせるお粥です。7~8か月くらいになると、舌と上顎を使って上手に食材をつぶして食べられるようになります。

豆腐くらいの柔らかさを目安にし、もぐもぐと赤ちゃんが口を動かして食べるのを確認してください。

かたがゆ(4倍がゆ)

かみかみ期に食べさせるお粥です。9~11か月くらいになると手掴み食べが始まり、お茶碗の中に手を入れてグチャグチャにすることも! 服もテーブルも床も汚れてママはウンザリするかもしれません。

でも、赤ちゃんは離乳食から味だけでなく、食感・触覚・ニオイなど色々な感覚を発達させています。グッと我慢して好きにさせてあげましょう。

軟飯

かみかみ期~ぱくぱく期(1歳前後)に食べさせる柔らかなご飯です。軟飯は白飯に水をプラスし、電子レンジで2~3分加熱するだけで作れます。

白飯:水=1:2くらいの割合で、電子レンジを活用して軟飯を作りましょう。柔らかめに炊いた白飯を食べている家庭なら1歳前後で一緒に食べられますよ。

赤ちゃんの口の動きを観察して柔らかさを変えよう

離乳食は「進めなきゃ!」「もう8か月だから柔らかさを変えなきゃ!」と焦ってしまうことがあります。

ですが、いくら焦っても赤ちゃんの口の動き、顔の筋肉、内臓の発達具合が揃わないと、離乳食の段階を進めることはできません。

月齢だけを見て段階を進め、赤ちゃんに合わないお粥を食べさせようとすると、ベェッと吐き出し、嫌がるようになってしまいます。

  • ゴクンと上手に飲み込めるか。
  • 顎を上下に動かして噛む仕草をするか。
  • 前歯でかじれるか。
  • 歯ぐきで食材をすりつぶすことができているか。

こうした赤ちゃんの様子を観察しながら徐々に柔らかさを変更してください。焦りは禁物! 赤ちゃんに合ったお粥を準備してあげましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top