BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。150以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

孫の名前を提案したい…嫁と揉めないために抑えておきたいポイント

660

このサイトを訪れる人の中には、息子が結婚して「嫁」の立場から「姑」の立場にシフトチェンジした人もいるかもしれません。

姑という立場は、お嫁さんからだけでなく、息子からも世間からも、予想以上に風当たりが強いものです。

「いい姑になるのは、いい嫁になるよりも難しい」と言われるように、新米の姑として、お嫁さんとの接し方や距離の取り方に悩んでしまうこともあるのではないでしょうか。

そこでこれから、姑としてどう立ち回ればお嫁さんとよい関係が築けるのか、お嫁さんの気持ちを理解するにはどうすればよいのかということにスポットを当て、いくつかのお話をしていきたいと思います。

まず最初のテーマは、姑の立場でも、嫁の立場でも悩んでいる人が多い「赤ちゃんの名付け」について。待望の孫が生まれるとなった時、気になるのはその名前ですよね。

  • 姑として、孫の名前に口を出してもいいの?
  • 口を出す時は、どんなことに気をつければいいの?

そんな疑問をどう解決すべきか、お嫁さんの気持ちを交えながらお伝えしていきましょう。

Sponsored Links

名付けに口を出されて悩むお嫁さんは多い!

孫の誕生を待ちわびるあまり、気持ちが盛り上がって「どんな名前がいいかしら?」とつい考えてしまうお姑さんは多いようです。

しかし、考えるだけならまだしも、それを直接息子夫婦に押し付けてしまうと、途端に嫌がられてしまいますから注意が必要です。

あるアンケートでは、入籍後、親に口出ししてほしくないことは何かという問いに対し、非常に多くの人が「子供の名付け」と答えているそうです。

現在の姑世代の女性がお嫁さんだった頃には、赤ちゃんの祖父母にあたる人物が名付けをする風習などもあり、希望の名前が付けられないことも多かったでしょう。だからこそ、孫の名前に固執してしまうケースもあるのかもしれません。

しかし、お姑さんにとって初孫なら、息子夫婦にとっても初めての子供。

かつて嫁の立場だった自分がそうであったように、子供の名前は夫婦2人で決めたいと思うのは当然のことです。まずは、お嫁さんのこうした気持ちを尊重してあげましょう。

お嫁さんとしては、お姑さんが孫の誕生を喜んでくれる気持ちもわかるだけに、名前についてあれこれ言われても、無下にすることはできません。また、自分の親に口を出される分には何とでも言い返すことができますが、お姑さんに口を出されると、波風を立てたくないあまり我慢したり、夫に相談できずに1人で悩んでしまうことも多いのです。

Sponsored Links

良かれと思ってしていることも、実はお嫁さんを困らせてしまう可能性があるということも、頭に入れておきましょう。

孫の名前を提案したい! そんな時はどうする?

基本的には、赤ちゃんの名付けは夫婦でするものと考えて、姑の立場からは何も言わないのが最も良い方法です。

それでも、やはり孫にどんな名前を付けるのかは気になってしまいますよね。もしも、孫の名付けについて何かしら自分の気持ちを伝えたいと思う時には、次のようなことに気をつけてみましょう。

相談されたら応えるというスタンスで

名付けについて、突然「〇〇はどうかしら?」なんて言われると、お嫁さんはビックリするとともに「私たちの子供なのに、どうしてお義母さんが名前を考えているの?!」と不快感を持ってしまうかもしれません。

名前を考えるのは自由ですが、自分から張り切って提案するのはちょっと待った方がいいでしょう。

必要なのは、先走り過ぎず、相談されたら応えるというスタンス。息子夫婦が名付けで悩んでいたり、名付けについて意見を求めてきた時には、存分に相談に乗ってあげてください。その時に、さり気なく「こんな名前はどう?」と提案する方法がオススメです。

名前を聞いたら頭ごなしに否定しない

「もう名前は決めたの?」と聞いた時、息子夫婦はいくつかの名前の候補を教えてくれるかもしれません。

その時あげられた名前は、絶対に否定しないようにしましょう。

名前というのは、ただの記号ではなく、息子夫婦の願いや希望が込められた大切なもの。赤ちゃんへ贈る初めてのプレゼントでもあるのです。それを頭ごなしに否定されたら、いい気持ちはしませんよね。

実際に、前々から考えていた名前を姑から否定され、嫌な思いをしたというお嫁さんは多くいます。

自分の好みに合わなかったり、今風のキラキラネームと呼ばれる名前だったりしても、頭ごなしに否定するのはやめ、どんな意味を込めてつけた名前なのかを聞いてみましょう。

「名前はもう決めた」と言われたら、それ以上口出ししない

2人で赤ちゃんの名前を決めたら、出産まで誰にも教えないという夫婦もいます。あるいは「候補はあるが、生まれた赤ちゃんの顔を見て決める」という夫婦も。

これは、周りからの口出しを牽制する意味も込められています。

すでに決まっていると言われたら、それ以上の口出しは無用。しつこく聞き出そうとしたり、自分好みの名前を提案したりしても、煙たがられるだけですから、孫の名前は生まれてからのお楽しみにとっておきましょう。

どんな名前であれ、息子夫婦が一生懸命考えた名前であれば、生まれてきた孫の顔を見ると同時にすんなりと受け入れられるかもしれません。

必要以上に口出しすることはやめて、おおらかな心で孫の誕生と命名を待ってあげてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top