BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。150以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

それじゃ初めての離乳食は食べられません|おえっとならない食べさせ方5つのポイント

それじゃ初めての離乳食は食べられません|おえっとならない食べさせ方5つのポイント

離乳食をスタートさせた瞬間にぶつかるといってもいい「オエッ」と吐き出してしまうトラブル。

そもそも口に入れてくれない、という惨事につまづくママは意外に多いのではないでしょうか? 

最初からママの心をへし折ってくれる赤ちゃんの「オエッ」となる理由と、食べさせるタイミングを紹介します。

Sponsored Links

1.姿勢は大丈夫?

まず、赤ちゃんが離乳食を食べる時の姿勢はどうでしょう?

座り方が安定していなかったり、上半身がグラグラ揺れるような姿勢は不適です。どっしり座って体を安定させてから食べさせます。

離乳食をスタートさせた時は、ママが赤ちゃんを横抱きにして食べさせてあげるといいですよ。抱っこなら体が左右に揺れませんし、赤ちゃんは安心・ご機嫌で離乳食にチャレンジできます。

なお、赤ちゃんの体がやや後ろに傾くような姿勢にしてあげると口や喉が食事に適した角度になり、飲み込みやすくなります。オエッとなる確率を下げられますよ。

2.スプーンは赤ちゃん用を使おう

離乳食を食べるのは本当に短い期間です。なので離乳食用の食器類を買うのはもったいない。小さなティースプーンや小さめの食器を使えばいい。こう考えるママがいます。

しかし、赤ちゃんの口はとても小さく、食べ物を口の中へ運ぶ動きもぎこちないものです。離乳食用のスプーンは、赤ちゃんの口に合うサイズで作られていますし、食べさせやすく作られています。スプーンだけでも離乳食用を準備することをお勧めします。

離乳食用スプーンを使えば、離乳食を赤ちゃんの口に入れやすいので「オエッ」となることは少なくなると思います。

3.流し込んではダメ

意外にやってしまいがちなのが、スプーンを傾けて離乳食を赤ちゃんの口に注ぎ込んでしまう行為です。これはNGですよ。

離乳食は、赤ちゃんが自分のタイミングで、自力で口の中に入れるものです。自分で食べる練習をしなければなりません。

ママが赤ちゃんの口の中に流し込んでしまうと練習になりませんし、タイミングが合わなくて「オエッ」となる可能性が高くなります。

Sponsored Links
食べるタイミングは赤ちゃんに任せましょう。
まず、離乳食を入れたスプーンを、赤ちゃんの下唇に乗せます。あとは赤ちゃんが自分で唇を使い、離乳食を口の中に入れるのを待ちます。上唇が動いて離乳食を口に入れようとしたら、スプーンを引いてあげます。

オエッと出したり、ベェッと出してきたらスプーンですくって下唇にスプーンを乗せます。これを繰り返して自分で唇を使って離乳食を自力で口に入れる練習をします。決してスプーンを傾けて流し込まないでくださいね。

4.量は多すぎない?

食べさせないといけない! と焦って、スプーンに入るだけ離乳食を入れてしまうママがいます。

赤ちゃんは口に入れる量を自分で調整することができません。舌の動かし方や喉の動きもスムーズでないため、口に入った離乳食が多すぎるとオエッとなってしまいます。

焦らず、少しずつ赤ちゃんが楽に飲みこめる少量をスプーンに入れましょう。そして、赤ちゃんが自分のタイミングで口に含むのを待ち、垂れてきたらすくい取ってもう一度口に入れてあげます。根気よく繰り返して飲みこむ練習をしましょうね。

5.固さは大丈夫?

離乳食を食べない理由のひとつに、食べ物の固さが赤ちゃんに合っていない、というのがあります。特に、離乳食をスタートした時はザラザラしていたり固形物が残っていたりするとほぼ、確実に吐き出します。

離乳食は赤ちゃんにとって得体の知れないものです。舌触り、匂い、口の中の違和感など、慣れない感覚が多ければ多いほど吐き出してしまいます。

離乳食スタートした時は、液体糊のようなトロトロの状態のものを与えます。なめらかでトロトロのヨーグルトを目安に十倍粥を準備してください。

離乳食は失敗して当然! 根気よく続けよう

離乳食は赤ちゃんにとって未知の物です。大人だって得体の知れないものを口に入れられたら「オエッ」と吐き出したくなりますよね。

徐々に練習していくことが第一なので、焦らず少しずつ練習していきましょう。「ご飯美味しいね」と親子で楽しみながら、笑顔で焦らず繰り返し練習してみてください。

何度も「オエッ」となるようであれば、姿勢を直したり、道具や食べ物が赤ちゃんに合っているか確認してみてください。

離乳食は赤ちゃんもママも、初めてチャレンジすることです。失敗して当然! 焦らず、根気よく、楽しく続けていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top