BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。100以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

甘酒・粕汁も大丈夫?よい母乳をたくさん出すための食べ物・飲み物

甘酒・粕汁も大丈夫?よい母乳をたくさん出すための食べ物・飲み物

赤ちゃんが毎日口にする母乳は、ママの血液から作られています。そのため、ママは質の良い血液をたくさん作らなければなりません。

母乳育児を続けるために大切なのは、ママの食事。

小さな赤ちゃんを抱えながら料理するのは大変ですし、時には食べることすらままならないこともあるでしょう。

でも、育児は体が資本です。母乳育児のママは、特に食べ物・飲み物に気を遣い、よい母乳をたくさん赤ちゃんに与えられるようにしましょう。

Sponsored Links

母乳育児にピッタリなのは、やっぱり和食

2eeaa1d9f421041282953b5c4598babf_s
母乳育児をするにあたっては、和食中心の献立がよくすすめられます。

簡単に言うと、野菜はたっぷり、肉よりも魚を選ぶ、白米を多めに食べる、などがコツ。

一番いいのは、豚汁、けんちん汁、ポトフ、ミネストローネといった具沢山の汁物です。野菜がたくさん摂取でき、体も温まって血行がよくなりますよ。

根菜類は特に母乳の出をよくしてくれるので、たっぷり入れましょう。汁物は作り置きができるので、時間がある時にまとまった量を作っておくと便利ですね。

母乳をつくる炭水化物

また、母乳育児には白米やうどんなどの炭水化物が欠かせません。炭水化物は母乳の主成分であり、エネルギーともなるものです。

不足してしまうと母乳が出にくくなったり、またママの栄養が足りずに低血糖になり、具合が悪くなることもあります。ご飯はしっかり食べましょう。

ちなみに私は、時間がある時にご飯を多めに炊いて、小さなおにぎりをたくさん作っておきました。おにぎりは冷凍できるし、赤ちゃんを抱っこしたまま食べられるのでとても重宝します。

授乳中はとにかくお腹が減りますが、だからといって甘いものやスナック菓子などをおやつに食べるのは当然母乳にとってよくありません。

小腹がすいた時には、おにぎりを食べてお腹を満たすことをオススメします。

母乳の出をよくする飲み物は?

c859d4ac191d1f424eee2f58e6ac801f_s
母乳はそのほとんどが水分ですから、ママもいつも以上に水分を摂取することが大切。

冷たい水やお茶はなるべく避けて、夏場でも白湯や温かいお茶を飲んで体を冷やさないようにしましょう。

母乳育児の場合、カフェインの入った緑茶、紅茶、コーヒーなどは飲み過ぎないようにし、麦茶やほうじ茶、ルイボスティーなど、体にやさしいお茶を飲むといいですね。

栄養豊富な甘酒
また、母乳育児にピッタリな飲み物として、甘酒があげられます。「飲む点滴」とも呼ばれる甘酒は栄養価が高く、特にビタミンB群やアミノ酸が豊富。

ブドウ糖も多く含まれているので、ご飯が食べられない時に甘酒を一杯飲むだけでもエネルギー補給になります。

甘酒のメリット

授乳中のママにオススメなのは、米麹から作られる甘酒。米麹の甘酒は発酵食品であり、アルコールは含まれていません。そして、次のようなメリットがあります。

  • 効率よく栄養が補給できる
  • 血液がサラサラになる
  • 冷えを予防・改善する
  • 疲労回復や免疫力の向上に役立つ
  • 腸内環境の改善、便秘予防に役立つ
  • 美肌効果が期待できる

たっぷりの栄養が含まれ、血行促進や冷え予防といった効果が期待できる米麹の甘酒は、母乳育児中にピッタリの飲み物なのです。

Sponsored Links
甘酒の作り方
甘酒は、米麹と水があれば炊飯器や魔法瓶などで手軽に作ることができます。

米麹と同量のお湯を65度程度に温め、そこに米麹を入れて再び65度程度になるよう加熱します。

それを、あらかじめお湯などで温めておいた炊飯器や魔法瓶に入れ、8時間ほど放置するだけ。

炊飯器の場合は保温モードで放置しますが、蓋をあけたまま上から布巾などをかけておき、時々かき混ぜて温度が上がり過ぎるのを防ぐのがポイント。

魔法瓶の場合は蓋をしたまま放置してOKですが、4時間ほど経過した時に一度鍋にうつし、60度程度まで加熱して再び保温するとより美味しくなります。

作った甘酒は冷凍保存も可能なので、手作りが好きなママはぜひチャレンジしてみてくださいね。

「私だって美味しいものが飲みたい!」

妊娠中ずっと好きなものを我慢していたのに、子供が生まれても我慢し続けないなんて…アレもダメ、コレもダメばかりでは、ストレスが溜まりまくって辛すぎますよね。

こちらの記事で授乳中も美味しく飲める飲み物を紹介しています。ぜひストレス解消にお役立ててください。

酒粕の甘酒や粕汁は授乳中に飲んでもいいの?

dbc6fe478041132994968857213d7588_s
米麹と同様に甘酒の原料となるのが酒粕ですが、酒粕にはアルコールが含まれているのは御存知の通り。それだけに、酒粕の甘酒を授乳中に飲んでもいいの? という疑問を持つママも多いでしょう。

そもそも、妊娠中はともかくとして、授乳中のアルコールは絶対に禁止というわけではありません。

もちろん、ママが飲んだアルコールは母乳にも含まれてしまうため、アルコールを摂取しないに越したことはないのですが、体重1kgあたりアルコールの摂取量が0.5gを超えなければ許容範囲だと言われています。

これはどれくらいの量かというと、体重が50kgの女性なら、アルコール度数5%のビール350~500mlほど。

ですから、酒粕から作られる甘酒を1杯飲む程度であれば、それほど神経質になることはないと考えられます。

酒粕で作る甘酒は発酵させる必要がないため、簡単に作れるのがメリット。

酒粕自体も栄養豊富ですし、米麹から作られる甘酒と同じく、ビタミンや食物繊維、アミノ酸のほか、葉酸が多く含まれています。

しかし、酒粕で作る甘酒には砂糖や蜂蜜などの甘味を加える必要があるため、カロリーが高くなりやすいというデメリットもあります。母乳のために毎日飲むのであれば、酒粕よりも米麹の甘酒の方がオススメと言えそうですね。

ちなみに、上記で母乳育児中は野菜たっぷりの汁物がオススメと述べましたが、酒粕を使って作る粕汁は授乳中に飲んでもいいのでしょうか?

酒粕のそのもののアルコール度数は約8%と言われていますが、アルコールは水よりも沸点が低く、また具材を加えて調理することでアルコール分が薄まることから、粕汁を作る際にしっかりと煮立たせてアルコール分を飛ばせば影響はほとんどないと考えられます。

こちらも、お椀1~2杯程度であれば神経質になる必要はないでしょう。同様に、粕漬けの魚や調理酒などもしっかり加熱して調理するのであればOKです。

ただし、極端にアルコールに弱い体質のママは、酒粕の甘酒や粕汁も念の為に避けた方がいいかもしれません。

また、どうしても酒粕に含まれるアルコール分が気になるというママは、

  • 授乳した直後に甘酒や粕汁を飲む
  • 次の授乳まで2時間ほどあける(アルコールの代謝は飲酒後30~90分でピークになります)
  • 搾乳してから授乳する

といったことを心がけてみてくださいね。

Return Top