BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。150以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

あなたはどのレベルまでいける?難易度別妻の育児ストレス解消法

あなたはどのレベルまでいける?難易度別妻の育児ストレス解消法

「毎日家事と育児を頑張ってくれるママに、少しでも息抜きしてもらいたい!」

そう考えてくれるやさしいパパ。しかし、パパ自身が育児に慣れていない時期は赤ちゃんと2人きりで過ごすのも不安で、息抜きしてもらいたいという気持ちはあっても、なかなか行動に移せないことが多いのではないでしょうか。

ママに息抜きしてもらうといっても、難しく考える必要はありません。その時にパパができる最大限のことをしてあげるだけでも、ママはきっと喜んでくれるはず。

ここでは、育児に慣れていない新米パパでも、短時間でできる方法をご紹介します。簡単に、数十分でできるものから難易度が高いものまで、いくつかの方法を取り上げますので、無理せず、段階を踏んでチャレンジしてみてくださいね。

Sponsored Links

レベルアップを目指せ! 新米パパがママにリフレッシュタイムを作る5つの方法

レベル1.ママがくつろげるバスタイムを作る

4465fefe358b3f06dbc874e4f6772a90_s
まずは、ママにお風呂でゆっくりとくつろいでもらいましょう。

赤ちゃんの育児中は疲れがたまる一方で、なかなか1人でゆっくり湯船につかるということができませんので、ママも喜んでくれるはず。

ママの入浴中の20~30分程度なら、たとえ赤ちゃんが泣いてもパパがあやしたり抱っこしたりしてやり過ごせますよね。ママが外出して赤ちゃんと2人きりとなると不安なパパでも、ママが同じ家の中にいるのなら安心でしょう。

授乳が終わり、赤ちゃんが寝ているタイミングや、ご機嫌で過ごしているタイミングを見計らい、ママに「1人でゆっくりお風呂に入っておいで」なんて言ってみてはいかがでしょうか。

その時、ママが好きな香りの入浴剤などを一緒にプレゼントしてあげると、パパの株もあがるかも?!

レベル2.ママに1人でコンビニに行ってもらう

8ee5c40e401822c7acd24176a27be122_s
さて、少し育児にも慣れてきたと感じたら、今度はママに1人でちょっとだけ出かけてもらいましょう。

長い時間赤ちゃんと2人きりになるのはまだパパも不安でしょうから、行き先は近所のコンビニなどの近場でOKです。

「コンビニに行くくらいで息抜きになる?」

と思うかもしれませんが、育児中にママが抱える閉塞感はパパが考えるよりもずっと大きく、「たった数分でもいいから赤ちゃんと離れて1人になりたい」と考えるママも多くいます。ふらっとコンビニに出掛けるだけでも、どれだけリフレッシュした気分になるかわかりません。

この時も、授乳などが済んで赤ちゃんが寝ている時やご機嫌で遊んでいるタイミングを狙いましょう。

レベル3.休日の朝ご飯を作る

ba655071d5d697d756f30480a7dc54c5_s
育児には慣れていないけれど、料理なら多少できる! というパパは、ぜひともママに朝ご飯を作ってあげてはいかがでしょうか?

「ママに1人の時間を作って息抜きしてもらう」という目的からは少し逸れますが、普段している家事を肩代わりしてもらえるというのも、ママにとっては嬉しいことです。

休日の朝、少し早起きして朝ご飯を作ってあげればママの家事の負担も減りますし、普段赤ちゃんの夜泣きで寝不足のママにとっては、たとえ1時間でも30分でも朝ゆっくり寝ていられるなんて、とってもありがたいこと!

たまにはママに朝寝坊してもらうために頑張ってみてください。

レベル4.夜泣きの対応を代わる

c2ede770eb424cd35a79b68232cc6d29_s
ここまでこなせたら、次はややハードルが高い、赤ちゃんの夜泣きの対応をしてみましょう。

普段、赤ちゃんの夜泣きにメインで対応しているのがママは、とにかく夜に誰にも起こされずに寝たいと思っているもの。1日だけでもパパが夜泣きの対応を代わって、ママの睡眠時間を確保してあげるのも良い方法です。

休日の前など余裕のある日の夜、ママには別室で1人でぐっすり寝てもらい、パパは赤ちゃんと一緒に過ごします。オムツや着替え、ミルクなど、赤ちゃんと共に一夜を過ごす準備を万端にし、夜泣きにどう対処すればいいか、その方法も頭に入れ、しっかり気合を入れて臨んでくださいね。

レベル5.美容院へ行ってもらう

1fd2a3154da0342480feb9e658f22da6_s
さて、いよいよ最終段階とも言える方法は、「ママに美容院へ行ってもらう」です。

女性が美容院へ行くとなると、カット、シャンプーだけでも1~2時間、パーマやカラーリング、縮毛矯正などをする場合は髪質や髪の量、長さにもよりますが3~4時間ほどかかります。

移動に必要な時間を考えても、半日くらいは家をあけることになるでしょう。その間、パパは一人で赤ちゃんのお世話をします。

オムツを替え、ミルクを飲ませたり離乳食を食べさせたり、遊んであげたりお散歩に出かけたり寝かしつけたりと、基本的な一連の育児をこなすことができないと、赤ちゃんと一緒に半日を過ごすことは難しいかもしれませんので、新米パパは自分自身の育児スキルをある程度上げてから挑戦してみましょう。

これだけは気をつけて! ママをがっかりさせないために注意すること

238040a0e473e5fe25166e22a77d1f64_s
レベル1の「ママにゆっくり入浴してもらう」や、レベル2の「コンビニへ行ってもらう」などの場合は、短時間赤ちゃんと過ごすだけですので心配はないでしょうが、パパが朝ごはんを作ったり、赤ちゃんと2人でお留守番をしたりする場合は、その後の片付けまできちんと意識する必要があります。

せっかくママにリフレッシュしてもらうのに、朝ごはんを作った後の生ごみや洗い物がシンクに置きっぱなしだったり、赤ちゃんのオモチャや洗濯物が散乱していたりしては、ママも少しがっかりしてしまうかもしれません。

また、夜泣きの対応で疲れたからと言って不機嫌な態度を取ったり、その後ママと赤ちゃんを放ったらかして1人で寝ていたりするのも考えものですね。ママに息抜きしてもらう時は、その後にママの負担が増えることのないよう、気配りしてあげることも大切です。

レベル1からレベル5まで、ママに息抜きをしてもらう方法をご紹介してみましたが、いかがだったでしょうか?「これならできそう!」と思うものからこなして順番にレベルアップし、ママにたくさんリフレッシュの時間を作ってあげてくださいね。

最終的には、

「そろそろ美容院に行っておいで」

なんて、自分からママに言ってあげられるようになることを目標にしてみましょう。そこまでできたなら、新米パパも立派なイクメンになっていること間違いなしです!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top