BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。100以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

自宅でできる乳腺炎の対処法|高熱で病院へ行くのが難しいママへ

67

もしも乳腺炎になってしまった場合は、病院や産院などで処置してもらうのが確実です。

しかし、高熱でフラフラしながら小さな赤ちゃんを抱えて病院へ行くのは難しいですよね。

ここでは、自分でもできる乳腺炎の対策法をご紹介します。
病院へ行くまでの応急処置として参考にしてください。

Sponsored Links

乳腺炎の症状

本格的な乳腺炎では、乳房の痛みや腫れのほか、倦怠感や頭痛とともに38度以上の高熱が出ることがあります。

一番いいのは病院を受診することですが、赤ちゃんがいてなかなか病院へ行くタイミングがないというママは、次の方法を試してみてください。

乳房を冷やす

痛くて腫れている方の乳房を、タオルにくるんだ保冷剤や冷えピタなどで冷やします。

急激に冷やし過ぎるとしこりが固まってしまい、乳腺組織がダメージを受けますので、氷などは使わない方がよいでしょう。

赤ちゃんに母乳を飲んでもらう

乳腺炎の一番いい対処法は、赤ちゃんに母乳を飲んでもらうこと。

しこりの部分を動かすように押しながら赤ちゃんに飲んでもらうと、詰まりが解消しやすくなります。

しかし、乳腺炎になっている時は母乳の味も変わってしまうため、体に影響はないものの嫌がって飲んでくれない赤ちゃんもいるようです。その場合は、軽く搾乳してから飲ませたり、赤ちゃんがウトウトしている時に飲んでもらうといいかもしれません。

赤ちゃんに飲ませると、乳房に強い痛みが出ることも多いのですが、ちょっとだけ我慢しましょう。

お風呂やマッサージは禁止

お風呂で温まると乳房がますます張りやすくなりますので、入浴せずシャワーのみにしましょう。

また、素人が自己流でマッサージするとかえって乳腺を痛めたりしてしまうこともありますので、必要以上にマッサージしないようにします。

Sponsored Links
私も、二人の子供に母乳を飲ませていた間、5回以上乳腺炎になりました。

いずれもひどい悪寒と肩こりがしたと思ったら急激に39度近い熱が出て、数日寝こむという感じでした。
乳房は石のようにカチカチになり、授乳するとものすごい痛みがあって悲鳴をあげるほどでしたが、ひたすら子供に母乳を飲んでもらい、乳房を冷やす方法で乗り切りました。

乳腺炎で熱が出ている時に飲める薬

病院に行けないけれど、なんとかして熱を下げたいという場合、まずは葛根湯がオススメ。

葛根湯は授乳中も飲める漢方薬ですので、赤ちゃんに影響はないと考えられます。

また、市販薬ではタイレノールAという解熱鎮痛剤が安全性が高いと言われています。

タイレノールはアセトアミノフェンという作用の穏やかな成分でできていて、赤ちゃんの解熱剤としても使われているため、こちらも赤ちゃんに影響はないと考えられますが、気になるママは服用してから一度搾乳したり、授乳の間隔をあけたりするといいでしょう。

我慢しすぎないで

乳腺炎は、授乳中のママの約3割が経験するメジャーな病気ですが、そのまま放っておくと、乳房に膿がたまって切開が必要になることもあります。

応急処置で熱が引いたとしても自己判断せず、赤ちゃんを産んだ産院か、母乳育児に理解がある産婦人科を受診しましょう。

熱が出ている乳腺炎の対処法はこちらでも紹介しています。

乳腺炎を最悪まで悪化させるとこのようになります。胸の肉が腐り落ちたママの悲惨な体験談です。

Return Top