BabyNET

生活リズムを整えてストレスを減らすために。150以上の超具体的な赤ちゃんの寝かしつけのコツ。

妊婦さんの旅行移動手段はどれにする?それぞれのメリットデメリット

妊婦旅行乗り物

安定期に入り、経過も順調なプレママの中には、そろそろ旅行を……と考える人もいるでしょう。

旅行に関しての注意点については他の記事でも触れていますが、妊娠中に旅行をする場合、目的地まではどの交通手段で行くのが一番良いのでしょうか?

今回は自家用車、新幹線、飛行機など、それぞの交通手段を利用するメリットとデメリットについて考えてみたいと思います。

Sponsored Links

それぞれの交通手段の特徴を知って快適な旅行を!

妊娠中の旅行は、無理をしないこと、体に負担をかけないことを第一に考える必要があります。そのためには、できるだけ快適に過ごせて利便性もよく、安全な交通手段を選びたいですね。

以下に、各交通手段のメリットとデメリットをあげてみますので、ぜひご参考にしてください。

自家用車

自家用車での旅行は、何と言っても自分たちのペースで移動できるのが最大のメリット。

休憩のペースや移動経路も自由に設定できますし、もしも気分が悪くなったとしても、早めに車から降りることができます。車中でもくつろぎやすいため、妊娠中の旅行には最も向いている手段かもしれません。

ただし、渋滞にハマってしまうと身動きがとれなくなりますので、旅行のタイミングや交通情報には十分に注意する必要があります。

また、妊娠中は判断力や集中力、反射神経が低下すると言われていますので、プレママ自身が長時間運転することは避けましょう。

電車・新幹線

電車や新幹線も、プレママにオススメできる交通手段のひとつです。

目的地までかかる時間が計算しやすいだけではなく、指定席を確保すればゆったりと移動時間を楽しむことが可能です。もしもトラブルがあっても、途中下車することもできますので安心です。

しかし、乗り換えなどで駅の階段の昇り降りを何度もすることになると、体への負担が大きくなります。また、混雑している際には他の人とぶつかったり転倒したりしないよう、細心の注意が必要です。

バス

高速バス、ツアーバスなどを利用しての旅行では、乗り換えなどの煩わしさがなく、まっすぐに目的地まで行くことができるのがメリットです。

デメリットとしては、バスの座席は狭い上に、自由に休憩を取ることができませんので、途中で気分が悪くなってもすぐに対処することが難しくなることがあげられます。

自家用車と同じく、渋滞にハマると身動きが取れない上に、バスの狭い空間で多くの人と過ごすことに精神的なストレスを感じることもあるでしょう。長時間を要するバスでの移動は想像以上に体に負担がかかりますので、妊娠中は控えた方が良いかもしれません。

Sponsored Links

飛行機

海外旅行や、国内旅行でも長距離を短時間で移動したい際に利用するのが飛行機。

搭乗する際は妊婦さんを優先してくれたり、機内でも何かと親切な対応をしてもらえたりすることが多いため、移動中は快適に過ごせるでしょう。

しかし、妊娠中に飛行機を利用する場合は、そのデメリットやリスクをよく理解しておく必要があります。

まず、気圧や酸素濃度の変化や揺れ、長時間座席に座っていることなどによって、体調が悪くなったり、お腹が張ったりすることがあります。また、移動中は空の上ということで、トラブルが起きた場合すぐに対処することが難しくなることも。

国際線を利用する場合は、長時間のフライトとなることから、こうしたデメリットをさらに感じやすいかもしれません。

里帰り出産や、遠く離れた場所での冠婚葬祭など、どうしても飛行機を利用しなければならないケースでない限りは、妊娠中の利用は避けた方が良いと考えられます。

ちなみに、妊娠後期に飛行機を利用する場合には、医師の診断書や同意書の提出が求められることが多いようです。

また、出産予定日が近い場合の搭乗には、医師の同伴が必要とされています。こうした規定は各航空会社によって違いますので、事前によく確認する必要があります。

船、フェリー

船やフェリーを利用しての旅行、クルーズツアーは、ゆったりのんびり旅行気分に浸れるのが嬉しいですね。

しかし、こちらも飛行機と同様、デメリットやリスクが伴います。

船は、天候によっては大きな揺れを伴うことがあります。

妊娠していると乗り物酔いをしやすくなる人も多いため、いつもは平気でも急に具合が悪くなってしまう可能性もあります。フェリーは長時間の航行となる上、何かあっても簡単に近くの港に寄るということができません。そのため、体調に変化があっても対応が大幅に遅れてしまうことも考えられます。

また、妊娠中にフェリーに乗る場合は、予約時に申告が必要であるほか、同意書の提出や母子手帳の提示が求められます。

移動距離と週数によっては乗船を断られる場合もありますが、フェリーを運行している会社によって違いますので、こちらも事前の確認が必要です。また、クルーズの場合も同様に、週数によって乗船に制限があったり、同意書や診断書を提出を求められたりすることがありますが、フェリーよりも早い週数で乗船制限がかけられることが多いようです。

各交通手段にはそれぞれメリットとデメリットがありますが、こうして見てみると、やはり飛行機や船で旅行をする場合にはデメリットの方が大きいと感じられますね。

飛行機や船での旅行でもしも何かあった場合、対処が遅れてしまうだけではなく、緊急事態となって大勢の人に迷惑をかけてしまう可能性が大きくなります。特段の事情がない限り、妊娠中にこうした交通手段を利用して旅行することは避けた方がいいかもしれませんね。

妊娠中の旅行は、自分のペースで行動できること、体への負担が少ないこと、そしてトラブルに迅速に対処できることを最優先に考えて交通手段を選びましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
Return Top