BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。100以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

【次男の嫁】姑と長男嫁との板挟み、不公平…あるある9個

【次男の嫁】姑と長男嫁との板挟み、不公平…あるある9個

義両親や親戚たちなど、さまざまなしがらみに苦しんでいるのは、長男のお嫁さんだけではありません。

次男のお嫁さんもその立場の微妙さから、長男のお嫁さんと同じように、いいえ、時にはそれ以上に悩んだりプレッシャーをかけられたりしているようです。

長男も次男もないような時代になってきたとはいえ、お嫁さんはいつも苦労がたえないもの。

次男のお嫁さんは、お姑さんや長男のお嫁さんとの間で板挟みになったり、長男のお嫁さんと比べられたりすることが多く、その気持ちの吐出し口がなくなって悩むことも多いようです。

また、長男も次男もない時代になったからこそ、次男のお嫁さんに余計な負担がふりかかってしまうこともあるのではないでしょうか。

ここでは、そんな悩める次男の嫁の「あるある」をまとめてみました。

Sponsored Links

板挟み、比較、思わぬ負担……、次男の嫁でも苦労はあるんです!

1.姑から長男の嫁の愚痴を聞かされる

次男の嫁は姑の味方をせざるをえらない
何かとそりが合わない様子のお姑さんと長男のお嫁さん。

義実家に行くと、お姑さんが長男のお嫁さんのことを延々と愚痴ってくる、というケースはとても多いようです。

次男の嫁だけに、お姑さんにたてつくわけにもいかず、かといって一緒になって長男のお嫁さんを悪く言うわけにもいかず……

「そうなんですか~、大変ですね」

なんて小声で相槌を打ちつつ、それとなく長男のお嫁さんをフォローするのが精一杯です。

2.長男の嫁から姑の愚痴を聞かされる

次男の嫁は長男のご機嫌取りも必要

反対に、長男のお嫁さんからお姑さんの愚痴を聞かされるケースも多々あります。

たとえ自分もお姑さんのことをよく思っていなかったとしても、一緒になってお姑さんの愚痴を言うと、どうなってしまうでしょう?

女同士の関係は怖いもので、それを長男のお嫁さんから告げ口されてしまう可能性もあるのです。それだけに、下手なことは言えません。

こちらも決して同調はせず、適当に相槌を打って受け流すしかないようですね。

3.優秀な長男の嫁と何かと比べられてしまう

次男の嫁は比べられる。そして勝てない。
長男のお嫁さんが、テキパキと動きまわり、よく気を配り、親戚付き合いも上手な、何でもこなす完璧タイプである場合、次男のお嫁さんは何かと比較されてしまうことがあります。また、お嫁さん自身のことだけではなく、子供の成長や発育、しつけなどについて比べられることも。

これがとても嫌だと感じる次男のお嫁さんは多いでしょう。

しかし、次男のお嫁さんの中には、長男のお嫁さんを立てるため、目立たないように、出しゃばらないように、比べられてもあえて何もせず、自ら「できない嫁」になっているという方もいるようです。

嫁同士、女同士、程よい距離感とよい関係を保つためには、こうした知恵も必要なのかもしれませんね。

4.長男のお嫁さんと何かと差を付けられてしまう

次男の嫁は差をつけられる
長男のお嫁さんと比べられると同時に、その待遇に差を付けられている次男のお嫁さんもいます。

  • 長男のお嫁さんにはお酒をすすめるのに、次男の嫁にはすすめられない
  • 長男のお嫁さんには話しかけるのに、次男の嫁にはあまり話しかけない
  • 長男のお嫁さんのことは「〇〇ちゃん」と呼ぶのに、次男の嫁のことは「ねえ」「ちょっと」などと呼ぶ
  • 長男のお嫁さんの子供ばかり可愛がり、次男の嫁の子供には見向きもしない

などなど。

結婚したのが長男よりも遅い場合は、今までのお付き合いの密度による差でもあるのかもしれません。あるいは、義両親が長男夫婦に同居や介護を期待している場合、長男のお嫁さんの機嫌を損ねないように気を遣っているとも考えられます。

いずれにしろ、義両親のこうした態度の違いを目の当たりにすると、寂しいような悲しいような気持ちになるものです。

5.たまに義実家に顔を出すだけで予想以上に喜ばれる

次男の嫁は長男の嫁に妬まれることも
長男のお嫁さんが義両親と同居している、あるいは近居である場合、次男夫婦は時々義実家に顔を出すだけで大いに喜ばれることがあります。

Sponsored Links

特に何をするわけでもないのに、義実家に行っただけで株が上がるのは、次男のお嫁さんのメリットでもあるでしょう。

ただ、それをよく思わない長男のお嫁さんとの関係が微妙になってしまう可能性もあるのがネックです……

6.長男の嫁から「気楽でいいわね」と言われてしまう

次男の嫁は頑張っても気楽に見えて損
長男のお嫁さんが同居や介護をしている・することが決まっていると、次男のお嫁さんは負担が少ないために「気楽でいいわね」なんて嫌味っぽいことを言われてしまうことも。

上記のように、たまに顔を出すだけで喜ばれる次男夫婦は尚の事、長男のお嫁さんには面白く思われていない可能性が高いでしょう。

自分たちもできる限り長男のお嫁さんのサポートをする、やれることは協力する、という姿勢を見せることも大切かもしれません。

7.長男の嫁より近くに住んでいるので何かと頼りにされてしまう

次男の嫁も普通に頼りにされる
反対に、長男夫婦が義実家に寄りつかなかったり、遠く離れた場所に住んでいたりすると、代わりに次男夫婦、次男のお嫁さんが何かと頼りにされるケースもあります。

長男夫婦の代わりに同居・介護要員として当てにされたり、近くに住むようにそれとなく言われたりしている次男のお嫁さんもたくさんいるようですね。

また、同居や介護といった将来的なことに限らず、長男夫婦より近くに住んでいるというだけで、用事を言いつけられたり呼び出されたりすることもあります。

8.長男の嫁より先に妊娠・出産すると何となく気まずい

次男の嫁は長男の嫁より先に妊娠すると気まずい
長男より次男の方が結婚が早かったり、家族計画の違いだったりと、さまざまな理由で次男のお嫁さんが先に子供、特に男の子を産むと、何となく気まずい思いをしてしまうことがあります。

現代では、兄弟間での結婚や出産の順番にそれほどこだわらない人も多いでしょうが、義両親が世間体を気にする性格だったり、長男のお嫁さんが義妹の妊娠・出産にプレッシャーを感じたりしていると、次男のお嫁さんとしては、悪いことをしているわけでもないのに、いたたまれない気持ちになるかもしれません。

しかし、こればかりは授かりものですし、あまり気にしすぎると長男のお嫁さんもかえって不快な思いをする可能性もありますので、自分たちの家族計画を優先して構わないでしょう。

9.長男が独身の場合、次男の嫁にいろいろ期待される

次男の嫁も期待される
これまでは長男が既に結婚しているケースについてあげてみましたが、次男が先に結婚し、長男はまだ独身という家庭も、当然ながら多くあるでしょう。

長男に結婚する気がなかったり、独身を貫きたいと考えていたりすれば、義両親、特にお姑さんからの期待は次男夫婦に集中します。

同居や介護、将来の墓守について期待されるのはもちろん、親戚の集まりや冠婚葬祭での立ち回りなどで、長男の嫁と何ら変わらない行動を求められることもあるでしょう。

次男の嫁だからといって、安心だったり気楽だったりするとは限りませんね。

「結婚相手は長男より次男」という風潮もありましたが、それも今となっては昔の古い価値観に過ぎません。

次男の嫁だから楽だと感じている方も実際には多いでしょうが、それでも、時にはいろいろなしがらみに悩まされたり、お姑さんと長男のお嫁さん都の間で板挟みになったりすることもあるでしょう。

ひどい場合は、自分だけでなく子供も、長男のお嫁さんやその子どもと比較されたり差別されたりしているケースもあります。

また、長男・長男夫婦の動向によっては、次男夫婦の負担が大きくなり、実質的には長男の嫁と変わらない立場になっている方もいます。長男と結婚したから大変、次男と結婚したから楽、なのではなく、それぞれの家庭のそれぞれの事情によって、大変さも苦労も増えたり減ったりするものなのでしょう。

いずれにせよ、長男の嫁、次男の嫁という立場の違いはあっても、お互いの苦労を認めて労い合い、ともに協力しながら双方の負担を少なくするための努力を重ねていくことが望ましいのかもしれませんね。

Return Top