BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。100以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

赤ちゃんがグズるのはビタミンB群の不足が原因?栄養と夜泣きの関係

85

赤ちゃんが泣いてばかりで寝てくれないと、ママはヘトヘト。
自分の食事さえままならないということもありますね。

しかし、育児に追われてきちんと食事ができていない、あるいはストレスで食欲がない、というママは要注意。

赤ちゃんの夜泣きやぐずりの原因は、もしかしてママの栄養不足に関係があるのかもしれません。

Sponsored Links

夜泣きの原因はビタミンB群の不足?

栄養素の摂取バランスを見直し、治療や生活の質の向上に役立てる栄養療法では、【赤ちゃんの夜泣きの原因はビタミンB群の不足が原因である】という説があります。

ビタミンBの役割

ビタミンB群とは、ビタミンB1、B2、B6,B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸など。

主に糖質や脂質、たんぱく質の代謝に深く関わる、いわば人間が生きていくために欠かせない栄養素であるため、体内で消費される量も多く、食生活が偏るとすぐに不足がちになってしまいます。

ビタミンB不足が招くもの

このビタミンB群が不足すると、エネルギーが不足しやすい状態になるため、疲れやすい、イライラする、やる気が起きないといった症状があらわれます。

ママがビタミンB群不足のためにこうした状態になってしまうと、赤ちゃんの心理状態に影響し、夜泣きがひどくなる可能性があります。

また、母乳育児をしているママの場合は、母乳中のビタミンB群が不足すると、赤ちゃんもまたビタミンB群不足になってしまうと考えられるのです。

Sponsored Links

神経伝達物質の生成にも関わるビタミンB群

2013-11-21_17h48_36
ビタミンB群は、神経伝達物質の生成にも関わっています。

神経伝達物質の中でも、メラトニンは睡眠ホルモンとも言われ、心を落ち着かせて心地よい眠りに導く作用があります。

メラトニンの分泌を促すのが、体内時計を調節し、生活リズムを作る役割があるセロトニン。このセロトニンの生成に、ビタミンB6が必要になるのです。

幸せホルモン、セロトニンが作れなくなる

つまり、ビタミンB6が不足してしまうと、セロトニンが作られなくなり、結果としてメラトニンも減少してうまく眠れなくなってしまう、という悪循環が起こってしまいます。

これは赤ちゃんの体内でも同じ。

赤ちゃんも、神経伝達物質が正常にはたらかなければ、うまく眠ることができないのです。

夜泣き対策・疲れ対策として、ママがビタミンB群を積極的に摂取しましょう

赤ちゃんの夜泣きや、理由のわからないグズグズで悩んでいるママには、ビタミンB群を積極的に摂取することをオススメします。

ビタミンB群の豊富な食品は、レバー、大豆などの豆類、かつお、マグロなどの魚類や魚介類など。

これらを意識して食べるとともに、ビタミンB群の含まれるサプリメントを利用するのもいいでしょう。

ママのビタミンB群不足が解消すれば、母乳を飲んでいる赤ちゃんもビタミンB群を摂取でき、夜泣きの軽減に役立つかもしれません。

Return Top