BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。100以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

親子で寝る前のひとときを楽しもう|ゲーム感覚で読める絵本5選

寝る前の絵本

寝る前に絵本の読み聞かせをしているご家庭では、いつもどんな絵本を選んでいるでしょうか?

寝かしつけのためには、静かでやさしい雰囲気の絵本を選ぶのも有効ですが、たまには趣向を変えて、親子で寝る前のひとときを楽しんでみませんか?

今回は、ゲーム感覚で読める楽しい絵本をご紹介しましょう。

Sponsored Links
-

寝る前に布団の中で遊べる! 親子で読みたい遊び絵本

1.「とこちゃんはどこ」松岡享子 著・加古里子 絵/福音館書店

おとうさん、おかあさんとおでかけをしたとこちゃんが、あちこちへ行ってしまい、大騒ぎ。さあ、一緒にとこちゃんを探しましょう。どこにいるのかな?

昔流行した「ウォーリーを探せ」にも似たテイストの、楽しい絵本です。

細かなイラストの中から、赤い帽子をかぶったとこちゃんを探すのですが、意外に見つからず、パパやママも苦戦してしまうかもしれません。

お子さんと一緒に、とこちゃんを見つけてくださいね。

2.「あいうえおうさま」寺村輝夫 文・和歌山静子 絵・杉浦範茂 デザイン/理論社

ぼくは王さまシリーズで有名な寺村輝夫さん、和歌山静子さんの、言葉遊び絵本。ひらがなを覚え始める3~5歳くらいの子供に最適です。

50音それぞれに、楽しく愉快でハチャメチャな王さまの姿が描かれ、それがおかしくて思わず笑ってしまうページもあります。

テンポよく、まるで歌うように、一気に読めるので、親子で楽しく、あいうえおの勉強ができそうな一冊です。

3.「コんガらガっち どっちにすすむの本」ユーフラテス/小学館

Eテレの人気子供番組「ピタゴラスイッチ」を手がけたスタッフによる、指でたどる絵本です。

2種類の動物がこんがらがったキャラクターのかわいさと、指でたどって、自分だけのストーリーを作っていく楽しさが、とても魅力的。

順番を変えると異なるストーリーになったり、最後にできあがるものが違ったりと、一冊で何通りの結末にもたどり着けるので、繰り返し何度も楽しむことができます。

Sponsored Links

このコんガらガっちの指でたどる絵本は、ほかにも2冊ありますが、そちらもゲームのように楽しめるので、シリーズで揃えるのもオススメです。

4.「でんしゃでいこう でんしゃでかえろう」間瀬なおかた/ひさかたチャイルド

前から読めば「でんしゃでいこう」、後ろから読めば「でんしゃでかえろう」と、二通りの物語になっています。電車が駅から駅へ、いろいろな風景の中を走るだけの単純な絵本なのですが、トンネルへ入るごとに景色が切り替わり、その場所ごとに、進む電車の音も変わっていきます。

電車大好き、擬音大好きな子供にピッタリの絵本ですね。

風景のイラストは細かなところまで美しく、電車に乗る乗客の描写も、ページをめくるごとに変化するなど、細部にわたって作りこまれているので、大人も見るたびに発見があって楽しめます。

5.「わにさんどきっ はいしゃさんどきっ」五味太郎/偕成社

虫歯になってしまったわにさんと、そのわにさんにおびえる歯医者さん。

両者が同じセリフをしゃべっているのに、その意味が微妙に違っている、というユーモラスな言葉遊びの絵本です。

五味太郎さん独特の絵と、短いながら印象深いフレーズが、いつまでも頭に残ります。歯磨きが苦手なお子さんにもオススメですよ。

以上、親子で読める遊び絵本を5冊ご紹介しました。

寝る前のひととき、親子で温かい布団に入り、絵本を読みながら静かに遊んでみてはいかがでしょうか?

Return Top