BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。100以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

夜泣き対策には夜間断乳がオススメ!1時間おきから7時間連続へ 

52_001

夜泣きがひどいから断乳を考えている場合にオススメなのが、夜間断乳です。

夜間断乳は、その名の通り夜だけ授乳をやめるというもの。

いきなり断乳してしまうよりもママの体の負担も少なく、赤ちゃんがよりスムースに断乳できることもあるようです。

Sponsored Links

断乳の方法と、私が夜間断乳をした理由について

断乳にはいろいろなやり方があります。

「この日」と決めて、それから一切授乳しないやり方や、数日かけてゆっくりと授乳時間・回数を減らしていくやり方など。

夜間断乳は、徐々に回数を減らすタイプの断乳です。

私が断乳を決意したのは息子が1歳になる少し前でしたが、夜泣きがひどくて何とか寝てほしいと切実に思っていたため、まずは夜間断乳から始めることにしました。

「夜の授乳はやめにくいから、夜間断乳から徐々に断乳を進めるとよい」という話も聞いたことがあったのと、私は乳腺が詰まりやすく、何度も乳腺炎になって大変な思いをしたため、突然授乳をやめてしまうとまた乳腺炎になるかもしれないという恐怖もあったことも、夜間断乳からスタートした理由でした。

ママの母乳量や体質、そして赤ちゃんの性格などを考えて、一番よいと思われる方法を選択するといいでしょう。

夜間断乳のメリットとは

夜に断乳するのは、寝かしつけの方法を変えることと同じ。

Sponsored Links

授乳でしか寝る方法を知らない赤ちゃんに、新しい入眠方法を教えてあげる儀式でもあるのです。

夜間断乳によって授乳に代わる新たな入眠方法を見つけた赤ちゃんは、スムースに眠ることができるようになるでしょう。

私の場合、それまで夜泣きのたびに添え乳していたので、夜間断乳はかなり大変だろうと思っていましたが、夜の授乳をやめることができれば「夜泣きがおさまるかもしれない、泣かずにすんなり寝てくれるかもしれない」という期待の方が大きかった記憶があります。

実際、最初の3日間はとても大変でしたが、夜間断乳が成功すると、あれだけ夜泣きがひどく1時間おきに泣いていた息子が、7時間くらい続けて寝てくれるようになったのです。

その時の感激は、とても言葉では表せないほどのものでした。

また、一番やめにくい夜の授乳を先にやめたことで、昼間も授乳に執着しなくなり、断乳完了までがとてもスムースだったという思わぬメリットもあったので、夜間断乳から始めたのは正解だったと思っています。

私の息子の場合は夜間断乳が非常に効果的でしたが、やはりこれも赤ちゃんの個性によって反応はさまざまでしょう。

赤ちゃんがどんなタイプかを見極めて、それに合った断乳の方法を取ってくださいね。

Return Top