BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。100以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

母乳が出やすく乳腺炎を防ぐ|妊娠中・授乳中にオススメのお茶

68

妊娠中や授乳中は、食べ物だけでなく飲み物にもとても気を遣いますね。

アルコールやカフェインが入っている飲料を避けるのはもちろん、炭酸やジュースなどもあまり飲み過ぎないようにする必要があります。

それならお茶は何でも飲めるかというと、お茶でも妊娠中・授乳中に飲めるものと、飲まない方がいいものがあります。

今回は、妊婦さんや授乳中のママにはどんなお茶がピッタリなのかをご紹介します。

Sponsored Links

妊娠中のプレママにオススメなお茶

妊娠中にカフェインを摂取し過ぎてはいけないのは、胎児に対する負担が大きいほか、鉄分やカルシウムの吸収を妨げてしまうからです。

妊娠中は特に貧血になりやすいため、飲み物選びには慎重になりたいもの。

コーヒーや紅茶、緑茶などカフェインの含有量が高い飲み物はなるべく避けた方が無難でしょう。

妊婦さんにオススメなのは、カフェインの入っていない麦茶やルイボスティーなど。また、たんぽぽ茶や黒豆茶といったお茶も人気です。

授乳中のママにオススメなお茶

授乳中も、妊娠中と同じくカフェインが入った飲み物を避ける必要があります。

カフェインは母乳に移行して赤ちゃんの体内に入り、赤ちゃんの体に負担をかけるほか、赤ちゃんが興奮してぐずったり寝なくなったりする可能性もあるためです。

Sponsored Links

授乳中のママは特に水分補給が大切なので、手軽にごくごく飲める麦茶が一番オススメ。

また、血行をよくして母乳を出やすくする作用があるたんぽぽ茶、血液をサラサラにし、乳腺炎を防ぐといわれるごぼう茶などもすすめられています。

ストレスが溜まるほど我慢するのはNG

しかし、自分や赤ちゃんの体によくないからと極端にカフェインを制限してイライラしてしまっては元も子もありません。

絶対に飲まない!というのではなく、1日1~2杯などセーブしながら楽しむのはOKです。

カフェインは摂りたくないけど、どうしてもお茶やコーヒーが飲みたい!という人のために、最近ではカフェインレスのお茶やコーヒーも種類が増えてきました。

大のコーヒー好きの私も、妊娠中から授乳が終わるまでインスタントのノンカフェインコーヒーを愛飲していました。

本物のコーヒーには及びませんが、コーヒーの香りだけでも育児疲れが癒やされたので、ほっと一息つきたいママにはぜひオススメです。

妊娠中・授乳中に安心して飲めて、しかも血行促進や冷えの改善といったさまざまな効果が期待できるよう独自にブレンドされたお茶なども、いろいろな会社から販売されています。

こういったお茶を活用するのもいいかもしれませんね。

Return Top