BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。150以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

母乳が出やすく乳腺炎を防ぐ|妊娠中・授乳中にオススメのお茶

68

妊娠中や授乳中は、食べ物だけでなく飲み物にもとても気を遣いますね。

アルコールやカフェインが入っている飲料を避けるのはもちろん、炭酸飲料や甘いジュースなども妊娠中の体重管理、産後の健康管理の面から、あまり飲み過ぎないようにしたいものですね。

それなら、お茶は何でも飲めるかというと、お茶でも妊娠中・授乳中に飲めるものと、飲まない方がいいものがあります。

今回は、妊婦さんや授乳中のママが安心して飲める、オススメのお茶についてご紹介しましょう。

妊娠中のプレママにオススメなお茶

妊娠中は、体のさまざまな変化によって汗をかきやすくなり、喉が渇くことが多いもの。必要な水分量も普段より増えるため、積極的な水分補給を心がけることが大切です。

しかし、普段から手軽に飲める緑茶や紅茶、烏龍茶などはカフェインが含まれます。妊娠中にカフェインを多く摂取すると、胎盤を通してお腹の赤ちゃんにカフェインが届いてしまいます。胎児はカフェインを上手に排出することができないため、その影響を受けやすく、発達が妨げられるおそれがあると言われています。

また、カフェインは鉄分の吸収を阻害してしまいますので、貧血になりやすい妊娠中はカフェインの多い緑茶や紅茶、コーヒーを大量に飲むことはオススメできません。

それでは、カフェインの含まれない、プレママにオススメのお茶とはどんなものがあるのでしょうか? 以下にいくつかあげてみましょう。

麦茶

麦茶は、ノンカフェインでミネラルと食物繊維が豊富、しかも、いつでもどこでも手軽に購入できてコスパがよい、優秀な飲み物。たくさん作ってゴクゴク飲めるのが嬉しいですね。

ただし、麦茶は体を冷やすとも言われていますので、妊娠中は常温かホットで飲むように心がけましょう。そして、麦茶と似ている「ハトムギ茶」には子宮を収縮させる作用を持つ成分が含まれていると言われています。

少量であればそれほど神経質になる必要はないと考えられますが、念のため、妊娠中は普通の麦茶を飲むようにしたいですね。
 

たんぽぽ茶、たんぽぽコーヒー

たんぽぽの根や茎から作られる、たんぽぽ茶やたんぽぽコーヒーは、ビタミンやミネラルが豊富でカフェインレスなので、安心して飲むことができます。

血行をよくする、体を温めると言われているため、妊娠中から産後にかけて長く愛飲するママも多くいます。

ルイボスティー

ルイボスティーは鉄分や亜鉛などのミネラルを含む、ノンカフェインのお茶。便秘の解消やアンチエイジングにも効果的と言われることから、妊娠中の健康と美容をキープしたいプレママにオススメです。

妊娠中は、お腹の赤ちゃんやプレママ自身の健康のために、飲み物選びには慎重になりたいもの。カフェインの含まれるお茶やコーヒーは1日に1~2杯程度にとどめ、普段の水分補給には水のほかにも、上記のような飲み物を利用してみましょう。

授乳中のママにオススメなお茶

授乳中に摂取する水分が不足すると、母乳の分泌が滞ってしまう可能性もあります。母乳を飲ませているママが1日に摂取したい水分の量は、およそ3リットルとも言われていますので、普段以上に水分補給することを心がけたいですね。

カフェインを含むお茶やコーヒーをできるだけ避けるのは、妊娠中と同じです。ママが摂取したカフェインは母乳にも含まれ、赤ちゃんがその母乳を飲むことによってカフェインの覚醒・興奮作用の影響を受けることもあります。


授乳後にコーヒーを1杯飲む程度なら問題はありませんが、大量に飲むことは避けましょう。カフェインレス・デカフェのコーヒーや紅茶を利用するのも良い方法です。

授乳中に飲みたいカフェインの含まれないオススメのお茶は、次のとおりです。

たんぽぽ茶、たんぽぽコーヒー

妊娠中にもよいとされるたんぽぽ茶、たんぽぽコーヒーは、授乳中も引き続きオススメしたい飲み物です。

たんぽぽには前述のとおり、血液の流れをよくする、体を温めるといった作用があるとされていますので、母乳不足の解消や、乳腺炎の予防を目的として飲むママも多いようです。効果の実感のしかたには個人差がありますが、実際にたんぽぽ茶を飲んで完母になったというママも多くいるようです。

麦茶

たくさんの水分を補給する必要がある授乳中、コスパと手軽さの面で最強とも言えるのは、やはり麦茶でしょう。ノンカフェインですし、常備もしやすいので普段の水分補給には最もオススメです。

授乳中も、体を冷やさないようになるべく常温またはホットで飲むことを心がけたいですね。

ごぼう茶

ごぼうから作られるごぼう茶も、血液の流れをよくしてくれることから、母乳の分泌にもよい影響を与えることが期待できそうです。また、ごぼうそのものが食物繊維を豊富に含んでいるため、産後、水分不足などが原因で陥りがちな便秘の予防にも役立つでしょう。

飲み物と乳腺炎の関係について
飲み物で乳腺炎を予防できるかどうかについては、意見がわかれるところでもあります。

母乳を分泌させるために水分補給をするのはとても重要なことですが、特定の飲み物を飲んでいるから必ず乳腺炎を防げる、というわけではありません。

水分補給を心がけながら、授乳間隔や授乳する時の姿勢、ストレスや疲労など、乳腺炎の原因となるものをひとつずつ取り除き、上記のような飲み物とともに、食事からも十分な水分と栄養を摂取することを心がけましょう。

ストレスが溜まるほどカフェインを我慢するのはNG

妊娠中から授乳中にかけてセーブすることが必要な、カフェインの摂取。しかし、自分や赤ちゃんの体によくないからと極端にカフェインを制限してイライラしてしまっては元も子もありません。

絶対に飲まない!というのではなく、コーヒーや紅茶でも、1日1~2杯、授乳の後に楽しむの程度なら問題はないとされています。

また、カフェインは摂りたくないけれど、どうしてもお茶やコーヒーが飲みたい!という人のために、最近ではカフェインレスのお茶やコーヒーも種類が増えてきました。

こちらの記事では、授乳中のカフェインとの付き合い方とともに、授乳中でも飲み物でほっと一息つきたいママのために、ココアやミロなどの美味しい飲み物についてご紹介していますので、ぜひご参考にしてくださいね。

妊娠中・授乳中に安心して飲めて、しかも血行促進や冷えの改善といったさまざまな効果が期待できるよう独自にブレンドされたお茶なども、いろいろな会社から販売されています。

こういったお茶を活用するのもいいかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top